谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[4852] スマホ、パソコンの画面を「見ること」は「自分を廃棄物」に変える! 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/02/09(金)17:09
[4852-1] スマホ、パソコンの画面を「見ること」は「自分を廃棄物」に変える! 谷川うさ子 2018/02/09(金)17:09
          AI(人工知能)が
       株価を予測したり、
       将棋や
       囲碁で人間のプロに
       勝ったり、
       医療ではがん
       診断に使われ
       始めているなど、
       テクノロジー
       経済の時代になった。
       「人の手が足り
       ない」から「働く人間」が
       いらない時代に
       なっている。
       しかし、本当の問題は、
       人間の脳が
       「自分を廃棄物に変える」
       ことにある。


●スマホ、パソコンの画面では、「聴覚」がつくる像を見ている!

 「スマホの画面を見る」「パソコンの画面を見る」というとき、誰もが「目で見ている」と思っている。
 目を開けて画面を見るのだから「目で見ている」と思っても正しいように思える。
 ところが、「スマホ」、「パソコン」の画面に限っては、「目の視覚」ではなくて、「音や声を聞く聴覚」が見るのだ。
 これが、人間の脳の働き方から理解した真実なのである。
 このことを正しく理解できると、「画面を見つづけること」がつくる「突然変異脳」という異常のしくみがよく分かって「治さなくっちゃ!」と考えることが可能になる。 
 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ以外、日本はもちろん、世界のどこでも「スマホ」「パソコン」の画面を見ると「3日間」で依存症に陥り、「1週間」でテクノストレス(VDT)症候群を発症することを警告する医療、教育機関はない。

●聴覚がつくる像は、日本語の動詞文がつくる。これをスマホ、パソコンの画面に見る

 「ある会社員の男性は、もともとガスの元栓を閉めたかどうか?が気になる強迫観念をつくっていました。会社で、冗談で盗聴器をつけると上司が自分のことを悪く言っていればすぐ分かる、と言いました。
 次の日、体調が悪くなり、仕事を休みました。このときスマホを買ったのです。
 スマホの画面を見たら、3日間で自分は盗聴器を取り付けられていると言い始めたのです」(熊野クマ江さんの話)。
 人間の脳の働きとは、「イメージ」をつくり出すことだ。
 このイメージは、「右脳は像をつくる」、「左脳は形象をつくる」というしくみになっている。
 このイメージ(像、形象)をつくるのが『右脳・実像』という部位の「視覚」(Y経路、交感神経)、「聴覚」(X経路、副交感神経)なのである。
 「日本語は動詞文です。動詞の言葉しか無いというのが日本語です。
 日本人が使っている名詞は偽(ぎ)の名詞です。動詞の言葉を品詞の転成で加工して作ったものです。だから日本人は行動の目的とか、対象は無いと思うか、いびつに歪んだ対象の言葉しか考えることができないのです。
 その結果、強迫観念とか、○○恐怖症とか、○○不安症の像が『右脳・虚像』の部位に思い浮ぶのです」
  (熊野クマ江さんの話)。

[4852-2] 谷川うさ子 2018/02/09(金)17:09
   ●多くの日本人は、スマホ、パソコンの画面を見て、たった3日間で自分を「廃棄物」にする脳の働きに変える!

 イメージ(像、形象)をつくるのが「聴覚」である。
 日本人は、「聴覚」がつくった形象(言葉、言語)のとおりに「見たいものの像」を『右脳・虚像』にイメージする。このイメージ(像)の内容を「スマホ」「パソコン」の画面に表示させて、視覚の「感覚の知覚」の「見る機能」を介してみるのだ。
 「AI(人工知能)は聴覚の機能が特化した像をパソコンの画面に表示させます。
 目の視覚の『知覚の認知』の『見る』はありません。
 AI(人工知能)は概念としての名詞(音読み)の言葉とその像を表示させます。多くの日本人は、ここで、自分は今、画面に何を見ているのか?が分からなくなるのです。
 それが、事例の男性の強迫観念の起こりの原因です。
 こういう脳の働き方の人がスマホの画面を見ると、画面は、バラ色の遊園地というバーチャル強迫観念に変わるんですよ」(熊野クマ江さんの話)。

●働いている人がスマホ、パソコンの画面を見つづけると、『右脳・虚像』は「バーチャル高所恐怖症」(遊園地)に変わる!

 高いビルの屋上から地上を見下ろすと、自分が宙に浮いている感覚になる。
 視覚の感覚の知覚は、ゲシュタルト形態というリアル(現実)を見る。
 屋上から地上までの距離のことだ。
 この距離のイメージが正しく思い浮ばないことが「高所恐怖症」だ。
 強迫観念も同じイメージがつくる。
 スマホ、パソコンの画面からは、屋上から地上までを知覚する視覚の知覚が無い。だから画面はバラ色の遊園地に変わる。
 現実の人間関係の中にある決まりごと、生活の中の約束ごとが目に見えなくなり、家の中、部屋の中が散乱する。
 自分を「廃棄物も同然」に変える。


<前の1件]


スレッド[4852]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2018/08/17 05:01] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子