谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[4849] 「スマホ」「パソコン」の「画面を見ること」が、「廃棄物」に変わり、「廃人」になる脳の働き方 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/02/03(土)11:38
[4849-1] 「スマホ」「パソコン」の「画面を見ること」が、「廃棄物」に変わり、「廃人」になる脳の働き方 谷川うさ子 2018/02/03(土)11:33
          スマホ、パソコンの
       画面を「見る」
       とは、「聴覚」が
       つくる像を
       見ている。
       日本語の動詞文の
       「ル・ラル」
       (外扱い)と
       「ス・サス」
       (内扱い)で画面を見ると、
       自分を「廃棄
       物」に変え、
       やがて「廃人」に
       変える。


●スマホ、パソコンの画面を見つづけると脳の中に恐るべきことが起こる

 「会社員など、働いている人がスマホ、パソコンの画面を見つづけると、自分を廃棄物にしてえしまう脳の働き方に変わる」とは、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが解明した見解。
 昨年、平成29年の夏から秋、冬にかけて「スマホ」「パソコン」の画面を見ることで起こったのが「座間市事件」だ。被害者の女性らは「死にたい」とネット上に書き込み、「殺してあげるよ」と容疑者の男性は、「スマホ」「パソコン」の画面に表示させた。スマホ、パソコンの画面表示を交流させて、女性8人、男性1人を殺害した。
 「スマホ」「パソコン」の画面を見つづけると、みるみる、驚くほどの速度で、自分を「廃棄物」に変え、次の段階の「廃人」の脳の働き方に変える。

●依存症になれば、肺、心臓、脳の機能がどんどん低下する!

 「スマホ、パソコンの画面を見るくらいで、廃棄物とか、廃人の脳の働き方に変わるというのは、ちょっと言い過ぎじゃないか?」と思うだろうか。
 ちっとも言い過ぎではない証拠や証明を説明するのが、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミだ。
 現ゼミ生の皆様と一緒に、日本人の脳の働き方のしくみ(言葉の生成のメカニズム)から、「スマホ」「パソコン」の画面を見ると脳の中ではどういうことが起こり、どういう働き方に変化するのか?を論理実証によって明らかにした。
 久里浜医療センター、樋口進院長の話。
 「小、中、高の子どもの場合、早ければ1週間で依存症になる。
 遅くても、1ヵ月だ。
 スマホ、パソコンを見つづける依存症は、エコノミークラス症候群(肺血栓塞栓症)を起こしやすい。
 肺の機能が低下して心臓に至る静脈にトラブルを起こすリスクが増える。視力低下、頭痛、肥満、腱鞘炎、骨の密度低下、などだ。血栓が固まりやすく、心臓疾患、脳梗塞をつくりやすくなる」。

[4849-2] 谷川うさ子 2018/02/03(土)11:38
   ●スマホ、パソコン「見ながら生活」は腎虚、血流障害になり、アレルギー疾患が広がる

 大久保愛(アイカ製薬代表取締役。薬剤師)の話。
 「サラリーマンが仕事などパソコンをいじり、家でもパソコンをいじる生活をつづけると、腎虚(じんきょ)、血流障害が起る。
 血流が悪くなり口の中の舌が乾燥する。目まい、不眠、アトピー性の皮膚炎、アレルギー症状が起こる。
 脳、目に腎虚、血流障害が起こる。
 テクノストレス(VDT)症候群といわれている」。
 注目されるのは、久里浜医療センターの樋口進院長の医療現場からの症例報告だ。
 「ネット依存症は、1週間で発症する。
 パソコンのオンラインゲーム、SNS、スマホのインスタグラム、動画などが依存症をつくる。
 子どもの依存症を止めさせようと、スマホ、パソコンを取り上げるとどうなるのか?
 大暴れする、親を殴る、自殺未遂する。
 子どもは、嫌だと思ったら絶対に治療を受けない」。

●ポルソナーレだけが、世界で唯一解明した依存症の脳の中の遊園地と快楽園

 誰もが、一体なぜ、「ネット依存症」なるものが起こるのか?と思うだろう。
 また、そもそも「ネットに依存する」とは、どういうことをいうのか?と考えるだろう。
 これを解明したのが、世界でも唯一、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミなのだ。
 これは、人間の脳の働き方を正しく理解できなければ、一生、死ぬまで何一つ分からず、テクノロジー時代になっている今、「ネット依存症」「テクノストレス(VDT)症候群」に陥って、10代、20代から認知症(痴呆症)の人生の日々を過すことは必定だ。
 スマホ、パソコンの画面を見つづけることは「テクノロジーのマトリックス」は現実の空間性の中の時間性を短縮するばかりじゃなくて、人生を短縮する。生きていく心身の生命の生きられる時間も大幅に短縮するのである。
 「スマホ」「パソコン」による「依存症」は、働いている人、ごく普通の一般人と、ニート状態の人(引きこもり、不登校、仕事の休職状態の人など)とでは脳の働き方が大きく違う。

●自分を廃棄物、廃人にしたい人が、スマホ、パソコンの画面を見る

 働いている人(一般の人)は、「バーチャル高所恐怖症」をつくるのだ。
 高い位置から地上を見ると自分が宙に浮いている感覚になる。
 英文型の「S+V+O+C」の「O」「C」と目の視覚(感覚の知覚)が地上でのプロセスを知覚しているので「落下している感覚」が『右脳・虚像』に思い浮ぶ。
 「スマホ」「パソコン」の画面を見るときは「見て分かる」を判断する「聴覚」が、「O」「C」をおもしろおかしい遊園地に変えるのだ。
 これを「バーチャル高所恐怖症」という。
 「O」「C」という現実との葛藤(悩み)は一切、無くなる。
 部屋を片付けない、入浴しない、など、自分をゴミと同じ状態に変える。
 「廃棄物」になる。
 ニート状態の人が「スマホ」「パソコン」の画面を見ると「右脳・虚像」は「バーチャル閉所恐怖症」に変わる。
 アルコール依存、麻薬依存と同じ脳内麻薬のドーパミンがあふれかえる。
 自分の部屋の中が快楽園に変わり、自分はイバリの王様に変身する。
 親がスマホ、パソコンを取り上げると、部屋の中は、まっ暗になる。何も見えない。何も聞えない。絶対的な孤立状態に陥る。
 だから、取り上げた親を殴り、暴れ、自殺未遂を起こすのだ。
 ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミだけが対策を教えている。
 効果と成果は、現ゼミ生の皆様が生き証人である。


<前の1件]


スレッド[4849]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2018/08/17 05:01] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子