谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[4937] 「ゲーム依存」「スマホ見ながら」の依存症は、アプリ(ソフト)がつくるのではない。ワープロソフトの記号性のプログラム化が依存症をつくるのだ。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/05/21(月)09:52 new
[4937-1] 「ゲーム依存」「スマホ見ながら」の依存症は、アプリ(ソフト)がつくるのではない。ワープロソフトの記号性のプログラム化が依存症をつくるのだ。 谷川うさ子 2018/05/21(月)09:52 new
          「ゲーム依存症」は、
       世界的な問題になって
       いる。WHOも有害だと
       警告している。
       だが、脳の働き方の
       言葉の生成の
       しくみから見ると、
       テクノロジーへの
       依存は「ワープロ
       ソフト」がつくり
       出す。


 パソコンが普及しはじめたころから「ワープロソフト」のつくる依存症は、あった。ポルソナーレの脳の働き方(言葉の生成のしくみ)を十数年かけて、明らかにした。
 ここから見ると、日本語(和語)を使う日本人は、ワープロソフトに息の根を止められている。

[4936] 「ゲーム依存」の実体に「ワープロソフト」が聴覚の記号性をプログラム化していることに原因がある。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/05/18(金)19:25
[4936-1] 「ゲーム依存」の実体に「ワープロソフト」が聴覚の記号性をプログラム化していることに原因がある。 谷川うさ子 2018/05/18(金)19:25
          脳の働き方は、
       誰も理解しないが、
       ポルソナーレは
       十数年の歳月をかけて
       明らかにした。
       「ワープロソフト」は、
       とくに日本人の
       言葉の能力を
       空洞化している。


 ゲーム依存を治したいなら『谷川うさ子王国物語』パート・Zだ。今すぐに解消しなくても、治すための対策を学習できる。

[4935] テクノロジー状況は人間の脳の働き方を「突然変異脳」に変えている。「ゲーム依存症」「いつでもどこでもスマホを持ち歩き、画面を見ずにはいられない依存症」だ。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/05/17(木)19:48
[4935-1] テクノロジー状況は人間の脳の働き方を「突然変異脳」に変えている。「ゲーム依存症」「いつでもどこでもスマホを持ち歩き、画面を見ずにはいられない依存症」だ。 谷川うさ子 2018/05/17(木)19:48
          長い間、誰にとっても
       疑問で謎だったのが、
       手で文や文章を書いたことの
       ない人が「ワープロ
       ソフト」で入力すると、
       大量の文や文章を
       画面に表示させる
       という脳の
       働き方の異常だ。
       理由は、入力した
       文字が「活字
       体」であるからだ。


 人間の脳は、視覚と聴覚が人間的意識をつくり、言葉も思考もつくる。
 テクノロジーは、聴覚のしくみの一切合財をプログラム化して、「擬」の社会性をつくる。この異常な脳の働き方を正しく改善するのが「谷川うさ子王国物語」(パート・Z)だ。

[4934] 日本経済新聞の連載コラム「スタートアップ・大競争」(都市は競う・紅いシリコンバレー)(5月16日)を読むと、テクノロジーが経済の発展の源泉であるとアピールしている。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/05/16(水)19:36
[4934-1] 日本経済新聞の連載コラム「スタートアップ・大競争」(都市は競う・紅いシリコンバレー)(5月16日)を読むと、テクノロジーが経済の発展の源泉であるとアピールしている。 谷川うさ子 2018/05/16(水)19:36
          中国の深センは世界最大の
       「電脳街」「エコ
       システム」(テクノロジーの
       擬生態系を形成して
       いる)と紹介する。
       ポルソナーレのカウンセリング・
       ゼミの観点から
       見ると、中国の政権は、
       ネットの規制で
       分裂病の拡大を
       防ぎ、同時に、
       中国人の脳の言葉の
       生成力を消滅させている。


 テクノロジーが否も応もなく支持されている中で、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミだけが、テクノロジーの及ぼす人間の脳の働き方の問題を説明する。
 とりわけ、日本人の脳は全く言葉をつくれなくなっている。

