谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[4895-1] あなたの背中に取り憑いている「孤独死」。スマホ、デバイス端末、パソコンの「画面」を見て脳内麻薬の快感にしびれている真っ最中に心臓を止める。 谷川うさ子 2018/04/03(火)14:19 修正時間切れ
       人間の脳も身体も
       自律神経の働きで
       生成する。
       重要なのは
       「交感神経」がいつも
       まともに働いている
       ことだ。
       しかし、今、あなたの
       脳も身体も
       「副交感神経」が
       中心に働いている。
       スマホ、パソコン、
       デバイス端末は、
       「交感神経」の働きを
       完全に止める。
       これが「孤独死」
       激増の根拠である。


●「孤独死って何?」……自分とは無関係と思っている人への伝言

 「孤独死」といっても、それは、「ネット」で「いいね!」と拡散している言葉ではない。
 また「インスタ映え」するはずもないからこの言葉の前に3時間待ちの行列ができるということもない。
 こういう暗い話題は、「電車飛び込み自殺」が「ただ今、人身事故で電車が止まっています」とアナウンスされるように、誰もが見聞きするニュースから目に触れないように隠されている。
 だが、どうしても隠しきれないときにはニュースになる。 

 北島三郎(81歳)の次男、大野誠さん(享年51歳)が、平成30年3月3日に自宅で孤独死(心不全)しているのが見つかった。
 死後、1週間くらいが経過していた。一人暮らしだった。
 いつも事務所に出てくるのは週に1回か2回くらいだった。ずっと自宅で音楽関係の仕事をしていた。
 大野誠さんは、服を着たままパタッと倒れているのを、訪ねていった長男の「大野竜さん」(54歳)が発見した。
 (日刊ゲンダイ、平成30年3月14日)

●孤独死は、副交感神経中心がつくり出す

 解剖学者・三木成夫の説明によると「人間には息を吸う筋肉はある。しかし、息を吐く筋肉はない」というのが孤独死(心室細動)の原因だ。
 ゴルフの最中の「息こらえ」や「マラソンの最中の息こらえ」などで心室細動が起こる。
 同じことは、普通の人でも、「息こらえ」で突然、心臓が止まることはいつでも起こっている。
 だから、AED(体外式除細動機)が、駅、空港、劇場、公共施設、介護施設などにどんどん設置されている。
 「息を吐きっぱなしにする」「息を吸わない」ことがすぐに「心室細動」を引き起こしている。
 
 人間は、じっと考えごとをするとか、何かに集中するときとか、何かに夢中になるときには「息が吐きっぱなし」になって「息を吸えなくなる」のだ。
 なぜ、「息を吸えないのか?」というと、副交感神経の働き方が「固定化」「凝固化」という不可逆性の働きをセットするからだ。
 パソコンでいうと「エンター・確定」が不可逆性の機能なのである。自律神経の働きが元に戻らなくなる。「交感神経」が働かなくなる、というのが「不可逆性」というのである。



[2018/12/13 12:47] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子