谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[4832] 「座間市事件」の教訓と問題提起 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/12/01(金)09:57
[4832-1] 「座間市事件」の教訓と問題提起 谷川うさ子 2017/12/01(金)09:54
   「座間市事件」は、「スマホ」(パソコン)の「画面を見つづける」ことがつくり出した


       「座間市事件」(平成
       29年10月31日発覚)では
       加害者(男性、27歳)、
       被害者(女性8人、男性
       1人)ともに「スマホ」
       (パソコン)の「画面」を
       「見つづける」ことが
       加害、被害という
       行動をつくり出した。
       共通の脳の働き方は
       「強迫神経症」である。


●意外!「座間市事件」の加害者、被害者は強迫神経症

 平成29年10月31日に発覚した「座間市事件」は、「強迫観念」というイメージが脳の中にいつも思い浮んでいる人が、加害者となり、被害者になった事件である。
 では、「強迫観念」とはどういうものか。
 平成29年11月27日付の「夕刊フジ」による報道を参考にして考えてみる。

 平成29年11月25日、午後5時55分ごろ。
 札幌市東区の路上で、歩いて帰宅中の女性(20代)会社員が背中を包丁で刺された。1〜2ヵ月の重傷を負った。
 北海道警は、札幌市内の中学1年生の男子生徒(12歳)を児童福祉法にもとづいて、「要保護児童」として札幌児童相談所に通告した。
 男子生徒は、事件への関与を認めている。被害女性との面識はない。
 複数の防犯力をもつ映像から、男子生徒は、数百メートル離れた商業施設の付近から女性の後をつけたと見られる。
 男子生徒の自宅からは、事件に使われたとみられる包丁のケースが押収された。
 「人が死んでいるところや殺すことを想像していた」と男子生徒は供述している。

●日本人は誰でも「人を破壊する強迫観念」を普通に思い浮べる

 この報道でいうと「人が死んでいるところや人を殺すことを想像していた」の「想像していたイメージ」が「強迫観念」である。
 ここでは「人が死んでいるところ」「人を殺すこと」という想像のイメージが「強迫観念」である。
 そして「面識のない20代女性」を商業施設から数百メートルほど後をつけて、「想像したイメージ」にしたがって女性の背後から背中を「包丁で切りつけた」という「行動」が強迫神経症である。

●「スマホ」(パソコン)の画面が暴露!日本人の誰もが思い浮べている「強迫観念」の典型

 このように事件をケーススタディにとりあげると、「強迫観念」も「強迫神経症」も、きわめて特殊な「想像」とその「イメージ」のことだと思う人は多い。
 だが、強迫観念も強迫神経症も日本人にとってはごく普通に脳の中に思い浮ぶイメージのことである。
 貝谷久宣は『脳内不安物質』(講談社)で次のような事例を紹介する。

[4832-2] 谷川うさ子 2017/12/01(金)09:55
    Bさん。27歳の女性。主婦である。
 ある日、実家の母親から小さい頃よくかわいがってくれた高齢の女性が亡くなったことを電話の話の中で聞いた。
 このとき、病気で苦しい思いをしている亡くなった高齢の女性の顔が思い浮んだ。
 ある日の朝、歯を磨いているときその高齢の女性の顔が思い浮んだ。
 このまま歯の磨きを終えると胸が苦しくなるのではないか、体に不調が起こるのではないか?と考えた。Bさんは、歯を磨き直した。
 高齢の女性の顔のイメージが消えるまで、歯を磨きつづけた。
 Bさんは、朝50回くらい歯を磨くようになった。
 夫が出勤した後も歯を磨きつづけるようになった。
 この歯を磨きつづける原因の高齢の女性の顔のイメージは「外出ができなくなる」「食事のしたくもできなくなる」ということまで拡大した。
 このBさんの想像するイメージは自分の意思に反して生じるから「強迫観念」である。
 Bさんは、この「強迫観念」をもったまま行動すると自分の身体にトラブルが迫ってくるという観念をもっている。
 そのために「強迫観念」のイメージとは離れた行動とその完成を目的にして繰り返し繰り返しの行動をあらわしている。
 Bさんの歯磨きの繰り返し行動が「強迫行為」、すなわち「強迫神経症」である。
 
