谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[4756] 50歳代主婦がゲーム依存の娘を治してみた 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/04/10(月)13:13
[4756-1] 50歳代主婦がゲーム依存の娘を治してみた 谷川うさ子 2017/04/10(月)13:13
          ポルソナーレのカウンセリング・ゼミで
       学習している50歳代女性に
       学習の効果を聞いて
       みました。

       「認知症は高齢者だけの
       脳の働き方ではない
       ことが目からウロコが
       落ちるように分かりました。
       家にはゲーム
       依存症の娘がいますので、
       名詞の言葉を
       話すことを行なったら、
       英語の勉強を始める
       ようになりました」
       (50歳代女性、主婦)

       いかがでしたか。認知症の
       改善に効果があると
       主婦の女性に人気のこの
       ポルソナーレのカウンセリング・
       ゼミ、毎月、入会を
       受け付けています。
       あなたも、認知症の
       予防と改善の術を学んで、
       幸せな親子関係をもっと
       充実させませんか。
       あなたの今スグのご入会の
       お申し込みをお待ちしております。

●要チェック!認知症早わかり、一気に解消テク総ざらい

 認知症は「忘れること」「体験したことをどうしても思い出せないこと」といわれていて、「親はちょっと心配だけど自分はまだ、だいじょうぶ」と思ってしまいますよね。
 認知症を治したり、防ぐ対策も、脳トレ、運動と説明されています。
 皆様には、必ず認知症を防ぐ、今からでも遅くない認知症の改善の安心、安全、誰にでもできる方法をご紹介します。

[4756-2] 谷川うさ子 2017/04/10(月)13:13
    認知症は、忘れることではなくて全く憶えられないことです。
 憶えられないから、憶えなくっちゃ!とテキトーに作り変えて憶えます。
 憶えていないから、話すのもムリ。人の話を聞くと頭がボンヤリして眠くなります。
 日本語(ひらがなの言葉)は動詞だけの言葉です。だから、名詞の言葉は憶えないのです。
 たとえば「食事」。日本人は「メシを食う」とか「ご飯を食べる」といいます。「メシ」「ご飯」は、動詞が作った名詞です。正しい名詞は「食事」です。
 一日のうちに時間を決めて食べ物を摂ること、が意味です。ご飯を食べる、メシを食うは、ただ、食べること、が意味です。
 犬や猫に食事をとらせるとは言いません。
 エサをあげる、ご飯をあたえる、です。
 「食事」の名詞(抽象名詞)の意味が分からない場合、いつの間にか「ご飯を食べること」の目的がはっきりしなくなります。「はっきりしない」というのが認知症なのです。認知症を治すという場合、「ご飯」だけではなくて「食事」という名詞も言えるとイッキに解消します。

●4月はステキに生まれ変わる月!いつまでも活躍できる3つの条件

 認知症ですが、日本語(ひらがなの言葉)は「動詞」だけの言葉なので、脳の中の「動詞の言語領域」が働いていることが原因と理由です。
 名詞は、「名詞の言語領域」で憶えます。
 人間は、1歳半までは「名詞の言語領域」が働いています。家の中のいろいろな物に興味をもって触る、「あれ、なあに?」「これ、なあに?」と知りたがるのが乳・幼児です。脳の言語野の「名詞を憶える言語領域」が働くと認知症は治る証拠が乳・幼児の脳の働き方です。
 
 日本語(ひらがなの言葉)は、動詞文の「動詞」の言葉しかないので、「名詞の言葉」を見ると眠くなります。
 「ゆるみ」「たるみ」が起こります。伸びきった輪ゴム、ゆるみきったパンツのゴムのように、「見たくない」「聞きたくない」と思ってそのとおりに見る、聞く、手で触るのが「ゆるみ」「たるみ」です。弛緩(しかん)といいます。
 精神医学の祖といわれるスイスのエミール・クレペリンは、「早発性の痴呆」と名づけました。名詞の言葉を子どものころからちゃんと母親から学べなかった人は、昔から「ゆるみ」「たるみ」の脳の働き方をおこなっています。
 日本人は、「ご飯」を「食事」、「お風呂」を「入浴」、「トイレ」を「排せつ」と音読みの名詞で言えれば、認知症は、スピードで治ります。
 「ゲーム依存症」の人も、どんなに長引いている人でも名詞の言葉を学習しさえすれば解消しています。

