谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[4841] 「座間市事件」「日馬富士引退事件」は、「スマホ」(パソコン)の「画面を見つづけること」がつくり出した。人生も生命も短縮する脳の働き方の事件である。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2017/12/29(金)16:25
[4841-1] 「座間市事件」「日馬富士引退事件」は、「スマホ」(パソコン)の「画面を見つづけること」がつくり出した。人生も生命も短縮する脳の働き方の事件である。 谷川うさ子 2017/12/29(金)16:24
          「座間市事件」(平成
       29年10月31日)と
       「大相撲・元横綱日馬
       富士引退事件」
       (平成29年10月25日)は、
       どちらも
       「スマホの画面を見つづけた
       こと」が
       発生させた日本人の脳の
       働き方の
       人生も生命も短縮するモデルである。

●日本人の動詞文は悲惨!「スマホの画面」を見る弊害を見ないフリをしている

 「スマホ」(パソコン)の画面を見つづけると、見つづけている人は明らかに異常を発生させている。このことは、誰もがよく知っている事実である。
 「スマホ見ながら歩き」「人と話している最中に、スマホを取り出して無意味に画面を眺める「人と会話をしているのに、スマホの画面に視線を向けつづけてしゃべっているけど相手の顔は見ない」などだ。
 「ゲーム依存症の人は、パソコンか、スマホの画面を1日10時間も見つづけている人もいる」、「学校から帰宅した女子高校生で、食事、入浴以外は、スマホの画面を見つづけている女子もいる」、といったふうだ。
 この「スマホの画面を見つづけること」の脳の働き方のつらなり(カテゴリー)に「座間市事件」「日馬富士引退事件」がある。

●知っている人だけが得する!スマホ(パソコン)を見る脳の働き方のしくみ

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、現ゼミ生の皆様のお力添えをいただいて、「スマホの画面を見る」(パソコンの画面を見ることも)とは、一体、どういうことをいうのか?どういう脳の働き方がおこなわれているのか?また日本人の場合、どういう異常な脳の働き方をつくり出しているのか?について一緒に考えて明らかにした。

 「スマホの画面を見る」「パソコンの画面を見る」というときは、人間の「眼」の働きのことをいう。
 「眼」とは「視覚」のことだ。

●分かりすぎる!目の働き方「感覚の知覚」

 今、ここにリンゴの赤い実があるとする。このリンゴを目で見たときの「見る」を「感覚の知覚」という。「感覚の知覚」は、吉本隆明が「個体・家族・共同性としての人間」(『情況への発言』徳間書店)で説明している。
 目を開けて見ればリンゴが目に入る。目を閉じればリンゴは見えない。また目を開けるとリンゴの赤い実が見える。目を開ければリンゴを見る、目をつむるとリンゴは、見えなくなる。
 この「感覚」の「知覚」が受け取ったり、遮断して見えなくするというのが「感覚の知覚」である。
 生理的に見るというのが「感覚」だ。光や色の刺激を受容するのが「知覚」である。
 この見える、見えないという脳の働きは、右脳の『実像』という部位でおこなう。

●日本人が知っておくべき「目の働き方・感覚の知覚」

 「感覚の知覚」の性質は、「遠くのものを見る」ということだ。
 「遠くのもの」とは、「背景」とか「状況」のことだ。朝、窓のカーテンを開けて外の景色を見るというときは「遠くのもの」(状況、背景)を見ている。
 「遠くのものを見る」とは、自律神経の交感神経の働きによる。「散瞳」という。
 目や耳の知覚を働かせる交感神経は「Y経路」という。
 「Y経路」については、大脳生理学の本に書いてある。

[4841-2] 谷川うさ子 2017/12/29(金)16:24
   ●初心者必見!人間の行動は「性の欲」がつくる「行動の意識」

 ところで、人間が行動を起こすのは、視床下部の「欲の脳」である。とくに「性の欲」が人間の行動を生成する。このことは、吉本隆明が「個体・家族・共同性としての人間」(『情況への発言』所収)に、「対幻想」と「共同幻想」の生成のしくみは「性の欲」がつくるとくわしく説明している。
 「男性の性」と「女性の性」は、視床下部の中で、前者が「背内側核」、後者が「視索前野」と異なっている。男性の性欲の中枢は「交感神経」の中枢である。
 女性は、副交感神経の中枢である。この交感神経と副交感神経の違いが「母系制」の根拠になっている。
 この女性と男性の脳の働き方の違いが「座間市事件」の加害者の動機と被害女性(複数)の殺害された原因をつくり出している。
 欲の脳の「視床下部」で目(耳も)の「行動」をつくり出すのは「外側核」と「腹内側核」である。
 「性の欲」は、男性も女性も、人間社会の中で行動するための「行動」をつくる。だから、幼児も高齢者も、行動のためには、「背内側核」(男性)、および「視索前野」(女性)のつくる行動の仕方が病気か、それとも健康かの違いとなってあらわれるのである。

●知っておくべき!性の欲と「目の働き方」の関係の驚くべきメカニズム

 男性は、家の外で性の欲の対象を志向する。この「性の欲」のつくる行動はどういうものか?を決定するのが「外側核」である。
 外側核は「食べたい欲」の中枢である。だから、性の対象とか、社会とか、およそ現実というものを「遠くのもの」と認知する。
 目の「感覚の知覚」のY経路(交感神経)の働きとむすびついている。
 欧米人は、この「外側核」によって「S+V+O+C」の「O」「C」の思考をつくってきた。
 日本人は、「外側核」で「外扱い」という認知と思考の仕方をつくってきた。
 欧米人と日本人のこの違いは、何か?というと、日本語は「動詞文」であるからだ。
 「O」「C」とは、「名詞」「抽象名詞」「形容詞」のことだ。ただし、概念としての名詞、抽象名詞のことである。日本人が心身の病気を予防したり改善するために必要な知識である。
 日本語の動詞文の「動詞」とは「已然」「未然」といわれているように、「自分にとっての行動(見ること、聞くこと)の言葉」しかない。
 日本人が「名詞」「抽象名詞」と思い込んでいる言葉は、「偽」(ぎ)の名詞、抽象名詞、形容詞のことだ。「品詞の転成」や「訓読み」や「日本式の漢字、漢語」で言い表わされる名詞、抽象名詞、形容詞のことである。
 だから英文型の「S+V+O+C」の「O」「C」は無い。
 「無い」が「外扱い」(近づかない)の本質なのである。不登校、ニートの原因である。

