谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら

[超格安・お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法] [入会案内]

[脳を発達させる日本語トレーニングペーパー] [メルマガ「読むだけで幸せになる手紙」登録] [連載バックナンバー]

のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[4795] お知らせ「男性の認知症を防ぐためのカウンセリング・ゼミ」を開催します 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/08/11(金)14:38
[4795-1] お知らせ「男性の認知症を防ぐためのカウンセリング・ゼミ」を開催します 谷川うさ子 2017/08/11(金)14:38
    ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、日本人の認知症(痴呆症)を防ぐためのカウンセリング・ゼミを、平成29年8月12日(土曜日)に開催します。今回は、とくに男性の認知症(痴呆症)はどのようにつくられるのか?を事例にあげてレクチュアします。このゼミは「現ゼミ生」の皆様が対象です。新しく入会したい方は「初級コース、DVD通信指導システム」を受講していただけます。

・日本人の認知症は「黙契」と「禁制」がつくり出しています

 吉本隆明が『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)で「黙契」と「禁制」について説明しています。 
 「黙契」とはウソの言葉のことです。「禁制」とは嘘話を他者にしゃべることです。日本語は「動詞文」「動詞の言葉しかない」ので、動詞で名詞や形容詞をつくりました。概念ではないという意味で、この「品詞の転成」による言葉がウソの言葉です。日本の母親は、子どもにこのウソ話をしゃべり学ばせてきました。すると、女性はいいとしても、「男性」は社会に出てから社会の言葉と直面したときに、はげしく葛藤します。そして多くの男性が精神分裂病に陥っています。この精神分裂病が認知症(痴呆症)と同義です。

 こういう説明はなかなか伝わりにくいと思えますが、それも日本語の動詞文の特性というものです。
 とくに、男性の皆様がこのような真実を分かることができれば、日本人の病気の現実に明るい光が見えてくるはずです。
 
・認知症の治し方、予防の仕方を教えています

 吉本隆明ののべる「黙契」と「禁制」の実体が、動詞文の「動詞」のつくる「思考の二分法」であると分かると、有効な対策は、「推移律」の学習であることが分かります。遠山啓の「水道方式」がよい学習テーマになります。

 日本の現実は、「漢字・漢語の音読み・字義・語義」でつくられています。「訓読み」は、この現実を存在しないと思考させます。これが日本人の心・精神の病(精神分裂病)の起こりです。
 こういうことを理解できる知性をもっている人だけが生き残りと生存を可能にしています。

・現ゼミ生の皆様の声を聞いてみました!

 「吉本隆明の『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)の黙契と禁制が、大野晋の説明する動詞のル・ラルとス・サスの思考の二分法がつくる嘘の言葉と偽(ぎ)の名詞のつくる共同性意識のことだと分かって、日本人は病気の日々を生きていることがよく分かりました」(Aさん、女性)

 「吉本隆明のいう母系制社会と贈与とは、ス・サスの虚譚を子どもにしゃべり、社会の中に拡散することだということがよく、分かりました」(Bさん、女性)

・あなたも、この大量認知症時代、大量介護時代、大量「がん」発生時代を正しく対処できるポルソナーレのカウンセリング・ゼミに入会して、知識と理論をゲットしよう!

 いかがでしたか?多くの日本人は、「黙契」と「禁制」の中を生きていると理解できたことと思います。日本人は「自分はこう思う」式の主観の中で生きているので、こういう説明を分かりにくいと思う人も多いでしょう。しかしそれは日本人だけの病理の中のことです。本物の知性を求めている人には、興味深く思えるはずです。ぜひ、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミの話を聞いてみませんか。あなたからの問い合わせをお待ちしています。

◎認知症を防ぎたいならポルソナーレのカウンセリング・ゼミ!
 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミはこちら
 http://www.porsonale-seminar.com/

[4794] 女性と話そうとすると「思わず手が震える」男性の法則 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/08/02(水)16:45
[4794-1] 女性と話そうとすると「思わず手が震える」男性の法則 谷川うさ子 2017/08/02(水)16:41
          女性と話そうとすると
       「手が震える」「身体が
       震える」という男性は
       多い。
       だったら「女性としゃべら
       なくてもいい、女性との
       関係は諦める」ので
       いいか?というと、
       若いうちから行動が
       止まる。高齢になると
       まちがいなく生活の
       行動も止まるのが「手の
       震え」だ。
       ポルソナーレが、脳の
       働き方の原因と理由、
       対策も教える。


◎男性の事例

 わたしは男性の美容師。
 女性のお客から手許を見られていると思うと、手が震えるので困っています。

 わたしは、美容師です。
 女性の髪をカットするのが仕事です。
 ところが、わたしは、女性のお客がハサミを持つ手を見ていると思うと、手が震えるので困っています。
わたしは、結婚している女性がいるので、かくべつ女性がニガテということはありません。
 (男性、35歳、美容師、匿名)

●行動だけのモノマネは逆効果!手が震えて必ず失業する!

 日本人の神経症の一つに「手が震える」という症状があります。
 日本人の「震える」という神経症は、身体の震え、声の震え、脚の震えなどがありますが、それぞれ、発症の機序は違います。
 事例は、男性の「手の震え」です。
 パーキンソン病も、脳の幹の「黒質」からのドーパミン分泌が止まるので、手も脚も震えます。
 事例の男性は、パーキンソン病ではありません。
 神経症として、手の震えが起こっています。

 事例の男性が、なぜ「手の震え」が起こるのか?というと、日本語は「動詞文」であること、「動詞」の言葉しかないことに根拠があります。
 国語学者・大野晋によると、日本語の動詞文の「動詞」は、「思考の二分法」をつくります。
 「思考の二分法」とは何のことか?というと、例をあげると次のようなことです。

[4794-2] 谷川うさ子 2017/08/02(水)16:42
   ◎動詞のつくる思考の二分法の例

流ル――流ス
離ル――離ス
乱ル――乱ス

「ル・ラル」……自然成立。「外扱い」と「尊敬」を表す。「近づかない」、「価値があると判断する」

「ス・サス」……作為性。「内扱い」と「否定、破壊」を表す。「価値が無い」と判断する。
(御前(おんまえ。神様の前)を「オメエ、テメエ」とデタラメに言い表して破壊するのが、「ス・サス」の一般例)

◎「思考の二分法」の解説

@「ル・ラル」……自分の「思うこと」「しゃべったこと」「行動」は、価値がある、として「自分で尊敬する」
A「ル・ラル」……「他人の話すこと」は、社会的に価値があればあるほど、「近づかない」(相手の顔、目を見ない、自分から会う、電話するなどは、しない)
B「ス・サス」……「自分の話すこと」「自分の行動」はデタラメであってもいい。必ずデタラメであることが最も望ましい。
C「ス・サス」……「他者の話すことのうち、知的に正しいことがあればあるほど、デタラメに解釈して意味不明の内容に壊す」(この典型が漢字・漢語の音読みにたいする訓読みの言葉とその意味)。

●「わたしはエライ!何でも知っている」が口グセの残念な男性の哀れな末路

 男性と女性の「手が震える」ことの理由は全く違います。
 男性は、模倣(モノマネ)で仕事のための「行動」をおぼえるとき、同時に仕事の行動の「言葉」もいっしょに模倣しておぼえます。
 当の本人は「学習した」とか「暗記した」と思い込んでいますが、自分の行動を内省的に他者に伝わるように説明できないことを指摘すると、しょせん模倣(モノマネ)にしかすぎないことが分かります。
 日本人の男性は「ル・ラル」の自然成立による尊敬の思考の仕方で、自分のモノマネを喜び、イバり、尊敬するのです。
 「わたしは何でも知っている。このことにかんして、完ぺきに実行できる」。
 