[4933] 「ゲーム依存症」が世界レベルで問題になっている。一日中、10時間、15時間とスマホ、パソコン、デバイスの画面のゲームを見つづけている。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/05/15(火)19:35
[4933-1] 「ゲーム依存症」が世界レベルで問題になっている。一日中、10時間、15時間とスマホ、パソコン、デバイスの画面のゲームを見つづけている。 谷川うさ子 2018/05/15(火)19:35
          テクノロジーの技術の
       本質は「ワープロソフト」だ。
       すると「ワープロ
       ソフト」は人間の脳の
       働きの何を
       プログラム化するのか?が
       問題になる。ここを
       誰も理解できない
       から、「ワープロソフト
       依存」が
       「ゲーム依存」も
       つくり出す。


 人間の脳は、視覚と聴覚と触覚の三つが言葉や言葉による共同性をつくり出す。まずここから学習しなければ、とうていテクノロジー(AI,IoT)に呑み込まれてしまうだけとなる。

[4932] NHK・TVのニュース番組で「スマホのゲーム依存症」が世界規模の問題になっていると報道されていた(5月13日)。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/05/14(月)19:34
[4932-1] NHK・TVのニュース番組で「スマホのゲーム依存症」が世界規模の問題になっていると報道されていた(5月13日)。 谷川うさ子 2018/05/14(月)19:34
          ゲーム依存症の本質は
       「ワープロソフト」に
       ある。
       テクノロジーが
       聴覚のつくる文字を
       「活字体」に
       プログラム化する。
       「活字体」の社会
       性を「記号」に
       変えるのだ。
       分裂病、うつ病の
       人が「ワープロソフト」を
       使う。
       一応、社会性の
       ある人がワープロ
       ソフトを使うと
       脳の思考システムが
       空洞化するのだ。


 テクノロジーの問題は、「ワープロソフト」に土台も柱もある。一回も手で文章を書いたことのない人間が使うのが「ワープロソフト」なのである。
 ここでテクノロジーは「擬」という関係性をつくり出している。

[4931] ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、「ワープロソフト」の人間の脳の働き方の関係とはどういうものか?ここで人間に起こる問題とは何か?を説明します。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/05/11(金)15:21
[4931-1] ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、「ワープロソフト」の人間の脳の働き方の関係とはどういうものか?ここで人間に起こる問題とは何か?を説明します。 谷川うさ子 2018/05/11(金)15:21
   ■ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ(平成30年5月1回目のゼミ)は、パソコン、スマホ、デバイス端末などの「ワープロソフト」は、人間の脳にどういう問題をつくっているのか?がレクチュアの主旨です。

一、ワープロソフトを正しく分かるには人間の脳の働き方を正しく分かることが不可欠です。
 人間の脳の働き方を正しく解明しているのは、世界の中でも唯一、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミだけです。

二、人間が手で文、文章を書く順序というものがあります。まず、「イメージ思考」「イメージスキーマ」で、視覚の対象のゲシュタルト形態(カテゴリー思考)を表象します(右脳・虚像に表象)。

 次に、このイメージ思考にしたがって「言葉」(聴覚の記号性)を表象(左脳・ブローカー言語野)します。
 これが紙に書く(ノート、原稿用紙に書く)という脳の働き方です。

三、ワープロソフト、スマホでいきなり「文字入力」する人は聴覚の本質の説明性が無く「記号性」のみを画面に表示させます。このときの記号(言葉)はテクノロジーがプログラム化したものなので、人間の脳がつくったものではありません。テクノロジーは、語彙(ごい)の予測と変換で、聴覚の「説明性」も記号化してプログラム化します。人間は、ここで聴覚の説明性をなくします。
 現実の中で行動する能力を喪うということです。

