谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[4802-3] 谷川うさ子 2017/09/04(月)15:23 修正時間切れ
●ドッグイヤーなみに老化して認知症に転落する!! ネットがつくるデタラメ言葉の増産シフト

 じゃあ、事例の男性はなぜ相談しているのか?というと、たとえば、パソコン、スマホの画面(ディスプレー)ばっかりを見ていると、「目」「耳」の脳の中の感覚の知覚の『実像』の働きに障害が起こるからです。
 遠くを見る、現実を見るというときのゲシュタルト形態認知(Y経路支配・交感神経支配)が消失します。
 これは日本人の精神分裂病の深化という病理現象です。
 
 ふつうにいうと「現実が見えない」「現実など存在しない」「仕事など存在しない」「話している上司など存在するはずもない」という黙契のつくる禁制(デタラメというニセの共同性。ふつうにいうと精神分裂病の幻覚、幻聴)のイメージとか言葉しか思い浮ばなくなります。
 「メシを食うこと」「すぐにゴロゴロと寝ること」という生き方の日々になります。
 「あいさつ?ナニそれ?」「社会ルール?ナニ、ソレ?」「人には礼儀正しくしゃべる?ナニ、ソレ?」という怪しい病理のつくるバラ色の日々を生きています。
 
 もともと日本語の動詞文のつくる「動詞」の思考の二分法とは、黙契と禁制を主流としているので、これがかくべつ精神分裂病ということではありません。生育歴の中の母親との関係がそもそも精神分裂病の関係なので、その必然のとおりに崩壊しているだけだからです。

●ポルソナーレのカウンセリング・ゼミで、本物の知的能力とは?をわかる脳の働き方をゲットしよう!

 相談の事例の男性は、日本人の男性の中でもごく稀な「音読み」の字義・語義に精神がフィットした人です。こういう自覚の人だけが英語、ドイツ語のもつ言葉の秩序を深めて書ける可能性をもっているのです。



[2017/10/23 20:49] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子