 日本の男性の「行動」のモノマネ(模倣)は、戦時中の動物園の「ゾウの花子」と同じで、エサを与えるだけのニーズがあるうちは、生存可能です。
 「もうお客はいない、エサ代も無い、だからエサはあげないよ」と言われると、他に「行動」の仕方も応用も利かないので、モノマネだけをくりかえして餓死するしかないのです。

 日本語の動詞文の「動詞」は、モノマネ(模倣)を「自分でもうっとり!」と尊敬するので、その「行動」にともなう「黙契」(もっけい)の偽(ぎ)の名詞を自分でデタラメをしゃべったとたんにパッと行動が止まり、ニートでなければ引きこもり、あるいは、身体に血流障害がいくつも発生して内臓とか器官に疾患が起こり、これをいい口実にして「よかった!これでゆっくりいつまでも家の中に居られる」と動けなくなるのです。

[4794-3] 谷川うさ子 2017/08/02(水)16:45
   ●それって本当?女性との性の関係にハマった男性が女性から受け取る言葉の破壊打ち上げ花火大会

 事例の男性は、女性と同居しています。
 日本の女性は、ほとんどの女性が「ス・サス」の作為性の言葉を「禁制」としてしゃべります。
 事例の男性は、同居の女性の「内扱い」による「ス・サス」の禁制の言葉(デタラメの言葉)で、日々、家の中で破壊されました。仕事の言葉も、無視されるし、わっはっはとからかわれてバカ扱いされて、社会的な説明の能力も崩壊させました。

 仕事の言葉には、経済もお客も、店の利益も、共同や共生の能力も内包されています。
 言葉を壊されたということは、美容師の手作業の行動も止まるということです。
 「手の震え」は、「カットという行動」は、言葉を破壊されたことで「美容師という仕事は無い」「女性のお客も存在しない」「収入を得るという経済も存在しない」と思考していることを意味します。
 「美容師という仕事」(行動)の放棄が「手の震え」という症状です。

●入会すれば無料カウンセリング!どこでも聞けない優秀アドバイスをゲットしよう!

 仕事の言葉を正しく学ぼうという思考がまだ残っている男性には、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミに入会すると無料のサポート(一回5000円相当のカウンセリング)をおこなっているので、格安にお得です。ぜひ、今すぐ再学習を申し込み、自分の財産と健康を守りましょう。

[4793] 意外!不眠症になる男性の脳の働き方は行動のモノマネがつくる 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/08/01(火)17:09
[4793-1] 意外!不眠症になる男性の脳の働き方は行動のモノマネがつくる 谷川うさ子 2017/08/01(火)17:08
          ポルソナーレのカウンセリング・
       ゼミは、吉本隆明の
       『共同幻想論』(角川ソフィア
       文庫)をテクストに
       して、日本人の認知症
       (痴呆症)のしくみを
       明らかにしている。
       今回は、男性の不眠症の
       事例を紹介する。
       不眠症は、うつ病と
       同義の症状だ。ニート、
       不登校、休職、
       無職、失業
       (リストラ)をつくり出す。
       あなたには不眠の傾向は
       ないだろうか?チェック
       してみては?

 


◎男性の不眠症の事例

仕事中にウトウトと眠ります。夜、なかなか眠れずに睡眠不足です。

 わたしは、29歳、男性です。IT関連の会社に勤めています。
 夜、早く眠ろうとベッドに入りますが、いつまでも寝つかれません。昼間、仕事中にウトウトと眠り、上司から注意を受けます。
 わたしのもうひとつの悩みは、いつも、女性のことばかりを考えていることです。
 女性と話そうとしても緊張して、声が出にくくなりうまく話せません。
 (男性、29歳、IT関連会社勤務、匿名)

●信じられない!行動モノマネ男性は必ず「不眠症」になる簡単理由

 男性の不眠症は、なぜ起こるのか?というと、家の外の社会の中の「言葉」を学習していないことが原因です。
 ふつう、日本人は、家の中で母親から言葉を教わって、幼児、小学校のころには友だちと話しているので、「言葉を学習していない」というと意外に思う人も多いでしょう。
 そこで、ポルソナーレがカウンセリング・ゼミで、現ゼミ生の皆様と一緒に明らかにしたことを説明します。
 日本語というのは、「動詞文」です。
 「動詞文」とは、「動詞の言葉」しか無いということです。
 こんなふうにいっても、「それが何か?」と全くピンとこない人が多いのです。これはとても重要なことです。

[4793-2] 谷川うさ子 2017/08/01(火)17:09
    日本人の使う日本語は、山下秀雄が『日本のことばとこころ』(講談社)で説明しているように、「已然」と「未然」(いぜん、みぜん)を言いあらわします。「自分にとって」という意味です。
 「自分がどう思ったか?」「自分にとってどう思えるのか?」が「已然」と「未然」の「文法」の意味です。
 「事実はどうなのか?」「自分の行動の目的や対象を、万人はどう説明するのか?」ではありません。
 自分はこう思った、わたしはこう思います、という言葉は「主観」といいます。脳の言語野(ブローカー言語野)の「時間性の言語領域」でつくられます。それが日本語、動詞文、動詞の言葉しかない、ということです。

 ひとりの男性が家の外の「社会」(学校、仕事とか)に出るということは、この男性は、「言葉」か「行動」を模倣(モノマネ)するしかありません。
 「行動」は「関係意識」がつくります。「関係意識」には「対象」(目的)を分かることを必要とします。
 ところが、日本語の「動詞文」の「動詞」は、関係意識はつくられても、「対象」も「目的」も全くの不明とします。
 「対象」とか「目的」とかの「言葉」は、必ず「名詞」か「抽象名詞」(形容詞も含む)でなければならないのです。
 日本人は、平安時代から「動詞の言葉」をアメ細工か粘土細工のように加工して偽(ぎ)の名詞、抽象名詞、形容詞をつくってきました。その典型が漢字・漢語の「訓読み」です。

●げっ!女性から忌み嫌われる「エラソーにしゃべる男性」の特徴とは

 男性は、背内側核(視床下部の性の欲の中枢・交感神経の中枢)のGnRH(性の欲のホルモン)によって「行動」をつくります。性の対象は家の外にあるので、家の外で「行動」をあらわすのです。
 「性の対象」は、二通りです。「生殖・快感の性」と「対幻想の性・心的な性」の二つです。「対幻想」については、吉本隆明が「個体・家族・共同性としての人間」(『情況への発言』・徳間書店)で説明しています。

 日本の男性は、社会参加にあたって、「言葉」か「行動」のどちらかをモノマネ(模倣)します。
 「言葉」とは、「禁制の言葉」のことです。おもに「訓読み」の言葉です。
 「禁制」とは「丸暗記」も該当します。
 「行動」とは、物の扱い方、触り方、操作のしかた、……技術とかテクニックのことです。

●知っている人だけが治る!「不眠症」の必須テク

 男性が「仕事」のための「行動」をモノマネ(模倣)する脳は、右脳のブローカー言語野(X経路支配の言語領域)です。
 人間が、夜、眠るのは「左脳の言語領域」です。
 「行動」を模倣した男性は「左脳の言語野」は全く働いていないので、昼も夜も「右脳の『虚像』のX経路」の「行動のイメージ」の表彰をおこないつづけているので、「夜、眠る」ということはないのです。これが「男性の不眠症」のしくみです。
 お分りのとおり、「不眠症」の脳の働き方には「左脳の言葉」というものがありません。
 この「言葉」とは、「仕事」や人間関係の「言葉」のことです。「偽(ぎ)の名詞、抽象名詞」(おもに訓読みの言葉)のことです。
 模倣(モノマネ)の言葉です。概念としての名詞や抽象名詞のことではありません。この違いを正しく理解しましょう。