●日本人が知っておくべき「O」「C」のカテゴリーの内容(ゲシュタルト形態)

 では「O」「C」とは、何のことか?「ゲシュタルト形態原理」のことだ。
 「統合原理」(ものごとをグループとして認知する。ゲシュタルト統合という。視覚配列など)、「動きのプラグナンツ」(論理性、規則性、対称的知覚)、「類似性」「三次元の表象」などが「ゲシュタルト形態」である。
 これらは全て「目で見る」という「知覚」がつくり出す。
 このゲシュタルトの形態を「認知する」のが「知覚の認知」である。「近くを見る」という「縮瞳」がつくり出す。「縮瞳」は副交感神経の働きによる。目の視覚神経では「X経路」という。「X経路」は、「近くを見る」(自己と接触している近くのことである)から「S+V+O+C」の「S」「V」を表象する。「自己」と自己の「行動」の表象だから「主体」というのである。
 英文では「X経路」が「S+V+O+C」を完成する(『虚像』でモラルを表象する)。
 日本語では、「已然」と「未然」の「動詞文」を完成する。

●「スマホ」「パソコン」の画面を見るだけじゃダメ!脳の中の「視覚」と「聴覚」のきわめて人間的な関係

 「S+V+O+C」の「S」「V」は「O」「C」にたいして何をするのか?というと「S」「V」にとって「O」「C」はカテゴリーである。「述語」という。ふつうにいうと「説明」のことだ。
 「説明」とは「分かる」(認識の元)のことだ。
 だから、この「X経路」とは「聴覚」のことである。
 「目で見る」とは、「聴覚」が「視覚」を「分かる」ことをいう。
 「聴覚」とは、単に音を分かるというのではない。「伝える」「説明する」「記号性を表す」のが「聴覚」の本質である。
 「モールス信号」を見ればよく得心される。
 「聴覚」は、「視覚のゲシュタルト」の形態の統合、規則性、類似性という「概念」を認知するのである。
 「スマホ」の「画面」を目で見るとは、「X経路」の聴覚によって「視覚が知覚したゲシュタルト形態の『概念性』を表示させる」ことをいうのである。

[4841-3] 谷川うさ子 2017/12/29(金)16:25
   ●スマホ、パソコンだけじゃ危険!人間としての判断力、説明力、思考の能力の全てを崩壊させる「画面を見ること」

 「スマホ」(パソコン)の「画面」を「見る」とは、「聴覚」(X経路)による「表示」のことである。
 「スマホ」(パソコン)ではゲシュタルト形態を「見る」という脳の働き方は無い。
 ここが「テレビを観る」「映画を視る」「写真を見る」の「見る」とは決定的に違うところだ。テレビも映画も写真にも、「目で見る」のY経路(ゲシュタルト形態)が対象として存在する。「O」「C」を「見る」のだ。
 しかし「スマホ」(パソコン)の画面は、「検索」という言葉があらわすように、「自分が見たいもの」を選び、特定化して表示させる。
 この「検索」を、日本人は「調べる」とか「検索をかける」という言い方をする。
 「O」「C」(ゲシュタルト形態)を無い、もしくは否定的にとらえる言い方が日本人の「ネットで調べる」「ネットに検索をかける」という言い方である。
 「O」「C」(ゲシュタルト形態)を「外扱い」で無いとする、近づかないので思いつきの言葉で言い表すことを主観という。
 主観とは「法則性」「規則性」が無いということだ。
 こういうものを「検索をかけて、調べて表示させる」ので「スマホ」(パソコン)の「画面を見る」(聴覚一辺倒の表示)である。

●思わず共感!スマホ画面見つづけは「目で見る視覚の障害」が起こり、次に「耳で聞く聴覚の障害」が起こって生きる屍(しかばね)になる

 この脳の働き方は欧米人も同じだ。日本人は、もっと極端な「聴覚一辺倒」の画面の見方になる。
 だから、日本人が「スマホの画面を見る」とは、「ゲシュタルト喪失」の「視覚障害」と、人の話、社会の言葉が全く聴こえなくなる、聞いているフリをするという言葉の不明の「聴覚異常」(強迫観念、妄想が、バーチャル視覚+聴覚として表示される)を「画面」に表示させる。
 日本人は「自らのもつ強迫観念と一致する言葉」を「調べる」、「検索にかけて、これを聞く(見る)」のである。

 平成29年12月28日の日本経済新聞の一面に、日立製作所会長、中西宏明がインタヴューに答えてこう語っている。
 「人工知能(AI)は人を幸せにする。技術革新は製品の価格を下げる、誰にも使える世界を生み出す。パソコン、スマホがそうだ。仕事、余暇の選択肢が増えるメリットが大きい」。
 この発言は、スマホ依存症、ゲーム依存症で学校にも社会にも出ない若い世代の人々の前で、なおも同じことを言えるのか?という問題をはらんでいるのである。


<前の1件]


スレッド[4841]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2018/06/19 15:18] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子