谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら

[超格安・お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法] [入会案内]

[脳を発達させる日本語トレーニングペーパー] [メルマガ「読むだけで幸せになる手紙」登録] [連載バックナンバー]

のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[4768-1] どんな人とも仲良くしたいなら実践!身近な人とハッピーに話せる4つの法則 谷川うさ子 2017/05/04(木)16:48 修正時間切れ
       自分と話すときは嫌そうに
       話すけど、別の人と
       話すときは、
       楽しそうににこにこ笑顔、
       という経験はありませんか。
       こういう話し方の違いを禁制と
       いいます。
       日本語の動詞文の
       「動詞」がつくる病気です。
       生育歴の中で母親の
       言葉を今も憶えて
       いて話すのが黙契(もっけい)の
       あらわす「禁制」です。
       ポルソナーレのカウンセリング・
       ゼミが即効で治し方を
       教えているので
       喜ばれています。       


●ひとり言みたいに話すだけじゃダメ!会話でモテる3つのテク

 「よく知っている人ばかりなのに、2,3人が話している近くを通るのが怖い」、「同性なんだけど、堂々としている人、明るくよく笑って派手目な人が怖い」と思ったことはありませんか。
 この話すのが怖い、人が怖いは、黙契(もっけい)がつくる「禁制」(きんせい)といいます。
 日本語の動詞文の「動詞」しか離せないのが原因です。
 動詞文の「動詞」は脳の言語野の「動詞だけを憶える言語領域」で記憶します。
 「家」とか「花」とか「食事」などの名詞の言葉は記憶しないのです。名詞の意味は「家」(カ)「花」(カ)「食事」(ショクジ)にあります。
 日本語の動詞文は、「家」(いえ)「花」(はな)「食事」(ご飯、メシ)と動詞で作り変えています。

 「動詞って、必ず過去の体験を想起させます。
 だから生育歴の中で母親の話した言葉をエピソード記憶の想起として、右脳系の海馬から地下水が噴水となって吹き出るように、記憶している母親の言葉、しゃべり方、モノの言い方が口からあふれ出てくるんですよ」(谷川うさ子さん)



[2017/06/26 10:55] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子