 左脳に言葉が無いとは、社会(仕事、社会の中の人間関係)の中の形式的な秩序の能力も無いということです。
 だから、社会の中の行動のルールや決まりごとの能力も無いということです。
 「挨拶」「報告」「連絡」「説明」という形式的な社会性の能力が無いことであると分かりましょう。
 これは「鬱病」という病理を意味します。社会不適応ともいいます。ニートとか休職とか、ゲーム依存症となってあらわれます。

[4793-3] 谷川うさ子 2017/08/01(火)17:09
   ●男性と性の関係をつくった女性が無意識に放っているスーパー殺人光線言葉破壊

 男性がなぜ「不眠症」になるのか?というと、「性の対象」の女性と話せないからです。
 「行動」を説明したり、他者に社会的に伝える「言葉」を模倣(モノマネ)していないので、「女性」としゃべるときは「怒鳴る」「笑いながらしゃべる」「ヤクザのような口調で高見から見下すようなものの言い方」になります。
 視床下部の「外側核タイプ」といいます。
 こういうイバリ(尊大)のしゃべり方を好む女性もいます。
 こういうタイプの女性を「腹内側核タイプ」といいます。
 このタイプの女性は、やっぱりエラそうにイバリ口調でしゃべるので「お前なんて言うなよ、この野郎、オマエ!」と言うので、男性のせっかくの言葉も破壊されてやがて女性と一言もしゃべれなくなります。
 すると、「不眠症」の男性は、「自分の行動」の根拠の「性の欲」という動機を無くして、パッタリと行動が止まります。
 これが、「ニート」「休職」「失業」「引きこもり」という社会的な行動の止まりのつくられ方です。

 男性の行動は自律神経の交感神経が可能にしています。「不眠症」で行動が止まるというのは交感神経が止まって血流障害が起こるということなので、アレルギー症状や脳卒中、肝臓などに障害が起こります。「生体防御システム」が破綻します。
 こういう身体症状を理由にして、家の中に閉じこもるようになります。
 30代、40代はかろうじて仕事に行けていても、60歳をすぎたり、年金をもらう年齢になると否応なしに行動が止まるので、身体に疾患が出て全く動けなくなるのが男性の「不眠症」がかかえるリスクです。

●財産と健康を守る「ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミ」をゲットしよう!

 「不眠症」の傾向のある人は、男性も、もちろん女性も、「言葉の能力」が無い、いいかえると生きていく現実とか社会、人間関係というものは「存在しない」と思考しています。
 このことに気づいて、治そうと考えることができる男性は、もちろん女性も、ポルソナーレの不眠症対策のアドバイスが効果をあげます。

[4792] モノマネだけじゃダメ!身体の病気を防ぐ日本語の正しい使い方テク 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/07/31(月)14:21
[4792-1] モノマネだけじゃダメ!身体の病気を防ぐ日本語の正しい使い方テク 谷川うさ子 2017/07/31(月)14:19
          日本語は動詞文だから
       「動詞の言葉」しかない。
       日本人は動詞の言葉を
       アメ細工のように
       加工して「名詞」や
       「形容詞」の言葉を
       作っている。これが日本語の
       正体である。
       「動詞の言葉しか
       ない」とは何を
       意味するのか?
       自律神経の
       交感神経が働いて
       いないということだ。
       生態防御システム
       (セントラルドグマ)が
       止まっている。
       すると認知症を
       はじめ「がん」
       「脳卒中」などの病気が
       つくられる。

◎男性の相談の事例

●わたしは、手が震えます。
美容師なので手が震えると困ります。

 わたしは美容師です。
 女性のお客の髪をセットするのが仕事です。
 カットしているとき、女性のお客が手許を見ていると思うと、あがってしまい、手が震えます。
 わたしは結婚しているので、かくべつ女性がニガテということはありません。
 (Aさん、男性、35歳。匿名)

●意外!! 男性は女性からモノマネの言葉を壊されて「震える」「あがり症」になる

 男性が女性にたいして緊張する、話をする場面ではあがる、ムリに関わろうとすると手が震える、というのはなぜか?とカウンセリングの現場で考えたことがありました。
 当初、考えたのは、女性(おもに母親)から虐待されたか、母親不在(母親が働いていた、等)のために、男性の性欲の意識が言葉や行動にあらわされず、無呼吸状態になって「行動が強制的に止められている状態にあるからだ」と理解していました。
 女性と話をしたり、関係をつくって維持するためには「媒介」(橋渡し)が必要です。
 こういうことは、ヘーゲルが明言しています。

[4792-2] 谷川うさ子 2017/07/31(月)14:20
    男性は、背内側核の「性の欲」がいつも性の衝動をつくりつづけています。しかしだからといって、男性が、何の接点も無いのに女性と話をするとか、性の欲の対象としての関係を成りたたせられるはずがありません。

 相談の事例のように、男性がなぜ女性を前にして「あがる」とか「手が震える」ということが起こるのでしょうか。
 その理由は、男性は、社会の中に出るにあたり「言葉」か「行動」かどちらかをモノマネ(模倣)することにあります。
 「手が震える」「あがる」男性は、「言葉」ではなくて「行動」をモノマネしたことがいちばんの理由です。日本語の動詞文の「動詞」は、発声・発音という「行動」を素材にしてつくられています。
 だから、美容師の仕事の「カット技術」の手作業の「行動」を模倣してマスターすると、言葉を憶えたことと同然と考えてしまいます。
 こういう考えは、日本語の動詞文の「動詞」のつくる「思考の二分法」のひとつ「ル・ラル」、「自分の行動はどんなものでも自分で尊敬する」によって「人に説明しなくてもいいんだ」「人に連絡したり分かりやすく伝えるなど、そういうことはしなくてもいいんだ」と、「言葉を不足」するものの考え方をつくるのです。
 こういうタイプの男性は、GnRHにもとづく「性の欲」の衝動は活発に発生するので、女性との関係には関心があります。
 しかし、「言葉」の模倣は否定しているので、女性としゃべるときは「ル・ラル」の尊大でイバるか、えらそうに見下して話すか、もしくは怒鳴るのです。

●男性が女性を性の関係をつくる効果のある意外な「イバリ」と「見下し」

 イバリのしゃべり方をする男性を、多くの日本の女性は気に入ります。
 だからイバられてしゃべると、その言葉に従う女性もいるので、性の関係をつくる男性は多いのです。
 もし、女性が「なぜあなたはそんなにえらそうにヤクザみたいな目付きで、わたしを威嚇するのか?」と男性に言えば、その男性は、やがて、女性との関わりの志向性をなくします。
 すると、モノマネ(模倣)の行動の必然性と根拠がなくなるので、この男性の「行動」は止まるのです。
 これが男性の「ニート」「引きこもり」「無職状態の人生」の理由です。
 「鬱状態」となり、家族や社会の保障制度の世話になって身体の機能が止まるにまかせて鬱病の中で生きるようになります。

 事例の男性は、なぜ、「手が震える」「女性のお客から手許を見られていると思うとあがる」のでしょうか。
 理由は、「同居している女性」がしゃべる「禁制の言葉」にあります。
 日本の女性は、視床下部の視索前野で母親の「言葉」と「人間関係」を学習して記憶します。生育歴の中で、乳・幼児期の時期に、すでに禁制の言葉を学習して記憶しています。
 女性は、思春期のころに「性にもとづく行動」をあらわすよりも先に、母親から「禁制の言葉」を学んでいると理解しましょう。

