谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5025] 日本人の心身の病気とは、母系制がつくる禁制と黙契のことです! 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/09/02(日)14:03
[5025-1] 日本人の心身の病気とは、母系制がつくる禁制と黙契のことです! 谷川うさ子 2018/09/02(日)14:03
          日本人の心身の病気は、動詞文
       (日本語)がつくる。
       動詞文とは、副交感
       神経が中心に働くと
       いうことだ。すなわち、
       動詞の言葉しか
       しゃべらないということだ。
       いいかえると交感神経
       (目で見る視覚の
       働き)は働いて
       いない。
       動詞のもつ性質、
       思考のしくみが日本人の
       精神分裂病を
       つくり出している。
       これが、日本人にとって
       自分の生き方、
       人生そのものに
       なっている。


●日本人の病気とは黙契と禁制のことである

 ポルソナーレは、日本人の心身の病気と向き合い、指示性のカウンセリングの立場から、病気そのものや症状を治すことをテーマに原因とか対策を考察してきました。
 通信教育の時代をふくめると、約40年間の歳月を費やしてきました。
 今回、第20期、第7回目のポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、日本人の心身の病気のつくられ方(生成の機序といいます)の脳の働き方を明らかにしました。
 日本人の病気は、動詞文の動詞をしゃべること、これを行動に表すことだけを全てとする(黙契)、そして黙契という同じ行動を100回もくりかえすと触覚のウェルニッケ言語野がつくるクローズ・アップのイメージが右脳・虚像(X経路の領域)に思い浮ぶので、自分の身体と一体化しているイメージを好き勝手に解釈してしゃべる(禁制)が構造になっています。

●日本人にとっての病気とは、治すものではなく保存するものである!

 脳の働き(生理学)を研究している学者の説明を見ると、脳の中にはいろんな中枢神経が行動の仕方を保全するようになっています(扁桃核、線条体、中隔核、海馬など)。

 これらの中枢神経はホルモンとか神経伝達物質を出します。犬や猫などの動物は、自分の個体を守るために外敵から逃げたり、攻撃する作用をつくります。
 日本人の場合は、母親から学んだ動詞文の動詞の言葉のエピソード記憶の想起を保全する、母親のしゃべった動詞とか、デタラメの解釈の言葉以外は、「敵も同然」と見なし、拒絶するために中枢神経が作用します。これが日本人の病気の発生の仕方です。

 すると、日本人は、女性を中心に、母親がしゃべった言葉(動詞だけの言葉)の海馬の記憶を保全し、母親のしゃべったデタラメの解釈の言葉以外は、一切、受け付けない、という中枢神経の働き方が恒常的(ホメオスタシス)におこなわれています。
 日本人は、動詞の言葉しかしゃべらない、黙契がつくった虚像のX経路のゾーンの「クローズ・アップ」(禁制)は、ごく常識的に考えても、どんな病気でもありえます(対人恐怖、強迫観念、ゲーム依存、ネット依存、などです)。

[5025-2] 谷川うさ子 2018/09/02(日)14:03
   ●日本人にとって病気は、「明日、病に倒れる」というものでないかぎり、許容の範囲にある

 問題は、日本人にとって黙契と禁制というデタラメの解釈の言葉が人生、あるいは個人の日々の生き方になっていて、これ以外の日々の生き方は何も無いという脳の働き方の恒常性(ホメオスタシス)が固定化していることです。
 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、社会教育の観点から、名詞の言葉を概念として学習しましょうなどと、レクチュアしてきました。
 しかし、日本人の脳の働き方の動詞の言葉しか受け付けないというしくみは、人の顔を見ない、人の説明を、相手の顔を見ながら聞くことは決しておこなわないことに例を見るように、「見ない」は「存在しない」「自分の頭に思い浮ぶ禁制の言葉しか見えない、だから対象は存在しない」という脳の働き方を協力に保存しています。
 ここからは、自分がいろんな病気になることも必然であるし、仕事でも、社会でも、人間関係でも、「そういうものは存在しない」という関わり方をごくごく普通にしているので、たとえば推移律にしろ、帰納にせよ、まして演繹など「伝わりようがない」、そもそも説明の記憶が成立しないことが分かります。こういうことが解明されます。
 日本人には、がん、心臓病、脳梗塞をはじめ、痴呆症(認知症)などの心身の病気がいっこうに減ることなく増えつづけています。これは、病気をつくることを当り前とする脳の働き方の必然というものです。

●日本人の病気とは「目が見えないこと」である

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、病気だから治りたいのだから、辛い症状だから苦痛から解放されたいのだろうと理解してきました。
 しかし、「動詞文」だから交感神経の働きの「視覚」の「感覚の知覚」(ゲシュタルト形態)は目に入ってきてもすぐに「見えなくなる」のは当り前で、「見えない」のだから「右脳・虚像」(X経路のゾーン)に解釈というよりも分裂病としてつくり出す妄想に等しいイメージを聴覚の「知覚の認知」が「見る」のは、日本人にとっては「これ以外の見ることはありえない」という脳の働き方になっているので、精神分裂病も痴呆症(認知症)も変えようがないのです。
 ここから女性は自己免疫疾患をつくるし、何をどうやっても血流障害から免れようがなく、身体が崩壊する日が60歳、70歳とすると、その日まで病気と同伴しながら生きていくということをおこなっています。
 このしくみは、母親から禁制の言葉を聞いてこれを黙契としてきた男性にとっても全く同じで、変わるところはありません。
 禁制をしゃべる母親としゃべった男性は、黙契は可能でも、やっぱり自分も禁制をしゃべるので、「社会など存在しない」「現実など存在しない」という脳の働き方を反復させています。
 このような日本人の「動詞文」の動詞しか話さない「禁制」(つまり擬似共同性の世界ということです)は、テクノロジー(ワープロソフト)によって不可逆的に固定化されています。
 このことが明らかになって、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、最終コースに到達したと考えています。

●テクノロジーによって日本人の禁制のバラ色の人生は消えた

 はっきりしているのは、多くの日本人にとって、「禁制」のもたらすバラ色の人生のイメージは消えて、今、400万人とも600万人ともいわれる認知症(痴呆症)だけが人生の共通方向になっているということです。このことをご理解の上、名詞文、抽象名詞文の習得におとりくみつづけてください。、


<前の1件]


スレッド[5025]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2018/11/13 07:50] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子