谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら

[超格安・お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法] [入会案内]

[脳を発達させる日本語トレーニングペーパー] [メルマガ「読むだけで幸せになる手紙」登録] [連載バックナンバー]

のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[4738] すぐに効果を実感できて辛い症状が消える! 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/03/16(木)10:08
[4738-1] すぐに効果を実感できて辛い症状が消える! 谷川うさ子 2017/03/16(木)10:08
   女性の顔を見ながら話せる男性。
女性の話した名詞を言える男性。
下書きのメールを入力する男性。
を気分のいい毎日にする3つの法則


       ネットで「調べた」ことは、
       ウソでも、本当でも分かったと
       安心する。
       認知症は、70歳、80歳の
       人のことだから、心配
       するのはまだ早い。
       親が認知症になっても、
       10年、20年くらい介護
       するのは当り前。
       あなたのこんな常識が
       180度変わる認知症に
       ならない、させない4つの法則。


●認知症になるリスク、ならない条件の違いとは?

 「認知症になる人は、リスクを抱えているから」とは、誰でもよく知っている普通の常識です。
 糖尿病とか脳の血管の病気とか、うつ病で休職している人とかが、リスクの人です。
 「認知症って、6人に1人、4人に1人がなるんでしょ。
 そういう人は、計算もおぼつかないし、仕事で命じられたことも忘れますよね」。
 認知症についてこんな常識をもっている人、「私は30歳代。そんなリスクとは無縁に仕事に行けています」と思っている男性は、ほとんどの人ではないでしょうか。
 「認知症になる人もいますが、ならない人もいます。
 認知症にならない人と認知症になる人の違いって何?とは、身体の疾患がリスク要因といわれているので、20代や30歳代、40歳や50歳代では、とても自分にも迫ってくる問題とは思えないのではないでしょうか」(ポルソナーレ・熊野クマ江)。
 
●男性で認知症になる3つの条件とは?

 認知症(痴呆症)とは、「忘れることだ」というのが日本人の常識です。
 「人の名前を忘れる」くらいじゃ、誰も、自分が認知症?とは心配しません。
 度忘れということもあるし、忘れたからといって人間関係に支障が起こるものでもないからです。
 「体験したことを忘れる」くらいでも、仕事の体験のことでなければ、叱責されることも上司から怒られることもありません。
 「だいじょうぶ」とネットの友だちが言えば、すっかり安心してしまうでしょう。
 これが認知症にかんする多くの男性の「心理のワナ」です。
 認知症のリスクの法則の1つ目は、「忘れていること」に気がついていないことです。「忘れていること」は、行動しません。
 「憶えていること」だけを行動できているので、「私は30歳代。高齢まではまだ遠い先のことだから、他人事。今から心配してもしょうがない。だいいち、忘れていることは何も無いのに、何を心配しなくちゃいけないの?」と思っているのが多くの男性です。

[4738-2] 谷川うさ子 2017/03/16(木)10:08
   ●男性が自分の病気を心配しない知られざる理由

 「男性の脳の働き方は、視床下部の性の欲の中枢が行動をつくり出すので、どんなことでも、どんなに異常に見えることでも行動ができているうちは、行動の対象について異常でも正常でも思考することができます。入院する事態にでもないかぎり、男性は、自分は健康であると思っているんですよ」(熊野クマ江)。
 日本の男性は、脳の名詞とか抽象名詞を学習する言語領域が全く働いていないので、セントラルドグマ(生体防御システム)がじわじわと十数年をかけて破綻させます。脳血管、心臓、消化器系の疾患をつくるリスクを抱えて高齢期に入ります。これが認知症(痴呆症)の実体の行動の止まりを出現させる、と説明するのは、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミです。

●なるほど、認知症とはそういうことだったのか!

 「なるほど。認知症とは、覚えていることがたくさんある、だから仕事にも行けているから安心という問題ではなかったのか」と長年の疑問を一気に解決するのが、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミです。
 認知症の対策には何を学習すればいいの?親の介護には何をすると回復の可能性があるの?これらの悩みがイッキに解決するので、圧倒的に支持されています。


<前の1件]


スレッド[4738]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2017/06/26 10:45] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子