[4792-3] 谷川うさ子 2017/07/31(月)14:21
    日本の女性は、男性と性の関係をつくると、ほとんど、例外なく、男性のしゃべる言葉を「ス・サス」(動詞のつくる思考の二分法・作為性を言いあらわす)のデタラメの作り話で、内扱いのしくみのとおりに壊します。

●女性との距離が性の関係で無くなると、女性が発射する殺人光線の「ス・サス」デタラメ言葉

 多くの日本人の男性は、性の関係のある女性が、「ス・サス」(動詞の思考の二分法・作為性を言い表す)のおしゃべりによって男性のもつ「行動のための言葉」を壊すことを理解しません。
 女性が「ス・サス」の作為性(デタラメの言葉)で男性の話す言葉を壊すとは何を意味するのでしょうか。
 「言葉」のうちでも「名詞」「抽象名詞」は、仕事の対象、人間関係の内容、仕事の目的の中味を説明します。
 女性が男性の「行動の言葉」を「ス・サス」の内扱いで壊すということは、男性にとっては、「社会は存在しない」「仕事は存在しない」「女性のお客も存在しない」という思考の仕方を身につけることになるのです。

 事例の男性は、右脳の『実像』(感覚の知覚、知覚の認知を働く)に、美容院にやってくる女性のお客と仕事を知覚するし、認知します。
 事例の男性が、同居の女性から「言葉を壊された」ということは、「仕事は無い」「女性のお客も無い」「社会の秩序も無い」というように思考するということです。
 「美容の技術のカットという行動」には「仕事」「お客」「社会」「ルール」という内容がくっついています。
 これを同居の女性が「ス・サス」の作為性のデタラメの言葉で壊したので、「カットする手先の行動」が止まります。
 「手の震え」とは、「カット」という「行動」を止める身体症状です。

●女性と仲良くできる男性が失う言葉の能力と「あがり症」

 相談の事例の男性は、美容院のお客の女性から「見られている」と思うと「あがる」と言っています。
 「あがる」というのは、息があがるということです。
 息苦しくなって言葉を発声することができず、心臓の心拍が急激に低下する身体症状です。
 これは「言葉が出ない」「言うべき言葉が無い」ときに「話す」「聞く」という行動が止まる身体症状です。
 「日本語は動詞だけの言葉です。ア、イ、ウ、エ、オの発声の発音が言葉になっています。
 母親か、性の関係のある女性のス・サスの作為性の言葉で、社会の中でモノマネして憶えた言葉を壊された男性は、話す、聞く、という行動が止まります。
 これが男性のあがり症です」(熊野クマ江さん)

 男性が、女性との性の関係を成り立たせられないということは、とりもなおさず男性の行動が全て、一切、止まることと同じです。「ニート」「休職」「リストラ」「引きこもり」「生活保護」の状態と全く同じです。
 対策は、「5W1H」を中心に話す訓練をする、「推移律」(A=B、B=C、ならばA=Cの説明の仕方)を学習することです。
 思春期のころ、母親とぺちゃぺちゃとおしゃべりを楽しんだ男性以外は、この学習法で「手の震え」も「あがり症」も解消します。

[4791] 上司に信用されない残念な男性の特徴「不眠症」 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/07/27(木)15:14
[4791-1] 上司に信用されない残念な男性の特徴「不眠症」 谷川うさ子 2017/07/27(木)15:12
          仕事中にウトウトと眠る
       男性は多い。
       夜、眠れないから昼間の
       仕事中に目をつむって眠る。
       仕事の行動をモノマネだけで
       覚えると不眠症になる。
       不眠症は「うつ病」と
       同義だ。
       恋愛できない、
       結婚できない脳の働き方に
       原因がある。


◎男性の相談の事例

 わたしは、IT関係の会社に勤めています。
 仕事中にいつもウトウトと眠ります。 
 夜、なかなか眠れないので睡眠不足のために昼間、仕事中についウトウトと眠ってしまいます。
 わたしは、いつも女性のことが頭に思い浮んでいて女性のことばかりを気にしています。女性と話をすると、すぐに嫌われているのが分かります。
 (男性、Aさん、29歳、匿名)

●知っておくべき!男性の病気のつくり方の必然と不可避

 ふつう「不眠症」というと何か、気になることがあって、そのことばかりを考えるから眠れないのであるといわれています。
 だから、不眠の傾向がある人は、「自分は眠れない」「眠れなかったらどうしよう」などと考えることを止めましょうというアドバイスを受けます。とくに、「眠れないのが怖い。だから夜になるのが怖い。今晩も眠れるかどうかが心配だ」と考えることを中止しましょうとアドバイスされます。
 人間は、眠くなれば否応なしに眠るものだから、いくら眠れないといっても少しは眠っているのだから、昼間眠くてもガマンして働いて、体が疲れれば自然に眠るものだと話されます。

 ポルソナーレが明らかにした「不眠症」の原因と理由は次のとおりです。
 「人間が、夜になって眠るというのは、脳の働きが夜になると休む、からです。休むのは、左脳のブローカー言語野の働きです。左脳のブローカー言語野は言葉、言語を学習して、身体の手足を動かします。
 不眠症の人は、左脳に言葉を学習していないし、行動の言葉を憶えていません。
 右脳のブローカー言語野(『虚像』)に、仕事とか技術、技能の「行動」を模倣(モノマネ)して記憶して思い浮べています。
 右脳・ブローカー言語野にモノマネした行動だけをいつもいつも思い浮べています。
 右脳は夜になっても休まないので、モノマネして憶えている行動(手足の動き、発声・発音、大声で叫んだり怒鳴ったりすることも含みます)を夜になっても思い浮べているので、夜も脳が働いて休まないのです。これが男性の不眠症です」(ポルソナーレ・熊野クマ江さん)。

[4791-2] 谷川うさ子 2017/07/27(木)15:14
   ●男性必見!今さら聞けない最も正しい仕事の能力とは

 日本語は「動詞文」です。
 動詞の言葉しかありません。だから、仕事の目的とか仕事の正しい内容などの言葉は日本語にはありません。
 だから、不眠症にならないためには、漢字・漢語の音読みの言葉(名詞、抽象名詞)を日常的に、独自に学習する必要があります。
 しかし、多くの日本人の男性は、そういうことよりもモノマネ(模倣)で「仕事の行動」か「仕事の言葉」(資格、技能検定、コンピューターなどの操作の仕方などの言葉)を憶えます。
 事例の男性は、「言葉」ではなくて「手足を動かす行動」だけをモノマネした男性です。「右脳・ブローカー言語野・3分の1・X経路支配の言語領域」に「行動」のイメージを思い浮べています。「左脳」が全く働いていません。「右脳・ブローカー言語野・3分の1・X経路支配の言語領域」しか働いていません。これが「不眠症」の原因です。