■このようなテクノロジーのしくみからつくられるのがアマゾン・ドット・コムのネット通販、ネット販売です。このネットの上の商品は使用性のみの価値なので、交換価値はなく、黙契、禁制という「擬の共同性」をつくります。文字の記号性(活字体がつくる)を社会性であると錯誤させるのが「ネット販売」です。
 だから、うつ病、分裂病の人が「ワープロソフト」を使い、黙契と禁制のネット商品を、唯一の欲の対象だと錯誤させて、ネットで物を買わずにはいられなくするのです。

●ネットでワープロソフトを使ったことのある人は「子ども食堂」にみるように、食材も購入できなくなります。貧困の格差の中に落ちて再び元に戻れないという不可逆性をつくるのが「聴覚(副交感神経)」の本質です。「ワープロソフト」を使っていて何か変だ?と気づいた人は、声をかけてください。

http://www.porsonale-seminar.com/

[4930] ポルソナーレの5月1回目のゼミは、「アマゾン・ドット・コム」の商品の本質とは何か?について、脳の働き方から説明する。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/05/10(木)19:34
[4930-1] ポルソナーレの5月1回目のゼミは、「アマゾン・ドット・コム」の商品の本質とは何か?について、脳の働き方から説明する。 谷川うさ子 2018/05/10(木)19:34
          ネット通販の
       商品は、使用価値だけで
       つくられる
       擬似共同
       性である。
       うつ病、
       分裂病の
       言葉の社会性の
       無い人だけが購入する。


 「ワープロソフト」を使っていきなり「文」「文章」をつくる人は、言葉の「記号性」のみを表示する。聴覚の本質の「説明性」が脱落して独力で食材も手に入れられなくなる。

[4929] 吉田潮(うしお・ライター)が父親のボケ(痴呆症)について書いている。転倒と排泄の失敗を「ヘラヘラと笑い、羞恥心も罪悪感も無い」(母親)が特徴だという(5月7日、日刊ゲンダイ)。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/05/09(水)19:30
[4929-1] 吉田潮(うしお・ライター)が父親のボケ(痴呆症)について書いている。転倒と排泄の失敗を「ヘラヘラと笑い、羞恥心も罪悪感も無い」(母親)が特徴だという(5月7日、日刊ゲンダイ)。 谷川うさ子 2018/05/09(水)19:30
          吉田潮の父親は、
       元新聞記者だった。
       ワープロソフトで
       原稿を「書いていた」という。
       手で文章を書く
       人間には起こりえない
       痴呆を、
       ワープロソフト
       (テクノロジー)は
       つくり出す。


 テクノロジー時代、社会の特徴は、テクノロジーが人間の脳の働きの交感神経の働きをプログラム化することだ。「ワープロソフト」は、うつ病、分裂病の人間のためのものだ。
 正しい脳の働き方をする人間が使うと、吉田潮の父親のように痴呆化する。

[4928] 米人権団体フリーダムハウスが世界の32ヵ国で「ネットの自由度が下がっている」「情報の自由な流通というネットの意義が損なわれている」と調査結果を出している(平成30年5月6日、日本経済新聞) 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/05/07(月)22:51
[4928-1] 米人権団体フリーダムハウスが世界の32ヵ国で「ネットの自由度が下がっている」「情報の自由な流通というネットの意義が損なわれている」と調査結果を出している(平成30年5月6日、日本経済新聞) 谷川うさ子 2018/05/07(月)22:51
          「自由」とは何か?
       人間の脳の交感
       神経が「右脳・虚像」に
       表象する
       共同性に参加する
       ことだ。
       テクノロジーが
       プログラム化する
       脳の交感神経の
       働きは「擬の
       共同性」「黙契、
       禁制」という。
       ネットの中には、
       「自由」は無い。


 テクノロジーのつくる共同性の価値とは「使用性」だけだ。物、サービスのもつ「交換性」という市場価値は無い。ここを理解しない人間は、現実の社会からも、人間の本質の交換性(聴覚の伝達性)からも孤立して地獄を見ることになる。


<前の10件]


新規投稿
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2018/05/21 22:06] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子