谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5026] 母系制とは何か?「動詞の言葉だけをしゃべること」だ。「しゃべりさえすればいい!!」(中味はデタラメでもいい)が女性の「黙契」と「禁制」だ。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/09/03(月)17:04
[5026-1] 母系制とは何か?「動詞の言葉だけをしゃべること」だ。「しゃべりさえすればいい!!」(中味はデタラメでもいい)が女性の「黙契」と「禁制」だ。 谷川うさ子 2018/09/03(月)17:04
          ポルソナーレは、約40年間、
       日本人の病気の
       カウンセリングをおこなって
       きた。カウンセリングの理論を
       開発して実技も
       おこなってきた。
       脳の働き方(言葉の
       生成のしくみ)を
       解明してみると、
       日本語(和語)の
       動詞文の生成のしくみが
       浮上する。
       脳の働き方から見た日本人の
       心身の病気の
       真実を伝える。


●日本人の女性は分裂病をこんなふうにつくっている

《相談の事例》
私は口ベタ。なぜか、いつも人を怒らせてばかり。
(高3女子、秋山柿子、17歳)

 私は、家の外に出ると、すごく人見知りをします。毎日、女子校には通っていますが、人見知りをするので、不安がいっぱいの毎日です。

 小学校の低学年のころから、まともに口のきけない人間となってしまいました。
 自分と気の合う人なら冗談を言ったり大声で笑いながら話せます。
 なんとなく自分とは合わないと感じる人や知らない人の前では、借りてきた猫のようにおとなしくなり、貝のように口を閉ざして黙ってしまいます。いつまでもしゃべりません。

 私は中学2年の頃、仲の良かった友人の4人の中の1人とケンカをしました。その後、仲直りをしましたが、高校生になると、中学の頃にケンカをした友人が急によそよそしくなったのです。何かに誘っても用事があるからと冷たく断るようになりました。

 そこでこの中学の頃からの友人の態度の急変を部活の友人に相談しました。
 すると、相談した友人は、中学の頃からの友人が気に入っていなかったらしく、周りの人にどんどん悪口を言って広めたのです。
 中学の頃からの友人に同情した友人の数人が私を呼び出して、あんたは気分屋だ、その場その場で自分に都合のいいデタラメをしゃべると責めました。
 
 高校に入ると、別のクラスの女子生徒からは、その人たちの知り合いのいじめられっ子によく似ているという理由で、悪口を言われました。

 私は、変わり者扱いをされています。まともに接してくれる人は少ししかいません。こんなふうな人間関係で人間不信になっています。人見知りがひどくなったのです。

 私は「幸せをつかむペンダント」を買って、誰とでも仲良くしたいと思いました。
 この「幸せをつかむペンダント」は全く利き目はありませんでした。

[5026-2] 谷川うさ子 2018/09/03(月)17:04
   ●日本の女性のワープロ、スマホ以前と今の違い

■ここでご紹介している相談の事例は、今の時代のパソコンとかスマホ、デバイス端末が普及する前の時代に書かれた手紙を再構成したものです。
 平成がもう間もなく終わろうとしている現在の日本の女性は、中学生や高校生はもちろん、成人した女性も、こんなふうに自分の経験を手で書いて、文章にあらわせる人は皆無です。
 誰もが、手で何度も文章を書けなくなっています。印刷された文章を読むこともできなくなっています。
 パソコンやスマホの画面に表示されている文や文章をただ眺めるだけになっています。
 これが現代日本人の女性の「黙契」(もっけい)です。
 「黙契」(もっけい)とは、手、指、足、耳、口(しゃべること)の動き(行動)をあらわすことをいいます。
 黙契(もっけい)は、脳の言語野の副交感神経支配の領域にクローズアップ(大写し)のイメージをつくり出すことです。
 「自分はこう思った」の言い方で言いあらわされる主観(解釈したデタラメの言葉)がクローズアップです。
 この主観(すぐに消えてしまって何の記憶も残さない言葉)が「禁制」(きんせい。擬の共同性の言葉)です。

●日本の女性は「行動」すればそれだけでいい、「言葉なんかどうでもいい」と考えている

 もともと日本の女性は、何を分裂病の病気としてきたのか?その分裂病は、どんなふうにつくり出されているのか?をよく説明するのが、ご紹介している相談の事例です。
 ポルソナーレのカウンセリングは、人間の脳の働き方(言葉の生成のしくみ)を徹底して解明していることにもとづいています。
 すると、ポルソナーレだけに分かることは、相談の女子高校生は「学校に行く」「人間関係をつくる」などの「行動」は成り立っていることです。
 しかし、人と話したり人の話を聞く、人のことを正しく理解するといった「言葉の能力」は何も無いことが分かります。人とぶつかりケンカする、気に入らない人とは全くしゃべらない、しゃべる相手からは嫌われて脅かされる、といったふうです。

 日本人は、日本語(ヤマトコトバ)の動詞文の動詞の言葉しか憶えていないので、「行動だけをつくる」という脳の働き方をおこなっています。
 行動にともなって言い表す言葉は「行動の反復、くりかえし」が思い浮べさせるクローズアップ(大写し)を解釈した分裂病の言葉だけです。
 相談の事例の女子高校生は、「禁制」(きんせい)という分裂病の言葉をいつもしゃべっています。「人見知り」というのはごく普通に、社会的にまっとうな言葉を話す必要のある人間は「拒絶する」という意味です。
 視床下部にある「海馬・かいば」の記憶が母親から学んだ禁制の言葉です。このデタラメの分裂病の言葉以外、絶対にしゃべらないと守り、保護するのが「扁桃核」です。
 敵、味方、好き、嫌いの価値を決める働きをしています。

●パソコン、スマホの画面を見ている女性は、正常な思考ができないことを喜んでいる

 テクノロジーの最大の技術のワープロソフトは、ご紹介している相談の手紙を手で書くという「黙契」をプログラム化しています。
 だから、相談している女子高校生のように「人見知りで悩んでいます」といった思考上の葛藤は消えてなくなっています。
 残っているのは「禁制」というデタラメの解釈をしゃべる分裂病です。SNSやネットといった中で表示されている偽(ぎ)の共同の言葉だけしか思い浮べられなくなっています。

 相談の事例の女性は、スピリチュアルな現実離れした妄想の言葉で日々を思考しています。
 「母親」がマンガや空想話、いつも離人症の状態にあって現実逃避のための「動詞の言葉」をしゃべったのでこれを「禁制」として憶えているからです。
 これは、今、「スマホ見ながら歩き」とか「ネット依存」「ゲーム依存」というバーチャル(禁制)として広く流通しています。


<前の1件]


スレッド[5026]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2018/11/13 07:51] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子