●知っていた?今さら聞けない男性の女性へのイバリの人生に及ぶイメージ

 「では、なぜ、事例の男性は仕事にかんする言葉を学習しないのか?というと、女性にたいしてイバり、高見から見下すような話し方をしたからです。
 男性は、性の欲にもとづいて行動します。
 この行動のための正しい言葉を学習しない男性は、内扱いのしゃべり方でイバり、女性との関係を壊すのです。
 すると、行動の根拠をなくすので、言葉の能力をなくして、不眠症という鬱病になっています」(熊野クマ江さん)。
 男性は、社会的な行動が止まるとき、自律神経の交感神経の全ても止まります。
 「セントラルドグマ(生態防御システム)が破綻して、自己免疫疾患をはじめ、がん、脳卒中、心臓病が発生するリスクの日々を送るようになるのです」とは、ポルソナーレの熊野クマ江さんの説明です。
 ポルソナーレは、吉本隆明が『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)で説明する「黙契」と「禁制」を解明して、男性の人生の立て直し方をレクチュアしています。

[4790] 男性は、自分の行動をモノマネであらわしてはいけません。ウソの言葉で行動が止まるからです。代わりに、推移律の言葉を言いましょう。そうすれば、仕事に行けなくなる事態が回避できます。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/07/27(木)10:29
[4790-1] 男性は、自分の行動をモノマネであらわしてはいけません。ウソの言葉で行動が止まるからです。代わりに、推移律の言葉を言いましょう。そうすれば、仕事に行けなくなる事態が回避できます。 谷川うさ子 2017/07/27(木)10:26
          吉本隆明が『共同幻想論』
       (角川ソフィア文庫)で「黙契」と
       「禁制」を説明している。
       日本語は「動詞文」なので、
       「動詞の言葉」が「黙契」と
       「禁制」をつくる。
       日本語には「動詞の
       言葉しかない」ことは、
       国語学者・大野晋が
       説明している。
       日本は、明治以降、
       欧米から名詞、抽象名詞の
       言いあらわす産業、
       政治、法、社会
       制度を輸入した。
       しかし、動詞の言葉が
       つくる「黙契」と「禁制」の
       言葉は変らずに
       つづいている。
       現代の日本人は、漢字・
       漢語の「訓読み」が
       証明するように、「社会参加」を
       モノマネ(模倣)でおこなっている。
       このモノマネが、日本人に
       特有の崩壊をつくり出している。


●認知症(痴呆症)に突入する前に知っておきたいことまとめ

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、日本人の認知症(痴呆症)はどんなふうにつくり出されるのか?を、現ゼミ生の皆様とご一緒に考察してきました。
 大野晋は『日本語の文法を考える』(岩波新書)、『古典文法質問箱』(角川ソフィア文庫)で「日本語とは動詞の言葉しか無い」ことを説明しています。
 日本人が名詞、抽象名詞と思い込んでいるものは、「動詞の言葉」をアメ細工のように加工したものです。
 ふつうにいうと偽(ぎ)の名詞です。これが日本人の「黙契」です。
 「黙契」とは、ニセモノの言葉のことです。

[4790-2] 谷川うさ子 2017/07/27(木)10:27
   ◎黙契の言葉の例
お飯(おめし)……ご飯のこと
お足(おあし)……お金のこと
おむし……味噌(みそ)のこと
お数(おかず)……ご飯のおかずのこと
おいしい……「いし」(美味のこと)

◎抽象名詞を「訓」(黙契)であらわす例
善……「よし」「よみす」「ほむ」
悪……「あし」「にくむ」「かたちみにくし」「みにくし」

 吉本隆明が『共同幻想論』(禁制論)で「黙契」「禁制」といっているのは、例にみるような「偽(ぎ)の名詞、抽象名詞」のことです。
 日本人は、女性も男性も家の外で勉強したり、働きます。
 「仕事」に就く人は、「行動……仕事の仕方を動作、行為として学び、あらわす」「言葉……仕事のための行動や仕事の対象(目的)として学習して言いあらわす」、この二つのことをおこないます。
 これが日本人の脳の働き方の内容です。
 日本人は、「行動」も「言葉」も、「お数」や「お風呂」「トイレ」といった動詞の言葉を加工してつくった「名詞」(ニセモノの名詞、抽象名詞)を学ぶのです。
 これを「黙契の言葉を学ぶ」「禁制の言葉で行動を学ぶ」といいます。

●残念!日本人が病気の人生を喜ぶ理由が判明

 ここで日本人の心身の病理の起こり方を説明します。
 日本人の「行動」も「言葉」も「黙契」であり「禁制」であることを理解しましょう。
 これは、脳の言語野(ブローカー言語野)の「空間性の言語領域」(Y経路支配・交感神経の言語領域。名詞・抽象名詞の言語領域)にたいして「動詞の言葉だけを言って、聞く、しゃべる」ということです。
 「現実」は、どんなものでも概念としての名詞、抽象名詞でつくられていて、存続しています。
 それは、漢字・漢語の「音読み」とその「字義」「語義」で言いあらわされています。
 日本人の「黙契」と「禁制」とは、漢字・漢語の「訓読み」が代表します。
 訓読みの言葉しか知らない人は、「音読み」の仕事、社会、人間関係、生活の秩序などの現実は「存在しない」と思考します。
 「関わらない」「参加しても正しく行動しない」「他者に正しく説明しない」のでつねに「自分の行動」も「現実」も崩壊の危機にさらされます。
 これが、全ての日本人に共通する心身の病気のつくられ方(生成の機序)です。

●信じられない!日本の男性と女性がウソ話しかしゃべらない簡単テク

 日本人がつくり出す病気のしくみというものがあります。
 これも「黙契」と「禁制」がつくり出します。
 大野晋によれば、日本語の動詞文の「動詞」は、「思考の二分法」をつくります。

[4790-3] 谷川うさ子 2017/07/27(木)10:28
   ◎思考の二分法のモデル

流ル――流ス
隠ル――隠ス
乱ル――乱ス
離ル――離ス

上ル・懸ル・重ル・変ル

起ス・落ス・降ス・暮ス

「ル・ラル」……自然成立。尊敬。近づかない(外扱い)

「ス・サス」……作為性。対象を壊す(内扱い)

◎「思考の二分法」のしくみ

@自分のしゃべったことは「ル・ラル」によって尊敬する。イバる。
A他者のしゃべったことは「ス・サス」によって否定する。「ル・ラル」によって「近づかない」、相手の顔を見ない、聞いた瞬間に忘れる。
B自分のしゃべることは「ス・サス」によって、デタラメをしゃべる。必ず、嘘話、作り話をしゃべらなければならない。
C他者のしゃべることは、社会的に正しければ正しいほど「ス・サス」の内扱いによって見下し、バカ扱いする。
D妄想は「ス・サス」による作り話だから、当然、デタラメであってよい。しゃべる分裂病の妄想が現実離れしていればいるほど、これをしゃべる自分の言葉、発声を「ル・ラル」で高く評価して尊敬し、喜ぶ。

 日本人の「動詞文」の「動詞」は、欲の脳の視床下部がつくり出します。
 すると「男性」と「女性」の「黙契」と「禁制」のつくり方は異なります。
 「男性」は、背内側核のGnRH(性の欲のホルモン)にもとづいて「家の外」で行動をつくります。
 性の対象を志向するためです。
 「男性」は、「行動」か「言葉」のいずれかを家の外で模倣します。
 「モノマネ」のことです。
 「行動」をモノマネ(黙契)した男性は、性の対象の女性と性の関係をつくれば、女性の「ス・サス」で言葉を破壊されて「手が震える」などの神経症をあらわし、「行動を止める」のです(うつ病になります)。

 性の対象の女性と性の関係をつくれない男性は、行動と言葉を同一視して、女性に対してはヤクザ口調でイバり、やがて性の意識をなくします。不眠症となり、「ニート」や「休職状態」「無職状態」に陥ります。

