谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5002] テクノロジー(パソコン、スマホ、デバイス端末のワープロソフト)のつくる病理は、今「発達障害」といわれている。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/08/03(金)16:23
[5002-1] テクノロジー(パソコン、スマホ、デバイス端末のワープロソフト)のつくる病理は、今「発達障害」といわれている。 谷川うさ子 2018/08/03(金)16:23
          「発達障害」については
       石井悦子が「大人の
       発達障害」(夕刊フジ、
       連載、8月2日は4回目)で
       リポートしている。
       「何はできるが、何は
       できない」「人間
       関係には敏感」と
       いった主旨だ。
       よく観察して
       いるところは
       「視覚優先タイプ」・
       「聴覚優先
       タイプ」、という
       類別の仕方だ。


 ポルソナーレの見解では、「発達障害」というものは存在しない。「ワープロソフト」ばかりで「見る」「読む」「しゃべる」を行うと、「記号化」の次の段階で解釈(デタラメしゃべり、デタラメに思考する)が「ワープロソフト=活字体」にたいしてくっついたり離れたりしているだけの異常だ。
 脳の働き方(言葉の生成のしくみ)が分からないところではあーでもない、こーでもないと、好き勝手に「あと出しジャンケン」のような解釈を加える。これもまたテクノロジーのつくる病理だ。


<前の1件]


スレッド[5002]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2018/08/17 05:00] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子