谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[4806] 意外!! 日本人には、心・精神の病気というものは「存在しない」ことの真実とは 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/09/18(月)19:50
[4806-1] 意外!! 日本人には、心・精神の病気というものは「存在しない」ことの真実とは 谷川うさ子 2017/09/18(月)19:50
   吉本隆明『母型論』(贈与論)(思潮社)の「母系制」「贈与」「お返し」は、日本人の異常な発言、行動はごく普通のことである、と証言しています。


       たとえば「貴様」「御前」
       という言葉が例になります。
       日常的には、「キサマ」
       「オマエ」「テメエ」とイバリ
       言葉になっています。
       もともとの「尊い方」「神様の
       前」という音読みの
       意味が壊されているという例です。
       音読みのもつ社会秩序、
       共同体の規範を内扱いと
       「ス・サス」(作為思考)で
       壊す言葉の証拠です。


●日本人は、「現実など存在しない」、「目の前の人間は、存在しない」ましてや「ルール、決まり、規範などあるはずがない」と作為思考を一般的にしています

 吉本隆明の『母型論』(贈与論・思潮社)をみると、ここには、「神話」(説話)が紹介されています。「人間社会の始祖は、父と母ではなく、兄と妹が子どもをつくり、人間社会を継承してきた」というエピソードです。
 子どもは、どこから来たのか?というと、母親と父親による受胎、出生ではなく、母方の「族」の霊(ハウ)である、「贈与である」、というものです。
 ここには、「妊娠」という事実についての認識はありません。
 風に吹かれて妊娠した、というデタラメ話のエピソードがあります。
 このデタラメエピソードは、日本人の使う日本語(和語・ヤマトコトバ)がつくる「動詞文の動詞の言葉」がつくり出した作為の嘘話です。
   
 「子どもは、兄と妹がつくる。子どもは、海の風に吹かれて、使者が運んできたハウ(霊)である」という黙契(もっけい。ウソ話の言葉)は、現代の日本人が今もなお、ごくごく普通のことにしています。
 たとえば「花」(はな・訓読み)というと「植物の花(はな)、(か)」のことだと思っている人は多いのですが、「じゃあ、花(はな)の意味はなんですか?」と問うと、誰一人として答えることはできません。正しくは、「花」(カ)(音読み)……植物の生殖器官です……を「そういうものは無い」「花(はな)が植物の花(はな)でいいじゃないか」とダマしているのが日本人の脳の働き方です。
 こういうとりちがえは、近代精神病理学では「精神分裂病」といいます。

[4806-2] 谷川うさ子 2017/09/18(月)19:50
   ●なるほど!!ナットク!日本人には心のビョーキの人は誰もいないという証拠とは

 精神病理学は「名詞文」「抽象名詞文」を言葉とする社会で成立する学的知性です。
 日本人の使う日本語は、「動詞文の動詞」だけです。概念としての名詞、抽象名詞は、日本人の働かせる脳の言語野(ブローカー言語野)には存在しません。
 したがって、be動詞、sein動詞をベースとする欧米社会では精神分裂病は、正しく存在します。
 日本人の中には、ごくごく少数の人にしか精神分裂病は存在しないのです。
 だから、どんな異常な言葉も行いも、行動も、ごく普通のことであるとみなされます。
 こういうことを証拠だてて証言するのが『母型論』(贈与論)です。

・日本人の「目」「耳」は「言葉が聞こえない」「現実の事実が見えない」という脳の働き方をごく普通のことにしています。だから、どんな有益な知性の言葉もバカ扱いして、イバって足蹴りにします!

 『母型論』(贈与論)が裏付ける日本人のデタラメ言葉の一つ、一つ、そしてぺちゃくちゃと意味不明のことをもっともらしくしゃべるデタラメしゃべりをつくる脳の働き方を説明します。

 脳は、左脳と右脳とに分かれており、この左脳、右脳のそれぞれに「視覚野」と「聴覚野」があります。
 こまかいしくみを省略すると、日本人は、右脳の「視覚野」と「聴覚野」を働かせています。
 右脳の視覚野は、ものごとのしくみ、成り立ち、特質、性質というものは見えません。見えるのは「色」「表面の形」だけです。
 だから、会話の相手は、「いない」と思います。ソッポを向いてしゃべるのが好例です。
 「右脳の聴覚野」は、風の音とか、虫の音のような自然音しか聞こえません。「話す言葉」(意味)などは全く聞こえないのです。
 聞いていても「聞いているフリ」をしているだけです。
 「今、言ったことはどういうことを言いましたか?」と問うと、「分かりません」と言うか、憶えている言葉のいくつかをガラガラとむすびつけて奇妙な内容をデッチ上げるでしょう。

●残念!日本人の人の話すことを全く理解できない変わらない歴史とは

 こういうことは、古代の日本人からずっとつづいてきていることです。現代の日本人は「ネットで調べた」と「調べる」という言葉を内扱いで壊していることがよく説明するように、自分の憶えている黙契(ウソの言葉)に合うデタラメ言葉を検索して表示させているので、「現実を見よう」という自覚はすっかり消滅してしまっています。
 大正、昭和、平成の初めのころよりも、日本人の「ウソ話、デタラメしゃべり」はもっと広がり、もっと一般的になっています。

 今回の『谷川うさ子王国物語』パート・Y(シックス)(第7ヵ月め)は、こういうことをカリキュラムに立てて編集・構成しています。
 気に入っても入らなくても、精神病理学の手の届くところまで自覚のための学習になさってください。


<前の1件]


スレッド[4806]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2017/12/13 12:30] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子