谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[4999-1] テクノロジー(情報通信の技術)の核心は「ワープロソフト」にある。日本人にとっての「ワープロソフト」とは、日本語(動詞文)の「記号化」の完成という意味をもつ。 谷川うさ子 2018/07/31(火)19:17 修正時間切れ
       日本人にとってパソコン、
       スマホ、デバイス端末の
       「ワープロソフト」は、
       日本語の言葉の「丸
       暗記」と同じ「記号化」
       (経験化)を
       根本の本質とする。
       もともと日本人は
       「解釈」だけをしゃべって
       きた。それが
       分裂病だった。
       キーボードでカチャカチャ
       入力すると頭の
       中は「解釈」
       (デタラメの言葉)だけが
       あふれる。


 日本語(動詞文)を動かすのは視床下部の「外側核」(食べる欲)だ。
 このことは、日本人は、ただ、行動を可能とすることだけを言葉の本質にしているということだ。
 ワープロ入力は、文字表示、言葉の表示という行動(経験)の完成だ。
 すると、次に、解釈というデタラメをしゃべることが「行動」の目的になる。だから、多くの日本人は画面を見ずにはいられない。
 分裂病のしゃべりをのべつまくなしにしゃべらずにはいられない。



[2018/08/17 05:00] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子