谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[4787-1] 思わず共感?!中年域の女性の悲しきあるある不安神経症 谷川うさ子 2017/07/12(水)09:25 修正時間切れ
       日本の女性の心身の病気の
       特徴は、ほとんど例外は
       無いといっていいくらい、
       身体に疾患をつくることだ。
       もうひとつ、精神にも
       疾患をつくる。
       どちらも必ずあらわれるが、
       30歳代になると、
       どちらかが優勢と
       なって出現する。
       理由は、日本語の
       「動詞文の動詞」にある。
       脳の言語野は
       女性の病気を必然と
       していて、不可避に
       している。
       ポルソナーレだけがあえて
       このことを公表する。

●「わたし病気なんです」を連発する残念女子の病気の特徴

《相談の事例》
 
 わたしは結婚して子どももいる主婦です。45歳です。中学生と小学生の女の子、男の子の2人の子どもがいます。
 わたしは、結婚してからずっと神経科のクスリを飲んでいます。
 最初は、結婚前に付き合っていた男性が突然、目の前に現われるのではないか?という強迫観念に悩まされました。
 やがて、背中、胸、脚に痛みとか動けないとかの症状が出てきました。
 不眠もあります。
 今は、家事くらいはおこないますが、だいたいテレビやインターネットを見て、横になったり、起きたりの毎日です。
 家の外には、最小限の買い物に行くくらいのことしか出ることはありません。
 (Bさん、女性、45歳)

 日本の女性は、結婚すればこうなる、というのが相談の事例の内容です。
 結婚前は、結婚しなくちゃ!と思い、結婚だけが人生のゆいいつの目的!と誰もが思っています。
 しかしいざ結婚すると、子どもも生まれるので、いよいよ精神の不調があらわれます。
 身体に変調をきたして自己免疫疾患(リウマチなど)、がんなどの病気をつくる女性もいます。



[2017/10/21 02:46] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子