谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら

[超格安・お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法] [入会案内]

[脳を発達させる日本語トレーニングペーパー] [メルマガ「読むだけで幸せになる手紙」登録] [連載バックナンバー]

のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[4754-2] 谷川うさ子 2017/04/04(火)14:54 修正時間切れ
●安すぎる!たった月2万円の会費だけで病気知らずの人生をつくる3つの方法

 認知症ですが、要介護のことばかりが注目されています。徘徊とかひとりで食事ができないなどの困ったことです。お世話をしなくてはいけない人には、会社を辞める、収入が大きく少なくなると報道されています。

 日本語(ひらがなの言葉)は「動詞の言葉」しか憶えないので脳の言語野の交感神経が止まります。
 自律神経の交感神経は、身体の生体防御システム(セントラルドグマ)を働かせます。免疫とか、副腎皮質ホルモンとか、ストレス解消のベータ・エンドルフィンが活躍します。
 疲労、うつ、炎症、血流障害がつくる「がん」、リウマチなどの自己免疫疾患を治します。
 認知症で要介護にいきつかない人は、「がん」「心臓病」「脳卒中、脳梗塞」「アレルギー症状」「リウマチ」のどれかを発症させます。

 女性の身体の血管は、副交感神経が支配しています。交感神経が働かない場合、身体に疾患が起こりやすいのです。女性が男性よりも要介護の人が数倍も多いのは、身体にいろいろな病気が起こりやすい条件をかかえているからです。
 直接の原因は、「名詞」や「抽象名詞」を学習する脳の言語野を働かせていないことです。

●うそ!思わず目を疑った男性の病気づくり4つの生き方

 男性は、脳の視床下部の背内側核で性の行動をつくります。
 性の欲のホルモンがどんどん出ているのが男性です。男性は、女性とは反対に、言葉よりも先に行をつくり出します。
 男性が「名詞」「抽象名詞」の言語野を働かせない場合、身体は「ハイパーリラックス」の状態になります。
 「ゆるみ」「たるみ」のことです。弛緩(しかん)といいます。
 
 これがエミール・クレペリンが定義した「早発性の痴呆」です。
 「ネット時代」になっている現代では、「動詞文の動詞」をパソコン、スマホの「画面」にあらわします。
 いつでもどこでも、「スマホ」や「パソコン」を手離せない男性は、身体が「ゆるみ」「たるみ」がつづいています。
 すると、女性と同じように、「自己免疫疾患」や「アレルギー」「脳梗塞」をつくる血流障害のリスクを抱えた毎日になっていると考えられます。

●認知症の心配ごとが解決する「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」とは?

 今回は、認知症についてのモヤモヤとした、心配ごとをイッキに解決することをご紹介しました。これで、認知症の予防と改善の仕方がまるごと分かりましたね。
 親の認知症だけではなく、女性と男性の予防に関心のある人は「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」にご入会して、お役立てになってください。



[2017/06/26 10:52] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子