谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[4762] 認知症を治す『谷川うさ子王国物語』(パート・Y)3つの法則 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/04/20(木)15:50
[4762-1] 認知症を治す『谷川うさ子王国物語』(パート・Y)3つの法則 谷川うさ子 2017/04/20(木)15:49
          高齢社会になって親の認知症が
       心配されています。
       要介護になれば、介護の
       ために仕事を辞めなければ
       ならないからです。
       安い施設は順番待ちで
       すぐに間に合いません。
       高い施設はお金がかかります。
       親子共倒れに
       ならないためには認知症の
       予防と改善が今すぐ
       必要です。
       『谷川うさ子王国物語』
       (パート・Y)は、簡単に、
       認知症を治せる
       3つの法則を教えます。


●認知症は、若い頃から始まっています

 認知症は「もの忘れ」のことだと言われています。
 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが、現ゼミ生の皆様と一緒に十数年をかけて明らかにした認知症とは、名詞の言葉を憶えることができないことです。脳の言語野には、「名詞を憶える部位」と「動詞を憶える部位」の2つがあります。日本語は動詞だけの言葉です。動詞の部位だけが働いて、名詞の部位は働いていません。現実は、全て名詞で成り立っています。
 日本語で「動詞」しかしゃべらない人は、若い人も認知症を抱えています。

●どういう人が認知症って分かるの?

 日本人は、いつ、どこで、どのように言葉を憶えるのでしょうか。
 1つめは、母親から学びます。女性は視床下部の視索前野で「言葉」を憶えるので、母親の話す言葉をすぐに憶えます。
 コップの水にたとえると、中学生になると、コップの90%は母親の言葉でいっぱいになっています。
 学校に行っても仕事の言葉を学んでも「母親から学んだ言葉」で薄められてしまいます。
 だから、若い頃から「母親と同じ言葉」を話す人は、名詞を目的にした行動ができなくて、人の話を聞いても分からないなどの認知症をあらわすのです。

 男性の認知症ですが、社会に出て、名詞の言葉をしっかり学習した人は、母親の教えた動詞の言葉しか話さないことからまぬがれます。
 男性でも、「母親から教わった動詞の言葉」しか話さない人は、「名詞の言葉」を正しく話せません。こういうタイプの人が若い頃から認知症をあらわしています。

[4762-2] 谷川うさ子 2017/04/20(木)15:50
   ●認知症は、うつ病か分裂病としてあらわれます!

 うつ病の分かりやすい例を説明します。

《例》
 「入浴」を「お風呂」(風呂に入る)という人は、「分裂病」をあらわす可能性があります。「お風呂に入るのがめんどうだ」と「入浴しない人」はうつ病です。

 「入浴」は漢字(漢語)の音読みです。字義は「湯を浴びる」です。 
 「身体の清潔」を目的にしています。
 
 「風呂」は、「浴槽」と「洗い場」のある場所のことです。
 「風呂に入れば身体を洗うだろう」と思うのは換喩といって単なる言い換えによる意味づけのことです。「後出しジャンケン」といいます。
 これは動詞の言葉がつくった「品詞の転成」です。脳の名詞の部位は全く働いていないので「分裂病」か「うつ病」をあらわしています。

●母親の教える認知症をつくる動詞の言葉は2種類です!

 母親がソッポを向いて話す人なら、その子どもは「名詞の言葉」をひとつも憶えられません。
 だから「うつ病」になります。
 仕事に行かない、人と話さない、家の中でゲームばかりして生きていくということをあらわします。血流に障害が起こって、身体に疾患をつくるリスクをかかえています。

 母親が、人の悪口を言うとか、ウワサ話をする、ひとり言のようにいつまでもしゃべる、という人の子どもは、分裂病をあらわします。異常な行動、異常な立居ふるまいの症状が分かりやすいチェックポイントです。

●認知症の対策は「名詞」「抽象名詞」の言葉を学習することです!

 漢字は「音読み」と「訓読み」でつくられています。「音読み」は「正」(セイ)「家」(カ)「花」(カ)のことです。 
 この読み方と意味を分かることが認知症の予防と改善の法則です。

 「正しい」(ただしい)、「家」(いえ)、「花」(はな)と訓読みで話してもいいのですが、一方で、必ず「音読み」とその字義を分かることが認知症の改善になります。

●動詞の言葉だけをしゃべってはいけません。認知症になるからです。優先して名詞の言葉を話しましょう。認知症を予防するからです!

 オドロキ!認知症の考え方が180度変わった!と思ったことでしょう。これまで誰も気がつかず、誰も説明しなかった認知症の本当のことだから、とりくんでみると認知症が治ります。予防も超簡単です。
 心身の健康を守るとは、人に迷惑をかけずに楽しく仲良く生きていけることです。
 自分でできることは自分でやれて楽しいことが楽しいと思えます。
 「谷川うさ子王国物語」パート・Yで学習して楽しい生活を元気でおすごしください。


<前の1件]


スレッド[4762]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2017/10/23 20:45] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子