谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[4822] 「座間市・短期間連続強姦殺人・遺体解体事件」と「人の目が気になる」「手が震える」と共通する脳の働き方の異常 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/11/03(金)16:33
[4822-1] 「座間市・短期間連続強姦殺人・遺体解体事件」と「人の目が気になる」「手が震える」と共通する脳の働き方の異常 谷川うさ子 2017/11/03(金)16:31
          平成29年10月31日。
       神奈川県座間市で
       9人の男女を殺害して
       遺体を解体した容疑で
       白石隆浩容疑者
       (27歳)が逮捕された。
       この事件は、日本人の
       脳の働き方の異常の
       好例だ。
       「人の目が気になる」「人が
       見ていないのに字を書くと
       手が震える」という
       異常と共通している。
       「母系制」がつくって
       いる脳の働き方の
       異常ということを、
       ポルソナーレの現ゼミ生の
       以外は、誰も理解できない。


●「座間市・連続短期集中殺人・遺体解体事件」の正しい理解の仕方

 平成29年10月31日に逮捕された白石隆浩容疑者(27歳)の容疑は、男性1人、女性8人を殺害し、遺体を解体して遺棄したというものだ。
 過去にも連続殺人事例は多くあるが、今回の白石容疑者が引き起こしたとされている事件は、「インターネット」を使い、「ツイッター」で殺害相手を探してメールで接触し、初めて会い、すぐに殺害したことが違っている。

 新聞などの報道は、このことをどの新聞も指摘しない。
 日本人の多くの殺害事件は、病的であって、しかし理由も原因もよく分からないとされているケースが多い。
 長崎県佐世保市の「女子高校生による友人女性の殺害」や「名古屋の女子大生による人を殺してみたいから知人女性を殺害した」「寝ている母親の首を絞めて殺害した女子高校生」などだ。
 これらの事件の延長にあって、しかし全く新しい脳の働き方の異常をあらわしているのが「神奈川県座間市・短期間集中強姦殺人・遺体解体事件」である。

●「母系制」の異常の脳の働き方の典型である

 吉本隆明の『母型論』(贈与論・思潮社)が証言するのは、日本人は脳の働き方の異常をつくっている、ということだ。
 脳の働き方の異常とは「右脳の視覚野」「右脳の聴覚野」しか働かないということが典型である。
 「右脳の視覚野」は人間でも物でも、日常の中の生活でも、そして仕事のことでも、色とか形とか手触りの触覚などしか見えない。
 ジョン・ロックが「ものの第二の性質」というものしか見えない。
 事実や事実関係など、名詞や抽象名詞の「概念」に当ることは全く見えない。視覚障害ということだ。
 多くの日本人は、自分が見ているものがものごとの全てであると思っている。しかし、正しくは、ものごとの表面しか見えていない。
 ものごとの意味とか違い、差異などは見えない(盲目である)。

[4822-2] 谷川うさ子 2017/11/03(金)16:31
    「右脳の聴覚野」だけしか働いていない日本人の「聞く」「話す」という聴覚の脳の働き方はもっと悲惨である。
 人間のしゃべることの中でとりわけ「名詞」「抽象名詞」の言葉は耳で聞いていても全く聞こえないのである。
 やった、のんだ、食べた、した、見た、聞いた、など「動詞の言葉」しか聞こえない。
 この脳の働き方の異常は「文字」や「言葉」の局面で起こる。
 「人の前で字を書くと手が震える」「人がいないのに書類に字を書くと手が震える」、そして「人の目が気になる」「人から見られていると思うと、家の外に出ることができない」、などが脳の働き方の異常だ。
 
●最大の問題は「ツイッター」という触媒が脳の働き方を異常のみに固定

 「神奈川県・座間市、短期間集中強姦殺人、遺体解体遺棄事件」の容疑者、白石隆浩(27歳)は、インターネットの「ツイッター」で「自殺したい女性」を探して、「一緒にいてあげる」とか「首を吊ればいい」といったような内容の通信を送り、そして会い、すぐに殺害した。
 ここで特質されるのは殺害する前に、全員の女性かどうかは不明だが、「強姦した」と供述していることだ。
 これは、男性の脳の働き方の異常を測定するにあたり、重要な「行動の仕方」になる。
 白石隆浩容疑者(27歳)の脳の働き方は、『右脳・実像』の「Y経路」(ゲシュタルト形態認知)が全く働いていない。止まっている。
 これはどういう異常をつくり出すのか?というと、「目の前に人間がいても見えない」「存在しない」という視覚障害をつくる。
 だから、ツイッターで交流する人物は、たしかに「おしゃべりふうに会話をしている」けれども、「実在としての女性」「氏名をもって現実の中に生きている」、そういう対象としての女性は「存在しない」と認知している。
 これは「人の前で字を書くと手が震える」の脳の働き方と同じである。「人の前で字を書くと手が震える人」は、とくに、音読みの漢字・漢語は「存在しない」「読めればいい」「意味など存在しない」と主観的に思っている。
 日本語の「動詞文の動詞」がつくる脳の働き方の異常が根本の土台にある。
 「動詞文の動詞」とは、英語の文型でいうと「S+V+O+C」の「O」(名詞・抽象名詞)の言葉が無いということだ。
 「C」とは形容詞のことだ。日本語の動詞文の「動詞」とは、形容詞の言葉も無いということだ。ものごとを説明するにあたり「5W1H」の「どのように」の言葉が存在しない。

●日本人がスマホ、パソコンの画面を見るとは、どういう異常が当り前になるのか

 日本人がインターネットを使うにあたり、「スマホ」なり「パソコン」なりのディスプレー(画面)に表示させるだろう。
 このとき、「検索」(日本人はこれを「調べる」という作為の言葉で言い表す)するときは、「動詞の言葉」と「読めればいい、意味など存在しない」「意味はテキトーにデッチ上げて作り変えていい」とした「文」なり「画像」の説明文である。
 「人は存在しない」「人の言葉など存在しない」という『右脳・実像』の視覚、聴覚の異常な働きは『右脳・虚像』(X経路言語野)に内扱いでブチ壊したイメージをつくる。もしくは現実をブチ壊したイメージを表象させる。
 これが「人の目が気になって、家の外に一歩も出れない」の異常なのだ。

[4822-3] 谷川うさ子 2017/11/03(金)16:33
   ●白石容疑者の脳の働き方の異常とはこういうものである

 白石隆浩容疑者は、男性の特質の性の欲にもとづく行動を起こしている。男性は「性の行動」に必ず言葉を必要としてこの言葉を家の外(社会)で学ぶ。
 このとき母親が「ス・サス」のデタラメ言葉を男性に教えていれば、その男性は、女性に向けて必ずデタラメ言葉をしゃべる。
 白石隆浩容疑者は、このデタラメ言葉を「風俗スカウト」でしゃべった。そして逮捕された。

 「人がいないのに手が震える男性」と同じことが起こった。
 「お前のしゃべることは法律違反だよ」と言われて言葉をなくした。
 しかし「性の欲の行動」だけはある。
 「現実の女性は存在しない」「言葉は無いのに性の欲と行動はある」「性の行動を押しすすめると、手が震えるのと同じように現実を壊す(殺害する)」として、性の欲(GnRH)が喚起しつづける限り「死んだ願望」をもつ女性は「すでに死んでいるも同然」と作為的に解釈して殺害した。
 これが吉本隆明が『母型論』(贈与論)で証言する「母系制の異常」のあるがままの実体なのである。


<前の1件]


スレッド[4822]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2017/11/25 09:16] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子