 「言葉」を黙契としてモノマネする男性は「学歴」「資格」の言葉で、行動と同一視します。
 これは、「ス・サス」によって作り話のデタラメをしゃべるようになるので、よく新聞のニュースで見るような社会犯罪のグレーゾーンで自分の人生を破滅させるのです。

[4790-4] 谷川うさ子 2017/07/27(木)10:29
    一方、女性は、視索前野で、母親から「禁制の言葉」を学習するので、性の欲の「行動」をあらわしても、母親から学んだ言葉のとおりに行動しようとするので、仕事にしろ、どんな勉強でもモノマネすらもできないのです。
 日本の女性は、要介護、認知症(痴呆症)は、社会の中で行動が成り立たないので、「ル・ラル」と「ス・サス」の必然によります。
 対策は、「5W1H」を話せること、推移律をマスターすることが必須です。

[4789] ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ「日本の男性の認知症改善のためのゼミ」を開催します 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/07/21(金)13:22
[4789-1] ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ「日本の男性の認知症改善のためのゼミ」を開催します 谷川うさ子 2017/07/21(金)13:22
    ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、平成29年7月22日(土曜日)、7月25日(火曜日)に、日本の男性の認知症改善のためのゼミを開催します。このゼミは、現ゼミ生の皆様のためのゼミです。吉本隆明の『共同幻想論』(禁制論・角川ソフィア文庫)をテクストにして、男性は今、どういう「黙契」をつくり、どういう「禁制」をつくって、認知症に至る病気や症状をつくっているのか?を説明します。

・黙契(もっけい)とはウソの言葉と行動のことです。

 脳の働き方(言葉の生成のしくみ)からみると、女性と男性の黙契のつくり方は全く違います。現代人は、家を出て、独立し、社会の中で自立するのがふつうです。ここで家の外の社会から言葉と行動の仕方を学びます。社会の中の言葉をそのとおりに、学べば何の問題もありませんが、日本人にかぎってはこんなふうにはおこなわれていません。

 男性は、家の外で言葉か行動をモノマネ(模倣)します。
 行動だけをモノマネ(黙契)した男性は、必ずうつ病になり、死に至る病気の日々を送ります。
 言葉(禁制)をモノマネした男性は、犯罪に近づくグレーゾーンの虚偽の日々を歩くのです。
 これが吉本隆明が『共同幻想論』で説明する「黙契」と「禁制」の真実です。

◎新しくゼミに入会して学習したい人は、DVD通信教育(初級コース)から学んでいただけます。
 特別の個人指導を無料でおこないます(通常は一回当り、5,000円です)。
 
 最近は、インターネットの普及で、現実に参加しなくてもすむと誰もが思っているので、心・精神の悩みは無くなっているように見えます。しかし、今回の事例の男性のように「手が震える」「不眠症である」という病気は、ネットの禁制をあたりまえにしているので、もっと深く、深刻になっています。治そうとか、改善しようとは誰も思えないくらい、「ウソの言葉」(黙契)と「禁制」(ウソの話を人にしゃべること)が一般的になっています。治りたい、予防したいと思う人には、唯一、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミだけが正しくレクチュアできます。

・現ゼミ生の皆様の声を聞いてみました!
 「日本人は、認知症は当り前ということがよく分かりました。改善策も役立っています」(40歳、男性)
 
 「日本人は、ウソの言葉を本当のことだと思っていることがよく分かりました。対策を実行しています」(45歳、女性)

 いかがでしたか。日本人は、誰もが病気の人生を生きていますが、対策とアドバイスを教えるのが、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミです。あなたも、認知症にならない脳の働かせ方を学んで、幸せな毎日を送りませんか。
 みなさまのご入会をお待ちしています。
 (ポルソナーレ、カウンセリング・ゼミの本部)

[4788] ついに明らかになった!『谷川うさ子王国物語』パート・Y(シックス)が教える、日本の女性と男性がしゃべるウソの言葉としゃべり方大公開 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/07/18(火)16:43
[4788-1] ついに明らかになった!『谷川うさ子王国物語』パート・Y(シックス)が教える、日本の女性と男性がしゃべるウソの言葉としゃべり方大公開 谷川うさ子 2017/07/18(火)16:42
    ウソの言葉をエラそうにしゃべってはいけません。日本人はウソ話をイバって高見から話して尊敬するからです。
 代わりに「5W1H」と「社会的なマナー」の言葉を言いましょう。
そうすれば、人に迷惑をかけない、身近な人に依存しない脳の働き方に変わります。


       吉本隆明の『共同幻想論』
       (禁制論)(角川ソフィア
       文庫)によれば、日本人は
       禁制と黙契をしゃべって
       います。
       黙契とは「ウソの言葉」の
       ことです。
       禁制とは「デタラメを
       他者にしゃべること」です。
       もともとは日本語は「動詞文」で
       あること、動詞の言葉しかない
       ことに由来しています。
       動詞の言葉をコロコロと
       加工して名詞をつくったり、
       形容詞の言葉を
       つくっています(品詞の転成)。
       脳の働き方からみると黙契を
       しゃべるのは女性、
       禁制をしゃべるのは母親です。
       この黙契と禁制が解体
       されないかぎり、誰もが
       突然死、がん、徘徊は
       免れません。


・病気爆発!母親の病気の言葉のとおりにしゃべる男性の仁義なきイバリのしゃべり方

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、約40年間、日本人の心・精神の病気の原因と脳の中でのつくられ方を現ゼミ生の皆様と一緒に追究してきました。明らかになったことは、日本人は、どんな心・精神の病気の人も、必ず、「えらそうにイバる」、「他者の言葉を見下す」ということです。
 これは、心・精神の病気に限らず、どんな身体の病気の人にも共通する日本人の病気の本質です。
 モラルとか倫理、あるいは社会教育の以前に、「他者にたいしてイバリ散らす」「社会的に正しい言葉にたいしてエラそうにふるまい、エラそうにしゃべる」ということを、日本人の病気はつくり出します。

 この理由は、日本語の「動詞文の動詞」にあります。
 「動詞」は、「思考の二分法」をつくります。

[4788-2] 谷川うさ子 2017/07/18(火)16:43
   ◎動詞のつくる思考の二分法の例

 隠ル――隠ス
 流ル――流ス
 落ル――落ス

 「ル・ラル」(自然成立。近づかない。尊敬する。外扱い)

 「ス・サス」(作為性。近づけば内扱いでデタラメをしゃべる。必ずウソをしゃべるべし!と思考する)
 (大野晋『日本語の文法を考える』岩波新書より)

 吉本隆明は『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)の『禁制論』で、日本人のしゃべる動詞の「ス・サス」の作為性が「黙契」(もっけい・ウソの言葉)をつくり、黙契を他者にしゃべって「禁制」(きんせい・嘘話を人にしゃべること)をつくり「共同性」としていると説明しています。
 『共同幻想論』を読んだ人は多いでしょうが、「黙契とはウソの言葉のことだ」「禁制とは、ウソ話をぺらぺらと他者にしゃべりつづけることだ」とまで、はっきり、定義した人は誰もいません。
 この「誰もいない」ことをいいことにして、日本人は、「ウソの話を他者にしゃべる、しかもイバって、エラそうにしゃべる」ことでぼう大な数と量の病気をつくり出してきました。
 そして、毎日、病気をイバり、えらそうに他者を見下して「うまい酒をもって来い!うまいメシをもって来い!おもしろいアプリ、娯楽をもって来い!」と、『遠野物語』に出てくる「キツネ憑きの女性」と同じようにしゃべり、イバリ散らし、自分の身体はもちろん、生活経済、社会経済を破壊することを心からの喜びとして生きています。

