谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[4845] スマホ、パソコンの「画面」は、「突然変異脳」に変える 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/01/26(金)14:20
[4845-1] スマホ、パソコンの「画面」は、「突然変異脳」に変える 谷川うさ子 2018/01/26(金)14:20
    平成30年1月の二回目のポルソナーレのカウンセリング・ゼミの主な内容をご案内します。

■テクノロジー時代は、人間の脳を「突然変異脳」に変える!

◎働いている人の見る「画面」は、「バーチャル精神病棟」になる!

◎ニート状態の人の見る「画面」は、「バーチャル強制収容所」になる!

■サラリーマンなど、勤め人の人が、スマホ、パソコンの画面を見ると、現実(ゲシュタルト形態・視覚)が消えています。仕事などの現実は、高いビルから見た地上までの距離、位置関係にたとえられます。現実を正しく見ることができる人は「高所恐怖症」にはなりません。
 現実というゲシュタルト形態の像をつくれる人は、正しく現実にとりくめます。

 日本人の多くの人は、職をもっていて働いています。この働いている人がスマホ、パソコンの画面を見ると「高い所」(ビルの屋上など)は「地上を見ない」、「楽園に変わる」「自分は王様気分になる」のです。ゲシュタルト形態の知覚の中にある「モラル」が消えて不正行為を行うようになります。自分を「廃棄物」に変えます。

■ニート状態にある人が「スマホ」「パソコン」の画面を見ると現実というゲシュタルト形態(視覚の知覚)を遮断して狭い部屋に閉じこもっている状態なので、「閉所恐怖症」と同じ脳の働き方になります。

 現実と関わりを持たないというのが「閉所恐怖症」です。スマホ、パソコンの以前は、現実は、目に入ってくるので「不安」とか「恐怖」という思いがありました。葛藤があったのです。

 ニート状態の人が「スマホ」「パソコン」の「画面」を見ると、画面は、視覚のゲシュタルト形態の内容の「法則性」を無いものとして消去します。それは快楽の部屋に変えることで「バーチャル閉所恐怖症」とするという仕方です。「バーチャル閉所恐怖症」は、快楽にあふれているので、ドーパミンの快感にしびれます。これが「依存」です。

 だから、スマホ、パソコンを取り上げると、「バーチャル狭い部屋」は電気が消えてまっ暗になって、孤立を実感するのです。だから暴れる、親を殴る、自殺未遂を起こすのです。

◎ポルソナーレは脳の働き方から見た改善の仕方をレクチュアしています。お困りの方はこちらへどうぞ。
http://www.porsonale-seminar.com/


<前の1件]


スレッド[4845]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2018/10/22 22:54] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子