谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[5000-1] テクノロジー(情報通信)の核心は「ワープロソフト」です。人間の言葉の「記号化」(プログラム化)に技術の本質があります。日本語(動詞文)は「記号性の言葉」です。すると、パソコン、スマホ、デバイス端末の「文字入力」は、動詞の言葉の「記号化の完成」!ということを意味しています。 谷川うさ子 2018/08/01(水)19:05 修正時間切れ
       ポルソナーレのカウンセリング・
       ゼミの第20期の半年は、
       テクノロジー(ワープロ
       ソフト)のつくる日本人の
       病気のしくみの解明に
       焦点を当てた。
       はっきりと分かった
       ことは、「ワープロソフトは、
       言葉を記号化
       する」ということだ。
       日本語(動詞文)も、
       記号性の言葉で
       あることはすでに
       大野晋や山下秀雄の
       説明から、実証ずみである。
       ワープロソフトで日本語
       (動詞の言葉)を入力
       するということは、「身体の
       記号化」と同義で
       ある。「記号性の言葉の
       記号化の完成」と
       いうことだ。
       「記号化の完成」とは、
       言葉をデタラメに
       解釈してしゃべること
       だけが「日本人にとっての
       日本語」ということに
       なる。分裂病をしゃべる。
       しゃべるという
       ことは、これも
       「身体の記号化」のこと
       だから、反社会精神
       病質(サイコパス)へ
       進む、ということだ。


●日本人の病気は、日本語(動詞文)が記号性の言葉であることに原因がある

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミの今年のゼミは、第20期目に当ります。
 現ゼミ生の皆様の厚い御支持をいただいて、この20年間は時代の先端を全力で疾走してきました。
 今年は、とりわけテクノロジーの日本人の脳の働き方に及ぼす影響を考察してきました。
 この7月になってテクノロジー(おもにワープロソフト)の日本人の脳の働き方に及ぼす具体的な内容の全容をほぼ解明することができています。

 日本人ではなく、欧米人の多くは、テクノロジーを人間にとって、あるいは、人間の社会にとっていいことだという立場から開発をおしすすめています。
 日本人にとってのテクノロジーは、いいも悪いもなく、ただ、新しい職人技能の一つとしてしか認識されていません。ただひたすら、追随して従属するだけの対象がテクノロジーです。
 日本人は、テクノロジーにたいして、全くの無能力であるということです。

●テクノロジーの本質は「記号化」の完成にある

 テクノロジーの本質は、人間の表象する意識(言葉以前の自己意識)を「記号化すること」にあります。
 こういう言い方をしても全くピンとこないばかりか、思考が正常に働かないのが日本人の使う日本語(動詞文)の本質です。
 
 日本語は、「動詞文」です。動詞だけの言葉です。名詞も形容詞も、動詞を加工して、記号的に表象する、すなわち転成してつくった記号性の言葉です。「記号性」の言葉とはこういうことです。



[2018/08/17 05:00] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子