谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5006] パソコン、スマホ、デバイス端末の「ワープロソフト」で日本語をあらわすと、分裂病しかしゃべれなくなる 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/08/06(月)16:53
[5006-1] パソコン、スマホ、デバイス端末の「ワープロソフト」で日本語をあらわすと、分裂病しかしゃべれなくなる 谷川うさ子 2018/08/06(月)16:53
          ポルソナーレのカウンセリング・
       ゼミは、脳の
       働き方(言葉の生成の
       しくみ)を解明した。
       すると、日本人の
       心身の病気は、「日本語
       =動詞文」が
       つくることが明らかに
       なった。
       日本人の心・精神の
       病気とは「精神
       分裂病」のことだ。
       母親が、母系制の
       しくみにのっとって
       娘、および息子に
       伝える。
       テクノロジーは、この
       日本人の病気を
       増幅し、そして
       完成している。


●日本の男性は、なぜ、女性と一対一の関係をつくれないのか

《相談の事例》
女性とどう関わればいいのか?それが分からなくて困っています。 
(36歳、男性、会社員(技術職)、匿名、山口桃太郎)

 私は、24歳のときに女性と付き合いました。半年くらいの交際期間でした。
 この女性とは、別れました。女性の方から別れようと切り出されました。
 私は別れる気持ちは、なかったので大変ショックでした。
 3ヵ月くらいは無気力でした。街を歩いていても、駅の中でも、別れたはずの女性と似たような姿や顔立ちの女性が目に入って、胸がドキドキして後を追い、近づいて顔を見ると別人だった、ということが何度かありました。

 別れた女性が私に話した別れる理由は、次のようなことでした。
 「いつも仕事や自分の趣味のことで忙しく、自分の話を聞いてもまともに聞いてくれない」「弁当を作って持ってきても、おやつの菓子などを持ってきても、ただ食べるだけで、持ってくるのが当り前といったふうでイバっている感じをうける」、「どこかへ遊びに行くときは、一方的に店や場所を決めてしまい、自分の好みや意見を考慮しない」「連絡はメールだけで、電話をしても出ないか、たまに出ても怒ったようなヨソヨソしい言い方、話し方をする」「会話のときに、顔も目も見ないで、わざわざ横を向くか、上の方を向いてしゃべるので、居ないも同然という扱いを受けている感じがする」。

 私の友人に、女性から別れ話を切り出されたことを話して、改めるべきことについての助言を求めました。
 「女性とは、いろんな女性といっぺんにどんどん付き合ってみる。
 いいなと思える女性がいたら一人か二人に絞り込んで、本気になって付き合ってもいいと思える女性がいれば、他の女性とは別れて、一人とだけ付き合うといいのだ」。

 私は、この友人の言うとおりのことをすると精神的に辛い感じがするので、自分には出来そうもないと思い、今までやったことはありません。
 今に至るまで自分の感性にぴったりの女性が現われてもすでに交際相手がいたり、離婚歴があったり、学歴と職歴の違いから話が噛み合わなかったり、などで、特定の女性と交際するには至っていません。

[5006-2] 谷川うさ子 2018/08/06(月)16:53
   ●日本語(動詞文)は、男性にとって行動だけを可能にさせる

■日本人の男性は、性の欲にもとづく行動(話すことも)は、欲の脳の視床下部の「背内側核」から出発します。
 だから、日本の男性は社会の中で「行動すること」は可能です。ごく普通に社会の中で行動します。
 この点が女性とは違うところです。
 日本の女性は、日本語(動詞文)の特性にしたがって、「外側核」(食の欲、視床下部)で社会の中での行動を可能にします。
 
●日本の女性が社会の中で行動が行き詰まる理由

 日本の女性は、母系制のしくみによって、「自分の行動についてのことはしゃべる」しかし、「自分の行動の目的=対象については、しゃべることができない」という脳の働き方が一般的です。
 だから、「母系制=母親のしゃべり方とこれの聞き方」によっては、当の娘である日本の女性は、自分の行動のことを「全くしゃべれない」「しゃべっても分裂病の作話症のしゃべり方になる」……のいずれかになって、ここから「痴呆症になる」「自己免疫疾患になる」「がんになる」のどれかの人生の日々になるのです。
 
●日本の男性は、母系制によってしゃべる言葉が分裂病になる

 事例の男性は、日本の男性の社会の中での「行動」と「言葉の能力」を説明しています。
 日本の男性は、原則として社会の中での行動は可能です。しかし、問題は「行動を言い表す言葉の能力」は母親と仲が良くても、悪くても、母親の言葉を聞いて憶えた男性は、「母系制の母親」と同じように、「自分のことしかしゃべらない」のです。あんまり母親としゃべりすぎた男性は、母親の言う「自分の不安とか、人の悪口のグチ」を自分の行動についてのしゃべり方とするので、仕事に行くことも、恋愛することもできません。
 
 テクノロジー時代の「パソコン、スマホ、デバイス端末のワープロソフトを使って文字、言葉を表す」ことにかかわった男性は、母親のしゃべった他者への不安、不満、不平の言葉のとおりに「右脳系・海馬にエピソード記憶している……これをしゃべりの言葉で言い表す」ので、一日中、自分の分裂病をネットに書き込むとか、現実についての自分の不満を解釈(分裂病)の文、言葉として表示しつづけるのです。
 日本人の男性は、性の行動はあっても、関係づけの言葉は無いというのが本当のところの実体です。


<前の1件]


スレッド[5006]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2018/10/21 02:00] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子