谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[4802] 「しゃべらない男性」が告白する意外な日本人の精神分裂病の正体 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/09/04(月)15:23
[4802-1] 「しゃべらない男性」が告白する意外な日本人の精神分裂病の正体 谷川うさ子 2017/09/04(月)15:21
          「女性としゃべれない」
       「女性としゃべると
       パニックになる」という男性は
       非常に多い。
       「対人恐怖症だ」と
       考えられてきた。
       ところが、日本人の
       メンタルな病気は、
       精神病理学でいう
       病気ではない。
       日本語の動詞文の
       「動詞」がつくるからだ。
       精神病理とは
       欧米人のもつ言語だけがつくる
       心身の異常のことだ。


◎母親から贈与された作為思考で「しゃべらないビョーキ」をつくった男性の事例

 わたしは、上司の話していることが分かりません。20年間、ずっと分からないまま仕事をしています。
 (男性、48歳、匿名)

 わたしは、技術職です。20年以上、同じ職場で働いています。
 上司の話す仕事の指示や説明の言葉が分かりません。
 メールの文は読めます。手書きとか、口頭での説明は読めないし、全く分かりません。

●もはや都市伝説!?「心の病」、「治す」「治したい」人は誰もいなくなった男性の目と耳の障害

 事例の男性の悩みは「職場の中で、上司の話す言葉が分からない」という内容です。
 多くの人は、このような「人の話すことがよく分からない」ということを聞いても、あるいは、目にして読んでも「それがなんで悩みなの?」と思うでしょう。
 「べつにいいじゃん、仕事はやれているし、20年間もしゃべらなくても、分からなくても、それでやってこれているんだから。何の問題もないじゃないか」と感じとるでしょう。
 だから、相談の事例のようなことをかりに直接聞いても「それって普通のことだよ」と話すでしょう。
 「メールの文なら読める、しかし、手書きの文字だの文章だのはまるっきり読めない」というのは、さながら、「手で書いた文なり説明を見せる方がおかしい。読めないよと言っているのだから、メールなら読めるとこんなにも言っているのだから、パソコンでもスマホでもケータイでも入力して送信してくださいよ、そうすれば読めるのだから」という話ももっともらしく思えるでしょう。

[4802-2] 谷川うさ子 2017/09/04(月)15:22
   ●意外!相談の事例の男性が高く評価されるこれだけの理由

 こういう日本人の一般的な観点から見ると、相談の事例の男性は、たいへん知的で、勇気ある男性であるということになるのです。
 理由をいいます。
 なぜならば、「職場で、人の話すことが分からない」「とりわけ上司の話す説明とか仕事の指示の言葉が分からない」と発言しているからです。
 インターネットが普及して誰もが「スマホゾンビ」になって、いつでもどこでも少しの時間も手にしっかり持って歩き回る、家の中で暇さえあればネットの画面をつなぎっぱなしで「ながら見」をしている状況では、事例のような相談そのものが成り立たなくなっています。
 「分からないこと」「読めないこと」は何も無いと思っているからです。

 日本人の使う日本語は動詞文の「動詞」です。
 脳の「ブローカー言語野・X経路・時間性の言語領域」で憶えていて、しゃべったり読んだりしています。
 日本人は、明治以降、漢字・漢語の「音読み」をつくりました。これは「ブローカー言語野・¥Y経路、空間性の言語領域」でいちいち学習して正しく分かって書く、話す、読む言葉であるということです。
 すると、社会の中の言葉で「音読みの言語」は「読めない」「聞いても分からない」「感想や意見を求められても、分からない」のはごく普通のことです。

 日本の文部省も国語審議会も、漢字など読めりゃいいんだよ、意味なんか分からなくったっていいんだよ」ということを国語政策にしているのは、「人の話を聞いても分からない」「人の書いたものを読んでも読めない」のが、「日本語の動詞文の動詞」の特性である、ごくごく普通のことであると分かっているからです。

●たったこれだけ!ディスプレーを見る脳は幻聴・幻覚で一杯一杯になるしくみとは

 インターネットの『情報』なるもの、メールの文章の「画面表示」は「分かっているのか?」というと決してそんなことはありません。
 「5W1H」の脱落したカラスの「カーカー鳴き声と同じ音だけのメッセージ」を読んだり、入力したりしています。
 ちょっと難しそうなことを書いて入力している文章は「読めりゃいいんだよ」式で読んだフリをしているでしょう。
 すると、「読んだ。即ち内扱い。すると、動詞文の思考の二分法のつくるス・サスが、作為的にブチ壊す」(御前(おんまえ)を「オマエ」「テメエ」と破壊するのが証拠の一つです)ことを行っています。
 適当に読み流して一応「読んだ」という段階では、「内扱い」が起こり、ここで勝手な「解釈」でもしゃべる(入力する)と「行動は成立する」ので、自分は社会的に価値のあることをやっている、だから「金をくれ」と自分をホメ讃えるのです。

[4802-3] 谷川うさ子 2017/09/04(月)15:23
   ●ドッグイヤーなみに老化して認知症に転落する!! ネットがつくるデタラメ言葉の増産シフト

 じゃあ、事例の男性はなぜ相談しているのか?というと、たとえば、パソコン、スマホの画面(ディスプレー)ばっかりを見ていると、「目」「耳」の脳の中の感覚の知覚の『実像』の働きに障害が起こるからです。
 遠くを見る、現実を見るというときのゲシュタルト形態認知(Y経路支配・交感神経支配)が消失します。
 これは日本人の精神分裂病の深化という病理現象です。
 
 ふつうにいうと「現実が見えない」「現実など存在しない」「仕事など存在しない」「話している上司など存在するはずもない」という黙契のつくる禁制(デタラメというニセの共同性。ふつうにいうと精神分裂病の幻覚、幻聴)のイメージとか言葉しか思い浮ばなくなります。
 「メシを食うこと」「すぐにゴロゴロと寝ること」という生き方の日々になります。
 「あいさつ?ナニそれ?」「社会ルール?ナニ、ソレ?」「人には礼儀正しくしゃべる?ナニ、ソレ?」という怪しい病理のつくるバラ色の日々を生きています。
 
 もともと日本語の動詞文のつくる「動詞」の思考の二分法とは、黙契と禁制を主流としているので、これがかくべつ精神分裂病ということではありません。生育歴の中の母親との関係がそもそも精神分裂病の関係なので、その必然のとおりに崩壊しているだけだからです。

●ポルソナーレのカウンセリング・ゼミで、本物の知的能力とは?をわかる脳の働き方をゲットしよう!

 相談の事例の男性は、日本人の男性の中でもごく稀な「音読み」の字義・語義に精神がフィットした人です。こういう自覚の人だけが英語、ドイツ語のもつ言葉の秩序を深めて書ける可能性をもっているのです。


<前の1件]


スレッド[4802]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2017/10/23 20:50] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子