谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら

[超格安・お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法] [入会案内]

[脳を発達させる日本語トレーニングペーパー] [メルマガ「読むだけで幸せになる手紙」登録] [連載バックナンバー]

のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[4754-1] 親の認知症が心配な人必見!予防と改善がうまくいく4つの方法 谷川うさ子 2017/04/04(火)14:53 修正時間切れ
       NHKスペシャルが「認知症
       1300万人」と告知して
       いて、予防と改善は
       「脳トレ」「運動」の
       二つがあって、本当に
       効果があるのか
       迷ってしまいますよね。
       認知症は必ず要介護に
       なるので、
       50歳以上の人には
       「考えたくない」と
       逃げられない問題。そこで
       安心、効果があると
       喜ばれている
       認知症の予防と改善の
       方法をご紹介します。


●40代女性、50代男性でもOK!簡単に分かる認知症理解のコツとは

 認知症は、モノ忘れのことといわれていますよね。きのうの夜の食事の内容を思い出せない、好きだった歌手の名前を思い出せないなどが認知症の症状といわれています。
 「玄関のカギを閉めたかな?」「台所のガスレンジの火を止めたかな?」と体験を忘れるのも認知症の症状といわれています。
 こういうモノ忘れは、誰にでもありますよね。
 仕事の中で毎日行っていることを忘れて気がつかないと、まわりの人から「病院に行けば?」「認知症?もう仕事は無理でしょう?」と言われます。
 子どもがいたり、年齢が40歳代だと、生活が行き詰まるので「認知症?そんなはずはない」と「モノ忘れ」「体験の忘れ」を「これから気をつけよう」と無かったことにします。

 ポルソナーレの「カウンセリング・ゼミ」の認知症の考察は、「認知症は、忘れることではない、初めから記憶できないこと」と定義します。
 日本人に認知症が多くて高齢になると10人に1人、4人に1人といわれています。
 日本人は、日本語(ひらがなの言葉)が「動詞文」の動詞の言葉しか憶えないので、名詞の言葉は記憶しません。
 だから「忘れる」のではなくて「憶えていない」ことが認知症なのです。

 人間は、脳で言葉をつくり出します。そして人から言葉を聞いたり、読んだりして学習して言葉を憶えます。
 日本人は、平安時代からずっと現代になっても「名詞」と「抽象名詞」「形容詞」の言葉だけはどうしても記憶できないのです。
 脳の言語野には「動詞だけを憶える言語野」と「名詞だけを憶える言語野」の2つがあります。
 日本語(ひらがなの言葉)は「動詞の言葉」しか憶えません。
 人間の行動には、目的になる言葉の「名詞」が必要です。人間関係でも仕事でも、生活の中のことでも、「名詞の言葉」を憶えていない人が認知症をあらわすのです。
 だから、認知症を治すには、脳の「名詞を憶える言語野」を働かせると高齢になっても、認知症は防げるのです。
 30代、40代の若いうちから脳の「名詞を憶える言語野」を働かせると認知症は予防できるので安心です。



[2017/05/25 17:47] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子