●安すぎる!たった2万円の月会費で夢を見ているような毎日をつくる3つの方法

 認知症は、長い間お金がかかる心と精神の病です。
 
 女性は、行動よりも言葉を先に憶えるので、例外なく母親の動詞の言葉をマスターしてしまいます。学校の勉強の言葉や仕事の言葉を学習しても、本人にはそのつもりがなくても、名詞の言葉を動詞の言葉に作り変えます。

 「塩」を「しろもの」、「箸」を「おてもと」、「入浴」を「お風呂」、「排せつ」を「トイレ」「お通じ」、「食事」を「ごはん」などは平安時代から女性がつくり変えてきました。
 脳の中の交感神経が働かないので、生体防御システムがだんだん働かなくなります。
 血流障害が起こり「がん」「自己免疫疾患」「心臓病」が起こりやすいのです。
 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、独自に免疫理論を開発しています。故・浅見鉄男先生から学んだ井穴刺絡免疫療法で、スピードで辛い症状を治す仕方をレクチュアしています。

[4756-3] 谷川うさ子 2017/04/10(月)13:13
    女性の認知症ですが、女性は視索前野で言葉を憶えるので、子どものころから「脳の名詞の言語領域」が働かない人が多いのです。
 「名詞なんて、ムリムリ、ムリ!」と諦めている人は、早い年齢から身体の病気で要介護になる傾向があります。
 インターネットに依存して「スマホ」や「パソコン」がどうしても手離せない人は、仕事や社会の言葉を「動詞の言葉」に作り変えます。「モノ忘れ」や「体験の忘れ」が進んで、お金のかかる要介護の生活になりやすいのです。女性は、男性よりも要介護の人が数倍も多い原因です。
 要介護は10年、20年とつづくだけではなく、介護離職を子どもに強います。
 
 このようなことを理解すると、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミで学習して「脳の名詞の言語野」を働かせると、とても安上りです。
 親思いの女性には、ぜひともオススメです。

●男性は、「ネット依存症」になってはいけません。言葉の能力がレベルダウンします。代わりに名詞の言葉を憶えましょう。そうすれば、行動の能力が伸び、収入が増えます。
 
 男性の認知症は、仕事の言葉を憶えているうちは、はっきりとした病気の症状は目立ちません。仕事の中の言葉が名詞、そして抽象名詞ですから、仕事に行っているうちは、「動詞の言葉」だけでも人生を支えられます。
 男性は、女性と比べると、性の欲の行動が先に立つので、認知症は隠れたままになっています。

 ただし、注意しなければならないことがあります。男性も「行動」が止まるとハイパーリラックスになるのです。血管が副交感神経優位になって、血液の中にはヒスタミン、アセチルコリン、セロトニン、などの生化学物質がいっぱいになることです。
 「アレルギー」「無気力」「いつでも眠くて疲れる」「作り話をしゃべる」といった症状があらわれます。
 「スマホ」「パソコン」だけしか目にしない、耳にしない男性は、気をつけましょう。
 脳の中の「実像」という部位しか働いていないからです。目で見る、耳で聞くという「知覚」だけが働いています。
 「動詞だけの言葉」だけが思い浮んで、仕事の言葉と人間関係の言葉が消えてしまいます。
 大きな声でしゃべる、赤ちゃん言葉でしゃべる……なんてことのないように、気をつけましょう。
 男性は、40歳をすぎると、若い人たちから嫌がられると淋しい人生になります。
 気がついたら毎日、家の中だけだった、ということのないように、ぜひ気をつけてくださいね。
 
●たったこれだけ!日本人なら誰も逃げられない認知症の効果抜群の予防策とは

 認知症は、とくに日本人に多い心・精神の病です。
 日本語(和語)の歴史があまりにも長いので、誰も心・精神の病気とは気がついていません。
 名詞の言葉を憶えるだけ!というたったこれだけの方法が認知症を予防します。高齢者の認知症の改善にも効果があります。

 日本人の認知症は、おもに「訓読み」がつくり出します。音読みの名詞を学習すると、「がん」や「脳卒中」などの病気も防げます。
 女性が男性よりも認知症になるリスクが高いので、格安で予防したい女性にはオススメです。

 いかがでしたか。
 今回は、「NHKスペシャル」(認知症1300万人)で告知されていた「認知症は防ぎようがない」の常識が180度ガラリと変わる予防と改善の方法をご紹介しました。
 これで、親思いのあなたも安心して、夢を見るような人生の毎日を送れますね。未婚の男性には、女性と仲良くできる簡単テクとしてもお役に立ててみてくださいね。くわしいことを知りたい方はhttps://www.porsonale.co.jp/をごらんください。


<前の1件]


スレッド[4756]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2017/10/23 20:46] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子