・ポルソナーレのカウンセリングの現場が検証した!男性のウソ話がつくる病気の法則4選

 たとえば「お風呂に入る」「トイレに行く、お通じ」が嘘の言葉とは誰も理解しないでしょう。「名詞文、抽象名詞文の概念」といっても頭がゴチャゴチャに混乱する人ばかりだと思われますが、正しくは「入浴」「排泄」が本質を言い表します。
 「なんだっていいじゃないか」「通じればいいだろ」「生活の中でちっとも困らないだろ」と反撥するでしょう。
 それが「イバリ」です。「えらそうに高見から見下す態度」です。
 こういう発想でせいぜいのところ、社会参加を可能にするのは「モノマネ」(資格、学歴)です。
 日本の男性は、この「モノマネ」で、高学歴になればイバり、めったに取れない資格を二つも三つも持てば「見返してやった」と王様か女王様気分で「病気の人生」を歩いています。

 日本の男性が「ウソ話」をイバってしゃべる理由は、生育歴の中の母親にあります。
 くわしくは、テキストに説明していますが、外側核タイプの母親の男子は、徹底して「モノマネ人生」です。モノマネに失敗した男性は、家の中でイバる人生を送るでしょう。モノマネに成功した男性は、他者に対して必ず、エラそうにふるまい、ダマしながらイバります。

 そのモデルが「憑人論」(『共同幻想論』)の中の門脇真理の『狐憑病理論』の妄想症です。
 男性がウソ話をしゃべるのは「明治」になってからです。現代では、ニートとか引きこもりとかゲーム依存症とかいわれていますが、実体は「キツネ憑き」であるということになります。

 日本の男性は、母親と、出会った性の対象の女性の「ス・サス」の作為で、せいぜいのところ、資格、技術、学歴の「モノマネ」に到達しても、「現実をニセモノ」とみなす「禁制」に侵食されて、破滅以外のことは何一つ考えられない生き方をしているのが脳の働き方から見た亡びの行動の仕方です。

 対策もレクチュアしているので、改善しようと考えれば、すぐにでも可能ですが、自分の脳の中にすみついている共同幻想の白いキツネの魅力に、果して勝てるのでしょうか。
 これが本当の問題です。

[4787] 思わず共感?!中年域の女性の悲しきあるある不安神経症 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/07/12(水)09:26
[4787-1] 思わず共感?!中年域の女性の悲しきあるある不安神経症 谷川うさ子 2017/07/12(水)09:25
          日本の女性の心身の病気の
       特徴は、ほとんど例外は
       無いといっていいくらい、
       身体に疾患をつくることだ。
       もうひとつ、精神にも
       疾患をつくる。
       どちらも必ずあらわれるが、
       30歳代になると、
       どちらかが優勢と
       なって出現する。
       理由は、日本語の
       「動詞文の動詞」にある。
       脳の言語野は
       女性の病気を必然と
       していて、不可避に
       している。
       ポルソナーレだけがあえて
       このことを公表する。

●「わたし病気なんです」を連発する残念女子の病気の特徴

《相談の事例》
 
 わたしは結婚して子どももいる主婦です。45歳です。中学生と小学生の女の子、男の子の2人の子どもがいます。
 わたしは、結婚してからずっと神経科のクスリを飲んでいます。
 最初は、結婚前に付き合っていた男性が突然、目の前に現われるのではないか?という強迫観念に悩まされました。
 やがて、背中、胸、脚に痛みとか動けないとかの症状が出てきました。
 不眠もあります。
 今は、家事くらいはおこないますが、だいたいテレビやインターネットを見て、横になったり、起きたりの毎日です。
 家の外には、最小限の買い物に行くくらいのことしか出ることはありません。
 (Bさん、女性、45歳)

 日本の女性は、結婚すればこうなる、というのが相談の事例の内容です。
 結婚前は、結婚しなくちゃ!と思い、結婚だけが人生のゆいいつの目的!と誰もが思っています。
 しかしいざ結婚すると、子どもも生まれるので、いよいよ精神の不調があらわれます。
 身体に変調をきたして自己免疫疾患(リウマチなど)、がんなどの病気をつくる女性もいます。

[4787-2] 谷川うさ子 2017/07/12(水)09:25
    日本人の毎日使う日本語は「動詞文」です。「動詞」の言葉しか無い、ということです。名詞や形容詞もあるじゃないかと言う人がいるかもしれません。
 国語学者の大野晋は、『日本語の文法を考える』(岩波新書)で、「品詞の転成」という方法で、動詞の言葉を名詞にしたり、形容詞にも、アメ細工か、紙細工のように作為的に作り変えていると説明しているので、「日本語には動詞の言葉しかない」というのが真実です。
 多くの日本人は、この真実に全く気づかないか、正しく理解する能力が根本的に欠如しているかの、いずれかの理由で、事例の女性のように、結婚して子どもが生まれると身体に疾患か、精神に病気をつくって、病気の人生を歩む、ということをおこなっています。

●日本の女性がいつも病気を倍増させるシンプルな動詞の2つの法則

 国語学者・大野晋の説明にもとづくと、日本語の「動詞」は「自然成立」か「作為性」かの二つの思考の仕方をつくります。

《例》
隠ル・隠ス
流ル・流ス
起キル・起コス

 「ル・ラル」と「ス・サス」の二つが思考の二分法です。
 「ル・ラル」は自然成立で価値がある、「ス・サス」は作為性で価値が無い、という思考の仕方をします。
 「ル・ラル」は「外扱い」で近づかない、尊敬を意味する、「ス・サス」は「内扱い」で、近づけばバカにして壊す、という思考の仕方をつくります。

 相談の事例の女性も、この日本語の「動詞」のつくる思考の仕方のとおりに自分の結婚や生活、子どもとの関わり方、夫との関わり方をおこなっています。それが相談の内容の主旨です。
 「結婚前に交際していた男性があらわれるのではないか?」という言葉は、「ス・サス」の動詞の作為性の思考がつくり出した嘘の言葉です。
 「人の目が気になる」といった強迫の嘘の言葉は、自分の目の前とか、目に入ってくる人間についての作為による嘘の言葉です。
 これは、「ル・ラル」の動詞の言葉の「自然成立」が「目の前に人間はいない、いても近づかない、それなのになぜ、人が目に入ってくるのか?なんとしても『人はいない』というように破壊できないものか?」と「ス・サス」の作為による内扱いで破壊しようとしているが、家族や恋人や親しい知り合いではないので破壊できなくて困っているというのが悩みの内容になります。

[4787-3] 谷川うさ子 2017/07/12(水)09:26
   ●病気のリピート率98%!女子に人気のマジ嘘話のモデルとは

 相談の事例の女性は、「自分の結婚生活の中に子ども、夫がいるはずがない」という「ス・サス」の作為による嘘の言葉をつくりました。
 吉本隆明は、このような嘘の言葉を「黙契」であると説明しています。
 (『共同幻想論』角川ソフィア文庫、禁制論です)。
 「わたしは、結婚前に別の男性と交際しました」といえば、そのことに何か意味があるように見えますが、そういうことは何もありません。
 女性は、「性の欲」の中枢が視索前野(視床下部)の副交感神経なので、「行動」を起こすために腹内側核(交感神経)を働かせて、背内側核の性の欲のGnRHを分泌させたことしか意味はありません。
 女性は、自分の母親から「言葉」と「人間関係のつくり方」を乳幼児の時期に学習しています。
 その母親から学習した言葉が、「5W1H」で検証されることのない、自分はこんなにヒドイ目に合っているという「黙契」の嘘話(作り話)をしゃべったために、自分が男性との関係を「ス・サス」の作為性の内扱いで壊したか、男性もまた「ス・サス」の内扱いで相談の女性との関係を破壊したか、のどちらかがあったと「禁制」(きんせい、嘘の話を他者にしゃべること。吉本隆明によります)が話されています。

