谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5005] 日本人の精神の病気は「母系制」の母親の動詞文の言葉がつくる 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/08/05(日)14:03
[5005-1] 日本人の精神の病気は「母系制」の母親の動詞文の言葉がつくる 谷川うさ子 2018/08/05(日)14:03
          パソコン、スマホ、デバイス
       端末の画面に
       文字、言葉を
       表示させるのが「ワープロ
       ソフト」だ。
       本質は、「記号化」に
       ある。「記号化」を
       完成する。
       記号化とは
       「丸暗記」のことだ。
       しゃべる、書く、読むと
       いう行動(経験)を
       つくるのが記号化だ。
       日本語(動詞文)は
       もともと「記号性」の
       言葉だ。
       「記号化」は必ず
       精神分裂病を
       つくる。


●日本人の「母系制」がつくる動詞文による病気のあらわれ方

《相談の事例》
 私は24歳。独身女性。
 身長140センチの「チビ」。
 性関係が嫌い、子どもが嫌い。

 私は、病院で事務の仕事をしています。
 私は、身長140センチの「チビ」です。普段は気にしていませんが、小学生のころからずっとコンプレックスに思っていました。
 「あんた、チビじゃなあ」と年下の男の子から言われたことがコンプレックスの始まりです。
 こういうことは、今までに数回あったように記憶しています。

 私は、子どもが嫌いです。
 子どもは、見たままのことをズバズバ言うので、腹が立つ、惨めな気持ちになるので嫌いになりました。小さい赤ちゃんでさえもかわいいとは思いません。

 私は、結婚について不安を感じています。性関係の行為が不潔に思われて嫌でしかたがありません。
 私は、仲人になる人のすすめで見合いをしました。どう見ても好きになれそうもなく、そういう人と性の関係をもつことなどできるはずもないと思い、断りました。
 母親から理由を問い詰められて、性行為が不潔に思えると言いました。
 「生きとし生けるもの、全ての生物の自然な営みだ」と母親は言いました。
 「もっともっとどんどん食べて、もっと太って、子どもの生める身体をつくれ」とも言います。私には、この言葉がなんとも不潔でいやらしい響きに聞こえます。

 私は、大学2年生のころに好きな男性がいました。
 その男性は、私の長い付き合いの友人の恋人でした。その男性から何度か誘われて食事などを一緒にしました。
 性の関係はありません。友人を裏切ることはできないという思いがつよくあって、終わりになりました。友人とは今でもメールや電話で話をする関係がつづいています。
 このことがあってから私は、一人がいい、人には会いたくないと、思えるようになりました。

[5005-2] 谷川うさ子 2018/08/05(日)14:03
   ●日本人は動詞の言葉だけで社会参加をおこない、結婚もして子育てもおこなう

■日本の女性は、日本語を憶えて家の外の社会で、自立して行動できるようになります。
 普通に考えると、家の外の社会は、社会性の世界だから、社会性の世界の言葉を学習して身につけているのだろうとポルソナーレは考えていました。
 これが、ポルソナーレの指示性のカウンセリングです。
 指示性とは、問題の所在を示す、原因を示す、結果を示す、対策を示す、…といったことです。

 事例に即していうと、「24歳で身長140センチの人を10人、理論的に想定する。10人の人の全員が自分はチビだとコンプレックスをもつだろうか?」と問いかけるのが指示性のカウンセリングです。
 しかし、日本人の使う日本語の動詞文は、こういう理論とか論理とか、命題を立てて「なぜならば」と解を求める言葉(抽象の言葉)を全く記憶できないという特質を持っています。
 
●日本人の脳の働き方は、「短期記憶」と「ウェルニッケ=触覚」だけしか働いていない

 脳の言語野は、長期記憶と短期記憶の二つで構成されています。
 短期記憶とは、「動詞の言葉だけの言語野」のことです。
 ウェルニッケ言語野という触覚による実在性を記憶する言語野で「丸暗記したこと」を記憶するので、社会生活には何らの支障も障害も生まれないように見えます。
 日本語は動詞文である、ということを思い出しましょう。
 これは、ウェルニッケ言語野の憶える「経験」(行動)は記憶する、しかし「言葉」は一切合財、全部忘れる、ということです。
 
●日本人は「言葉」を「丸暗記」して行動にむすびつける、そして言葉の意味は「解釈=分裂病」をしゃべる

 日本人は、言葉を「丸暗記」する、「行動化する」(経験化する=記号化する)というように憶えてきました。
 「丸暗記」で憶えて、次に、「この言葉の意味は何かな?」と勝手に解釈してきたのです。
 この解釈が事例の女性の悩みの内容です(自分はチビだ、人がバカにしている。自分は、結婚の中の性行為が不潔で嫌なものに思える、など)。
 「ワープロソフト」とは、日本語の動詞の言葉の「丸暗記」をテクノロジーで代替することです。
 すると、パソコン、スマホ、デバイス端末の画面に入力することが「丸暗記の代替え」であることが分かるでしょう。
 「画面を見る」とは、聴覚の「説明性=解釈」の言葉が「右脳・虚像」に表象するのです。
 この「解釈」が、テクノロジー(パソコン、スマホ、デバイス端末のワープロソフト)が増幅して、完成させる日本人の精神分裂病であるのです。
 改善のための対策は、「手でノートに文を書く」「音読みを中心にした名詞、抽象名詞の言葉の意味を辞書で調べる」「人と会話するときは視覚のイメージを思い浮べる」です。


<前の1件]


スレッド[5005]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2018/12/16 19:18] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子