谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[4829-2] 谷川うさ子 2017/11/26(日)17:34 修正時間切れ
●信じられない!「母系制」の異常が、脳の働き方をマニュアル化している!

 ここから、日本人にだけ特有の脳の働き方の異常がつくられる。
 「S+V+O+C」の「O」(名詞、抽象名詞)と「C」(形容詞)が無いのに一体、どのようにして行動を成り立たせるのか。
 この「O」と「C」を「意味不明」「行動のための記号、標識」によって「偽(ぎ)の名詞、抽象名詞、形容詞」をデッチ上げている。

 この異常は、女性(母親)による子ども、夫への言葉の無視、否定としてあらわれる。
 「外側核タイプ」という。
 これが、「座間市事件」の被害者の女性(複数)である。
 加害者の男性は、本当ならば、ニートか引きこもりになるところだった。だが、母親から「言葉」を壊されてデタラメをしゃべる脳の働き方になった。
 法律違反の言葉のことだ。デタラメをしゃべることは改善されることはなかった。「性の欲」がそのために温存された。これが殺害の原因と動機になった。

●知っておくべき!スマホ、パソコンの画面の見聞きは「右脳・実像」の知覚の認知を異常に変えるリスク一覧

 今回のトレーニング・ペーパーのテキストは、「スマホ」(パソコン)が、「右脳・実像」の働き方をどのように変化させて、日本人の脳の働き方の異常を二倍、四倍、八倍と増幅させたのか?をわかりやすく説明している。
 このテキストの学習で「座間市事件」がよく理解できる人は、認知症(痴呆症)を回避できるだろう。
 
 「何のことやら・・」「何を言っているのか、サッパリ」と内面で拒否する人は、加害者の女性(複数)と同じように、「こんなはずじゃなかった」と誰もが残念に思う日がこないともかぎらない。



[2017/12/12 13:32] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子