谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5023] 日本の男性の病気。「行動」は、できる。しかし、自分の行動について必ず、デタラメをしゃべる! 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/09/01(土)14:54
[5023-1] 日本の男性の病気。「行動」は、できる。しかし、自分の行動について必ず、デタラメをしゃべる! 谷川うさ子 2018/09/01(土)14:53
          日本人の男性の心身の
       病気は、必ず
       「言葉」の病気と
       なってあらわれる。
       日本の男性は、
       「言葉を丸暗記」して
       行動を成立させる。
       黙契(もっけい)という。自分の行動を
       説明するとき、
       その説明の言葉が
       必ず、分裂病と
       なってあらわれる。
       禁制(きんせい)という。
       これが日本の男性に
       とっての今、現在の病気の真実である。
       中心になる理論は、副交感神経支配だ。
       日々、認知症か、脳、心臓、肺などに
       血流障害がつくる疾患を
       抱えて生きている。


●日本の男性はこのように分裂病をつくる

《相談の事例》
私は、人から見られると手が震えます。とても緊張しやすいので困っています。
(40歳、男性、会社員。匿名、坂上桃太郎)

 私は、とても緊張しやすく、緊張すると手が震えるので困っています。
 私は、メンテナンスを行う大手の企業に勤めています。
 電気系統のメンテナンスを行う技術職です。

 自分の手が震えるので困るということをはっきり自覚したのは、ある機械の修理のための作業をしていたときです。
 先輩と上役と一緒に作業をしていました。それまでは、「任せる」という指示で、いつも一人で仕事をしていました。失敗しようが時間がかかろうが、誰も何も言わないので、趣味のように仕事をしていました。

 このときは、側に先輩と上役がいるので、好きなときに水を飲み、おやつを食べ、頭の中に空想じみたことを思い浮べてのんきに仕事するというわけにはいかなくなりました。
 先輩や上役にじっと見られていると思うと緊張して、作業の手が大きく震えました。
 私の手が震えるという症状は、このときに初めて起こったというものではありません。
 高校時代には音楽の時間に笛のテストがあり、このときに笛を持つ手が震えました。学園祭のとき、ステージに立ってギターを弾いたときにも、手が震えて、音を出せなくなりました。
 今の会社に入ったときに、人から見られての作業の最中にも手が震えました。

 しかし、これらのときは、「ほんとうは手も震えずにできるんだ」ということを口から出まかせにしゃべっているうちに、相手の人たちが何も言わないので、精神的に優位に立てた気分になり、仕事もなんとなくうまくいって、自分は普通だというように思い込んで、自分はこれでいいんだと気にせずに毎日、仕事をしていました。

 上役、先輩から見られていると意識して手が震えてから、「自分は手が震える」ということが頭から離れなくなりました。そこで病院の神経科に行き相談しました。精神安定剤で、手の震えを止める効果があるという処方でした。
 飲んでみると、効果がありました。仕事の作業中も薬を飲むと手の震えは起こりません。
 手が震えることで悩むということはなくなりました。
 病院へは、月に一回くらい行って薬を処方してもらい、毎日、いきいきと楽しく過すようになりました。

[5023-2] 谷川うさ子 2018/09/01(土)14:54
    しかし、薬を飲まないとてきめんに手が震えるのです。人前で字を書くとき、書類に必要事項を記入するときに手が震えます。だから、人前で字を書くとか、人に見られながら手を動かすというときは、必ず、事前に薬を飲むようにして、飲むのを忘れないようにしています。

 私は、自分の仕事に自信をもっています。しかし、この自信は薬を飲んで、その自信です。薬を飲んでいないときは、とても無気力で、胸の中がいつも重苦しく、息苦しくなります。将来にたいして暗い不安があり、パソコンのゲームやネットの不幸な話を見て、忘れています。
 女性にたいしても自信がありません。女性と話すたびに、薬を飲むと、自分のもっている自信がグラグラと音を立てて揺らぎます。

●日本の男性は、母親の動詞の言葉のとおりに行動する

■日本人は、男性も「母系制」の中で生きています。「母系制」とは、「母親が動詞の言葉しか話さないこと」のことです。
 これは、日本の女性は、名詞や抽象名詞の言葉は「話さない」ということです。 
 「いや、そうは言っても、名詞や抽象名詞の言葉は、どの女性もよく話している」という人はいるでしょう。会社、人の名前、物の名称、パソコン、スマホの中の「操作の名称」とかです。
 日本人の女性や男性がしゃべっている名詞、抽象名詞は、動詞の言葉を加工して作った「品詞の転成」の言葉です。
 「訓読み」をはじめ、記号性を表す「禁制」の言葉です。
 日本人にとっての「S、V、O、C」の「O」「C」に当る名詞、抽象名詞はゆいいつ「音読みの漢字、漢語」だけです。
 「概念」といいます。 
 重要なことは、日本語(和語)には動詞の言葉しかない、ということです。
 このために、日本の女性は、乳・幼児のころから母親によって「行動が成り立てばいい」ことを目的にして言葉を憶えてきています。
 日本の女性にとって言葉というものはどうでもよくて、いくらでも意味不明のことをしゃべってもいいと普通に考えられています。

●母親がデタラメの作り話をしゃべる男性は、行動は可能でもしゃべる言葉はことごとく病気をしゃべる

 事例の男性は、なぜ「人前で手が震えるのか?」というと、生育歴の中で母親から「自分は病気だ」「自分は、こんなに調子が悪いから手が動かない、疲れて手や指の動きが止まる」という動詞文の動詞の言葉を聞いてきてこれを記憶したからです。
 男性は、性の欲のGnRHによって「行動だけは可能」という脳の働き方をおこないます。
 男性も「行動のための言葉」を必要とします。
 その言葉を教えるのが母親です。
 女性は、母親から「行動成立だけ」のために動詞の言葉を憶えるのにたいして、男性は、「どのように行動を現わすか?」のために「動詞の言葉」を憶えます。
 母親の動詞の言葉が「自分の行動を否定する動詞の言葉」であるとき、事例の男性のように、「自分の行動を壊す(止める)」という黙契(もっけい)になります。
 「行動の止まり」とは「ニート」「不登校」「休職」「引きこもり」「定年退職後の寝たきりも同然の生活」のことです。
 「認知症」(痴呆症)も行動を止める脳の働き方の所産です。

●最悪の母親のしゃべりは「禁制」(つくり話)をしゃべる場合である

 生育歴の中で母親が男児に話す動詞の言葉はいくつかのパターン(傾向)があります。
 基本は、母親がしゃべる、男児は、「黙って聞く」という「黙契」が最も望ましいといえます。
 母親が禁制のデタラメをしゃべる、男児も「そうなんだよ」「いや違うよ」などと条件反射的にすぐしゃべるというケースは、行動の丸暗記は可能でも、必ず、作話症(デタラメをしゃべる作り話の分裂病)をしゃべるようになるのです。

 このように日本人の脳の働き方から見た日本語(動詞文)のつくる病気(黙契と禁制)の実体を明らかにしたのは、ゆいいつポルソナーレのカウンセリング・ゼミだけです。
 現ゼミ生の皆様には感謝とともに、対策もお伝えしています。


<前の1件]


スレッド[5023]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2019/03/22 19:18] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子