谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[4829] 「座間市・9人殺害遺棄事件」がケーススタディです。この事件の本質は、日本人の脳の働き方の異常が「スマホ」(パソコン)を「見る」「聞く」行動で増幅したことにあります! 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/11/26(日)17:34
[4829-1] 「座間市・9人殺害遺棄事件」がケーススタディです。この事件の本質は、日本人の脳の働き方の異常が「スマホ」(パソコン)を「見る」「聞く」行動で増幅したことにあります! 谷川うさ子 2017/11/26(日)17:34
          「座間市事件」は、平成29年
       10月31日に発覚した。
       この事件を「加害者」と
       「被害者」の両方の
       観点から説明するのは、
       ゆいいつポルソナーレの
       カウンセリング・ゼミだけである。
       ポルソナーレのカウンセリング・
       ゼミが現ゼミ生と一緒に
       十数年の歳月をかけて
       明らかにした日本人の脳の働き方の
       異常を、誰の目にも
       分かるように直視していただく。


●日本人はスマホを安易に見つづけてはいけません。言葉、行動の異常が倍増するからです。代わりに音読みの意味を調べましょう。そうすれば精神・身体が健康になります。

 まず、人間の脳の働き方(言葉の生成のしくみ)の観点から「AI」(人工知能・ロボット)の本質を説明する。

 「AI」(人工知能)というと人間の脳の働き方に匹敵するものだと思われている。
 そんなふうに思うのは、いくつかの商品とか、人間の労働力の代理になるという利害の立場からはしごくもっともなとらえ方だ。
 しかし、「AI」(したがってスマホ、パソコンも)の本質は、人間の脳の中の「右脳・実像」の目、耳、手(足腰ではない)の代理機能でしかない。
 吉本隆明は「個体・家族・共同性としての人間」(『情況への発言』徳間書店、所収)で説明している「感覚の知覚」「知覚の認知」という、いわば「ハード」(器・うつわ)の機能を拡張したものだ。哲学ふうのいいかたをすると「時間性の機能」を拡張するという媒体である。
 人間の「足・腰による動き、手の触知」のもつ「空間認知」は無い。だから仮想空間(バーチャル)と名付けられている。

●いくつ知っている?名詞、抽象名詞の言葉総ざらい

 人間の脳は「行動」をつくり出す。この「行動」は、「時間性」と「空間性」で成り立っている。
 人間の生きる「現実」(社会)は「空間性」で成り立っている。
 空間性とは何か?というと、英文の文型の「S+V+O+C」の「O」と「C」のことだ。「O」と「C」は、概念もしくは規範という。
 「AI」(人工知能)には、この「空間性」の知覚はあっても、しかし、認知は無い。あると思うのはゲームとこれに類する人工知能の働きを見て、単に錯覚しているだけである。

●要チェック!スマホ、パソコンの画面を「見る」「聞く」ともともとの異常が倍増することの教訓「座間事件」

 この錯覚を実証したのが「座間市事件」である。
 この事件の核心は、日本人の脳の働き方は、日本語の動詞文には「S+V+O+C」の「O」も「C」も存在しないという異常が「スマホ」(パソコン)の画面を「見る」「聞く」ことで、異常のとおりに変化したことにある。
 これが「日本語には、空間性が無く、時間性がないこと」の証明になる。

 人間の「時間性」はどこから生じるのか。それは「欲の脳の視床下部」である。
 「食の欲」(食べたい、食べたくない)と「性の欲」がつくる。
 「食の欲」は、「食べたい」と「食べたくない」の二つに分かれる。
 「性の欲」は、「生殖としての性」と「対幻想」(共同幻想)の性との二つに分かれる。
 この「性」についての説明は、吉本隆明がおこなっている。
 欧米人は、「対幻想」と「共同幻想」を「S+V+O+C」(be動詞)の「O」と「C」でつくってきた。脳の言語野の「ブローカー言語野・Y経路の言語領域」の働きによる。 
 日本人は、「O」も「C」も無い。あると思うのが日本人の作為である。「訓読み」とか、「日本語式の漢字・漢語」が日本人の作為思考の証拠である。

[4829-2] 谷川うさ子 2017/11/26(日)17:34
   ●信じられない!「母系制」の異常が、脳の働き方をマニュアル化している!

 ここから、日本人にだけ特有の脳の働き方の異常がつくられる。
 「S+V+O+C」の「O」(名詞、抽象名詞)と「C」(形容詞)が無いのに一体、どのようにして行動を成り立たせるのか。
 この「O」と「C」を「意味不明」「行動のための記号、標識」によって「偽(ぎ)の名詞、抽象名詞、形容詞」をデッチ上げている。

 この異常は、女性(母親)による子ども、夫への言葉の無視、否定としてあらわれる。
 「外側核タイプ」という。
 これが、「座間市事件」の被害者の女性(複数)である。
 加害者の男性は、本当ならば、ニートか引きこもりになるところだった。だが、母親から「言葉」を壊されてデタラメをしゃべる脳の働き方になった。
 法律違反の言葉のことだ。デタラメをしゃべることは改善されることはなかった。「性の欲」がそのために温存された。これが殺害の原因と動機になった。

●知っておくべき!スマホ、パソコンの画面の見聞きは「右脳・実像」の知覚の認知を異常に変えるリスク一覧

 今回のトレーニング・ペーパーのテキストは、「スマホ」(パソコン)が、「右脳・実像」の働き方をどのように変化させて、日本人の脳の働き方の異常を二倍、四倍、八倍と増幅させたのか?をわかりやすく説明している。
 このテキストの学習で「座間市事件」がよく理解できる人は、認知症(痴呆症)を回避できるだろう。
 
 「何のことやら・・」「何を言っているのか、サッパリ」と内面で拒否する人は、加害者の女性(複数)と同じように、「こんなはずじゃなかった」と誰もが残念に思う日がこないともかぎらない。


<前の1件]


スレッド[4829]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2017/12/12 13:34] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子