谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[4944] テクノロジー状況の本質は「ワープロソフト」にある!! 脳の言葉の生成の働きを消滅させて、依存症をつくる!人間を完全に痴呆化して要介護状態にする! 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/05/31(木)15:18
[4944-1] テクノロジー状況の本質は「ワープロソフト」にある!! 脳の言葉の生成の働きを消滅させて、依存症をつくる!人間を完全に痴呆化して要介護状態にする! 谷川うさ子 2018/05/31(木)15:17
          ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、
       日本はもちろん、世界でも
       唯一、脳の働き方
       (言葉の生成のしくみ)を
       解明して明らかに
       している。
       ここからテクノロジー
       状況の中の人間の
       問題を考察する。
       いちじるしく目立つ
       病理現象は、
       ネット依存とゲーム
       依存だ。
       依存症とは、脳の中の
       自律神経の交感神経の働きを全て、
       止めつづける行為や
       行動のことだ。
       ネット依存は、アルコール
       依存、ギャンブル
       依存とは根本的に
       違う。脳の交感
       神経の働きを全て
       止めつづけることにある。
       このことは、誰もがよく
       見聞きしていて、
       しかも自らも経験して
       いるので、誰も
       問題にすることすらも
       できなくなっている。
       それが、テクノロジー
       状況の根源的な
       問題なのである。


●パソコン、スマホの「言葉」「文」と手で紙に書いた「言葉」「文」は同じか?

 パソコンが一般化したころから、誰もが毎日見ていて、誰もが、心の中で何かがおかしいとしこりのように感じていた問題があります。
 それは、「ワープロソフト」で文字入力して、言葉や文をモニターの画面に表示させるという問題です。
 それまでに、ただの一回もノートとかレポート用紙に手で言葉や文や文章を書いたことのない人間が、驚くほど大量の文や文章を表示させる、という問題です。
 このとき、画面に表示させた言葉、文、文章と、「手で書いた言葉、文、文章」とは、同じものか、違うものか?という問うときの疑問が長い間の問題でした。

 もう一つの問題は、仕事など事務処理で、パソコンに入力し、大量に事務や実務の形式として保存されたり、表示を共有するときの「文」「文章」は「手で書いた原稿を入力した文、文章を読むこと」や、「本や紙に印刷した文、文章を読むこと」と同じなのか?違うのか?という問題です。

[4944-2] 谷川うさ子 2018/05/31(木)15:18
   ●パソコン、スマホの「言葉」「文」は人間の脳がつくったものではない「擬の言葉、文」である

 これは、人間の脳が言葉をどのように生成するのか?のしくみをほんの少しでも理解しようという意識(思考)がないところでは、何が問題なのか?何を問題にしているのか?なぜ問題にしているのか?ということすらも理解されることはありません。

 パソコン、スマホ、デバイス端末の画面に表示させた「言葉」「文」「文章」は、「ワープロソフト」というテクノロジーがプログラム化して、あらかじめ「サーバ」にストックしていたものを通信技術によって選択したり、特化したり予測して選別表示させた結果の「言葉」「文」「文章」です。
 こういうテクノロジーのしくみは誰でもよく知っています。

●脳の中の言葉のつくられ方を理解できないからパソコン、スマホの画面の「言葉」「文」を「自分がつくった」とカン違いしている

 問題は、パソコンなどの画面に表示させた言葉や文字、文、文章と「手で紙に書いた言葉、文、文章」は同じものか?違うのか?にあります。
 これは、脳の働き方の「言葉の生成のしくみ」を理解できなければ、「同じである」と錯覚させる問題です。

 人間の脳がどのように「言葉」をつくり出すのか?を真正面から説明しているのが、吉本隆明の「個体・家族・共同性としての人間」(『情況への発言』徳間書店所収)です。
 人間は脳の中で、目や耳のつくる知覚と、この知覚した対象とを思考の対象にする仕方を説明しているのがヘーゲルの『精神現象学』(平凡社)です。
 
 これらの書物を読んだことのない人は、「ワープロソフト」で表示させた「言葉、文、文章」と「手で紙に書いた言葉、文、文章」は「同じものだ」と認識します。

●人間の脳から言葉が消えていく。毎日、しゃべっているのはテクノロジーによる言葉だけ!

 「ワープロソフト」を使う人間の脳とテクノロジーの違いと共通性は、次のとおりです。

◎人間の脳……自律神経の交感神経(視覚)が先に働いて、次に、副交感神経(聴覚)が働く。

◎パソコン、スマホ、デバイス端末の画面に言葉を表示させるテクノロジー……副交感神経(聴覚)の働きのしくみをプログラム化する。次に、交感神経の働きの内容の「視覚の対象」もプログラム化する。

 この違いを見ると、人間の脳は、交感神経が全く働かなくなることが分かります。
 テクノロジーは、人間の聴覚の働きをプログラム化して、次に、人間の視覚の働きの内容をプログラム化しています。

 すると、パソコン、スマホ、デバイス端末の画面に表示している「文字」「言葉」「文」「文章」は、テクノロジーがプログラム化してストックしていたものです。人間の脳の働きによる言葉、文、文章とは、全く無関係であることが分かります。
 ここでは、人間の脳の働きの中心の交感神経は全く働いていない、止められていることが特異な内容です。

[4944-3] 谷川うさ子 2018/05/31(木)15:18
   ●「依存症」とは、脳の交感神経の働きを止めつづける行動のことである

 人間は、言葉の生成の能力を喪い、思考能力をなくしていることが分かります。
 ここで、人間は、画面に表示した言葉、文、文章を「擬似言葉」「擬似文」「擬似文章」として脳の虚像(右脳)に表象させます。

 人間は、たしかに「目は何かを見ている」けれども、「心的な目」「心的な耳」は、全くの盲目、難聴状態になっています。
 「右脳・虚像」に思い浮ぶのは「欲」(食欲)と、テクノロジーの示す「欲の対象」(商品、フェイクニュース、囲い込まれた擬似人間関係、社会関係、あるいは妄想)です。
 脳の中の交感神経が働かないことが「依存症」です。

●人間の脳は「目が見えない」「耳が聞こえない」状態に変わっている

 そして、副交感神経が中心に働くことで生じる生化学物質による疾患、血流障害(がん、痴呆症)の中で、人間関係(社会的な関係)を消滅させています。

 テクノロジー状況とはこのような、人間の脳の働きを消滅させて、テクノロジーに依存して、テクノロジー存在を支えていることを理解しましょう。


<前の1件]


スレッド[4944]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2019/03/22 19:03] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子