●テクノロジー時代の誰もが知っておくべき「日本人の強迫観念と強迫神経症」は脳の中でこのようにつくられる

 ポルソナーレのカウンセリングも、カウンセリングの現場で、Bさんのような「強迫観念」と「強迫行為」(強迫神経症)を約40年間にわたって聞きつづけてきた。
 まず、「想像しているイメージ」が問題になると捉えた。
 そこで、リチャード・バンドラーの「イメージ療法」を応用して、Bさんのケースでいうと「思い浮ぶ高齢の女性のイメージ」を「小さくする」か「白黒のイメージにする」か「はるか遠くに見えるイメージに変える」というアドバイスをおこなう。当然、この対策は功を奏する。
 しかし、「そのような強迫のイメージを思い浮べる脳の働き方(ものの考え方)を社会教育の観点から改善しなければ、再び、強迫のイメージは思い浮ぶようになる」というアドバイスを受け容れない人が多い。

 現ゼミ生の皆様と一緒にカウンセリング・ゼミの中で十数年をかけて考察してみると、「強迫観念」は「右脳・ブローカー言語野・X経路・時間性の言語領域」に思い浮ぶことが分かる。「クローズ・アップ」で思い浮ぶ。「ウェルニッケ言語野」(触覚の知覚の言語野)とむすびついているので、思い浮ぶイメージは、自分の手足、足腰の知覚につながり、あたかもリアルのイメージであるかのように「これは事実だ」と錯覚されるのである。
 クローズアップのイメージがウェルニッケの触覚の知覚とむすびついて「強迫行為」(強迫神経症)が脳の中でつくり出される。

 「人間の行動」は脳の中のどこでつくられるのか?というと、「欲の脳」の「視床下部」である。ここに女性の性の欲の中枢(視索前野)、男性の性の欲の中枢(背内側核)がある。
 男性も女性も、「行動」を起こすには「視覚」のY経路(外側核)とX経路(腹内側核)の交感神経の働きを必要とする。

 視覚(聴覚も)は『右脳・実像』がつかさどる。
 この『右脳・実像』もY経路とX経路がセットで働いている。

 日本語(動詞文)は、『右脳・実像』のY経路が見えない。このY経路の対象は「名詞・抽象名詞」(形容詞)であるからだ。
 そこで「行動」をあらわす外側核は「外扱い」(近づかない、対象は無い)と認知する。
 しかし、「腹内側核」の「行動」は可能になっている。
 この「行動」はモノマネ(黙契)もしくは「強迫観念」である。

 この強迫観念が事例のBさん(女性)のような「高齢者の女性の顔」のイメージである。
 腹内側核の「内扱いの行動」は「ス・サス」でデタラメの行動になる。これが「強迫神経症」(強迫行為)である。

[4832-3] 谷川うさ子 2017/12/01(金)09:57
   ●「スマホ見ながら歩き」「パソコンの画面をしょっちゅう見る」は、強迫神経症である

 「スマートフォン」(スマホ)(パソコン)の「画面」を見るとは、「腹内側核」の行動だ。
 「外側核」止まりの人が「スマホ」の画面を見ると、「目、耳だけが腹内側核」にシフトする。これがバーチャルだ。
 「バーチャル」は足腰は動かない。
 
 この「足腰」を動かそうとしたのが「座間事件」だ。
 「スマホゾンビ」(スマホ見ながら歩き)は、「腹内側核」で「黙契(モノマネ)の行動」がつづいているので、その行動が「スマホの画面を見る」ことの視覚の認知(クローズアップ)が強迫観念となり、この強迫観念が、社会のモラルも壊すという「見ながら歩き」(強迫神経症)である。


<前の1件]


スレッド[4832]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2017/12/12 13:34] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子