谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[4822-3] 谷川うさ子 2017/11/03(金)16:33 修正時間切れ
●白石容疑者の脳の働き方の異常とはこういうものである

 白石隆浩容疑者は、男性の特質の性の欲にもとづく行動を起こしている。男性は「性の行動」に必ず言葉を必要としてこの言葉を家の外(社会)で学ぶ。
 このとき母親が「ス・サス」のデタラメ言葉を男性に教えていれば、その男性は、女性に向けて必ずデタラメ言葉をしゃべる。
 白石隆浩容疑者は、このデタラメ言葉を「風俗スカウト」でしゃべった。そして逮捕された。

 「人がいないのに手が震える男性」と同じことが起こった。
 「お前のしゃべることは法律違反だよ」と言われて言葉をなくした。
 しかし「性の欲の行動」だけはある。
 「現実の女性は存在しない」「言葉は無いのに性の欲と行動はある」「性の行動を押しすすめると、手が震えるのと同じように現実を壊す(殺害する)」として、性の欲(GnRH)が喚起しつづける限り「死んだ願望」をもつ女性は「すでに死んでいるも同然」と作為的に解釈して殺害した。
 これが吉本隆明が『母型論』(贈与論)で証言する「母系制の異常」のあるがままの実体なのである。



[2017/11/25 09:17] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子