●結婚到来!夫、子どもとの関係を壊して病気ボディをつくる思考の二分法ランキング

《禁制の例》
貴様(尊い方)→「キサマ。イバリ語、ののしり言葉」
御前(神様の前)→「お前、オマエ、テメエ。見下しのイバリ語」

 相談の内容を解説すると、動詞の「ル・ラル」による「近づかない対象」は「夫」(男性)、子ども(2人)、「夫と子どもの日常生活」です。ふつうにいうと、概念としての名詞、抽象名詞の言葉がつくる社会現実の事実と、共同性の関係のことです。
 日本語の動詞文の「動詞」は、こういうものが全く見えない、だから自分が関わるときは「近づかない」か「近づけば、内扱いで破壊する」というように脳の中で働くのです。
 相談の事例の女性は、自分が食事を摂り、寝、排せつを行うという生存の法則に従うためだけのために、夫と子どもの生活を共にしています。そのための行動(「家事くらいはやりますが」の言葉)は、「こんなことはあるはずがない」と思っているので、その消極的な受け身の行動が血流障害を起こし、自己免疫疾患の症状が多発しているのです。
 この女性は、ポルソナーレの「5W1Hの言葉を話しましょう」というアドバイスを受け容れるでしょうか。

[4786] 一体なぜ?「男性の結婚離れ」と言われる4つの理由 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/07/09(日)15:50
[4786-1] 一体なぜ?「男性の結婚離れ」と言われる4つの理由 谷川うさ子 2017/07/09(日)15:49
          調査によれば、日本の男性は
       「結婚離れ」がすすんでいる
       という。
       10代、20代の男性は、
       「女性に興味がない」、
       30代、40代の男性は
       「女性に緊張する」のが
       理由らしい。
       この理由は本当か?
       ポルソナーレは、吉本隆明が
       『共同幻想論』(角川
       ソフィア文庫)でいう
       「黙契」と「禁制」から
       その本当の
       理由を暴露する。


●げっ!女性から嫌われる「ワガママ男子」の特徴BEST3

《相談の事例》

 わたしは、今36歳の男性です。仕事は公務員です。
 陸運関係の事務所で働いています。
 わたしの悩みは、電話でのやりとり、仕事の中での伝達や報告、挨拶、などでなかなか声が出ないことです。
 男性との会話は、相手が一方的にしゃべってくれるのでなんとか人間関係が保てています。
 しかし女性は、こちらが返事をしないと、決して話しかけてくれません。
 わたしは、声とは自然に出るものと思っています。いつも発声について意識的になってしまうので、思うように声が出ないので困っています。
 (Aさん、男性、36歳)

●これって本当?声が出ない、話さない男性を検証してみた

 相談の事例のような「声が出ない」「発声できない」という悩みは、ほとんどなくなりました。
 「声が出ない」「発声できない」という悩みが全くなくなって、問題そのものが消えたのでしょうか。
 「声が出ない」「発声できない」という問題は相変わらずつづいています。
 しかし悩む必要がなくなっているのです。
 自分が発声、発音しなくても、メールで言葉をやりとりができるし、自分がしゃべらなくてもスマホの「アプリ」では相手の方が一方的におしゃべりしてくれるからです。だから、男性の「声が出ない、しゃべれない」という悩みは減ることはなく、増えています。
 メールやアプリが声を出すことの代わりになっているので、話す能力もその必要性を感じなければどんどん低下していると思えます。

[4786-2] 谷川うさ子 2017/07/09(日)15:50
    相談の事例の男性の悩みのように、話そうと思っているのに「声が出ない」のはなぜかでしょうか?
 脳の働き方からみると理由がよく分かります。
 男性が「行動」を起こすのは、視床下部の欲の脳の「背内側核」です。性の欲の中枢です。
 男性ホルモンのテストステロンとか性欲のGnRHを分泌するので「性の欲」をベースにした「行動力」がつくられます。
 しかし、女性と違って「言葉」の能力はありません。男性は社会に出てからようやく「言葉」を学習します。
 女性は、「視床下部」の「視索前野」が「性の欲」の中枢です。女性は、「視索前野」で「言葉」と「人間関係の能力」を乳・幼児のころから母親の話す言葉を聞いて学習します。
 
●母親が外側核タイプの女性の男の子は女性と全く話せなくなるのは本当か?

 相談の事例のように男性が「発声できない」「人としゃべれない」ということが起こるのは、母親が外側核タイプである場合です。「外側核」とは視床下部の「食べたい欲」の中枢神経です。
 交感神経の中枢です。
 女性は、視索前野が副交感神経の中枢なので、「行動」のために交感神経を働かせる必要があるのです。そこで、交感神経の中枢の「外側核」か「腹内側核」のどちらかの交感神経で「行動」を起こします。
 「外側核タイプ」の母親は、実の母親が「子どもの顔、目を見て話さない」、ということをこなう女性です。
 男性の母親が「外側核タイプ」である場合、男性は女性と違って、独力で「話す」という能力が乏しいまま成長します。

●知っていた?誰も教えられない男性のしゃべれない理由3つ

 なぜこうなるのか?というと、日本語の動詞文の「動詞」の性質の「ル・ラル」(自然成立)が「人の話すこと」に「近づかない」(しゃべらない、声を出さない)ことを尊敬して価値があると判断するのです。
 もちろんこの男性は、「ひとり言」とか「誰も近くにいない」とか、「メールを入力して会話の代わりをする」ときには、どんどん話すし、言葉もどんどん言い表します。
 「動詞文」の「動詞」は「ル・ラル」(自然成立)と「ス・サス」(作為性・価値無しと判断)の二つの思考の仕方をつくります。

 相談の男性は、「人のしゃべることには何の価値もない」として「理解しない、返事をしない、聞くこともしない」、「ス・サス」の作為性、内扱いで他者の言葉の内容を壊す、ということをおこなっているのです。
 このことを外側核タイプの母親から幼児の頃から教わってきたので、他者とは全く話さないという思考の仕方を脳の働き方としているのです。

[4786-3] 谷川うさ子 2017/07/09(日)15:50
   ●資格をとれば安心と思っている人必見!人間関係の能力特選

 この男性は、公務員です。試験を受けて資格を取得して現在の職を得ています。
 成績の水準は不明ですが、試験勉強の言葉は「ル・ラル」の対象の遠くのもの(外扱い)として「敬意」をい払い、「内扱い」のウェルニッケの触覚の認知で暗記を可能にして社会参加に成功しています。
 しかし、「人との話し方」「人とどのように人間関係をつくって安全に、安心して生きていくか?」については社会の中で何も学習していないばかりか、「動詞」の性質の「ス・サス」で否定しています。
 吉本隆明は、このように人としゃべらないことも「禁制」であるといいます。
 「自分にとって他者というものは存在しない」(しゃべらない)を禁制として、「しゃべらない」という嘘(黙契)を生きて、どんな人間とも関係を壊し、人間のいない物か動物の世界(分裂病の妄想)で生きていくことを選択しています。
 この事例の男性は、相談の手紙を出したまま、いちどもポルソナーレのカウンセリング・ゼミの学習をすることもなく、いなくなりました。ゴミ屋敷のような孤独の生活の中にいなければいいが、と案じているところです。


<前の10件]


新規投稿
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2017/08/16 23:54] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子