谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[4821-3] 谷川うさ子 2017/11/02(木)10:40 修正時間切れ
●本はいっぱい買う!しかし一冊も読んだことはない、読めないのにまた本を買うというこの異常

 事例の「本が好き。本はどんどん買う。しかし読めば虚しい。読んだらゴミに捨てる」ことをつくる脳の働き方の異常は、最も日本人に多い脳の働き方の異常です。
 脳の働き方は、「目で見る」という視覚の異常をあらわします。仕事でも、日常生活でも、行動には「目的」(対象)があります。目は、この「目的」(対象)が見えなくなります。本に書いてある言葉のうち「目的」(対象)となる名詞、抽象名詞の言葉が見えないという異常が起こります。
 視覚と聴覚は脳の中ではつながっていいるので、当然「人の話す言葉も聞こえない」(名詞、抽象名詞の言葉は脳の中で消える。だから聞こえない)という視覚障害、聴覚障害を、日常のものとしています。当の本人がこのことに全く気がつかないので、「本を捨てる」といった異常をあらわしています。
 本はいっぱい買ってある、しかし、一冊の本の3分の1まで読んだ本は一冊も無い、ということと、「本を次々にゴミに捨てる」という脳の働き方は同じです。

●「人の目が気になる」のは、日本人にとってごくごく普通の異常です

 事例の四つ目は、「人の目が気になる。仕事は3ヵ月で辞めた。以来、10年間家に居る」は「言葉というものは存在しない」「言葉に意味というものがあるはずがない」という脳の働き方の異常をあらわしています。ゼミの学習では妄想をつくる脳の働き方を学習しましょう。



[2017/11/25 09:17] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子