谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5027] 日本の男性の病気とは、「言葉」をデタラメに解釈して分裂病をつくること! 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/09/05(水)17:00
[5027-1] 日本の男性の病気とは、「言葉」をデタラメに解釈して分裂病をつくること! 谷川うさ子 2018/09/05(水)16:57
          日本人の心・精神の
       病気は動詞文の
       動詞をしゃべることが
       つくる。
       男性の心・精神の
       病気はさしあたり「行動の
       ために言葉が
       むすびつく」と安心する。
       その言葉は解釈の
       言葉だから、「行動」が
       止まれば
       分裂病が一人
       歩きして精神
       崩壊か、痴呆症に
       行き着く。


●日本の男性は、「行動」ではなく、言葉を分裂病化して「行動」が止まる

《相談の事例》
私は、書かれた言葉、人からの説明の言葉が頭に入ってきません。疑いと不信の気持ちが起こり、仕事をしても、人と話をしても落ち着きません。
(男性、50歳、会社勤め、技術職、匿名、風山吉三郎)

 私は「疑惑癖」で高校の頃から悩んでいます。
 たとえば、今、自分が読んでいる文章があると、自分が読んで分かったと思ったとおりのことが書いてあるのか?となんども、なんども読み返します。
 すると、なんど読んでも「分かった」という思いにはならないので、何か別の本を読んで、調べてみたり、辞書で言葉の意味を調べますが、なかなか「分かった」とはならないので、本を読むのが止まります。
 分かった、安心したというようにはならないのです。

 仕事の中でも、人から言われた言葉がよく分からないので、なんども質問します。会議や打ち合わせの場面でもしつこく質問するので、会議からはずされるとか、説明の場面から追い出されます。
 
 私のこの必要以上に疑って納得したいという悪癖は、必要以上にこだわるからだと言われて精神科に行くようにとすすめられました。
日本の男性の病気とは、「言葉」をデタラメに解釈して分裂病をつくること!
 言葉を辞書で調べても、一つだけの辞書では納得がいかず、いくつもの辞書で同じ言葉の意味を調べます。すると、調べている途中で、いくつもの疑いが出てきて、次々に疑問が出てくるのでそれも調べるのでいつまでも調べるのが終わりません。
 会社の仕事でもこんなことばかりやっているので、人が退社していなくなってもまだじっと調べつづけています。
 上司は、そういう趣味のような仕事の仕方にお金を支払うわけにはいかないと、毎日、退社の圧力をかけられています。

 精神科に行って薬を処方してもらいました。薬を服用しても、職場で深夜になっても調べつづける悪癖は治らないので、服用を止めました。

●日本人の男性は、言葉を解釈して自分の行動を壊す

■この男性の相談の事例は、今のテクノロジー時代よりも相当に前の事例です。
 現在のパソコン、スマホ、デバイス端末などのワープロソフトを誰もが扱う現実の中では、こんなふうに手で手紙を書いて自分の心身の病気を説明する人はほとんど皆無です。
 手で文章を書くとは、そこで、脳の中のブローカー言語野(右脳・虚像)(副交感神経支配の領域)にクローズアップのイメージが思い浮ぶので、そのクローズアップのイメージのとおりに話そうとしたり、手で文を書くと非常に曖昧になるので、「これでいいのだろうか?」という内省が生じます。
 相談の事例の男性は、手で文や文章を書くと同時に生じる「内省」を「疑問」として抱えています。
 しかし、どんなに調べてもやはり、脳の中にはクローズアップのイメージの不安定な、曖昧なイメージ(解釈)しか思い浮ばないので、仕事も、生活も、全ての「行動が止まる」という認知症(痴呆症)の脳の働き方に変わっています。

[5027-2] 谷川うさ子 2018/09/05(水)17:00
   ●日本人は、言葉を記憶することができない脳の働き方を行っている

 ポルソナーレだけが明らかにした人間の脳の働き方(言葉の生成のしくみ)から日本語(動詞文。ヤマトコトバ)を見ると、日本語(和語)は「副交感神経支配、主観の領域」でつくられています。
 主観とは、哲学の正しい定義では、短期記憶、すなわち、すぐに、たちまち消滅するということです。
 憶えるとか、記憶を保つということはできません。
 日本人は、だから、「黙契」(もっけい)といって、くりかえしくりかえし、何十回も何百回も、手で書いて触覚(ウェルニッケ言語野)でクローズアップのイメージをつくって、つまり「行動だけで憶える」という丸暗記の憶え方をおこなってきました。
 この丸暗記を「黙契」といいます。
 くりかえし、くりかえしの手や指、口(しゃべり)、聞く(音の暗記)は、「触覚をクローズアップのイメージに変える」という脳の働き方をつくります。
 このクローズアップにあれこれとデタラメの意味づけ(解釈)をくっつけて自分の行動の成立に満足してきたのが日本人の男性です。

●日本の男性は、母親のしゃべった言葉のとおりに現実の言葉を解釈する

 この「行動のための言葉」を教えるのが「母親」です。母親の教える言葉を「禁制」といいます。解釈してデタラメにつくった言葉が「禁制」です。だから「禁制」とは精神分裂病の言葉でもあります。
 日本人は、母親のしゃべった禁制の言葉で、精神分裂病を中心とした心・精神の病気をつくってきました。

 事例の男性は、母親が禁制のデタラメ話しかしゃべらなかった女性だったのでちゃんとしたまともな仕事や社会の中の言葉を「丸暗記」(禁制)として記憶できなかったのです。いつも仕事の言葉も、人の話す言葉も、デタラメに解釈したので、「行動」とむすびつかず、とうとう仕事の行動も止まってしまったといっています。

●ワープロソフトは、精神分裂病だけをせっせとつくる脳の働き方に変えている

 現在のテクノロジーのワープロソフトは、手で書いて憶えるという黙契(もっけい)をプログラム化しています。
 だから、現代の男性は、事例の男性のように、「自分が憶えているのは正しいのか?」と悩むことはありません。
 「ワープロソフト」が勝手に文字でも文でも表示するので、これをクローズアップとして認知して、自分の母親が教えてくれた解釈のとおりに禁制として解釈すればいいというように精神分裂病が広く、一般化しています。
 禁制(精神分裂病)とは「擬(ぎ)」の共同性のことです。今の日本人の多くは、バーチャル(=禁制)を「本当の共同性だ」と解釈しています。
 これは、事例の男性が証言するように毎日、仕事でも生活でも「行動が止まる」ことでもあるので、当の本人の思い込みとは無関係に、認知症(痴呆症)をはじめ、どんな病気でもつくって、生存不能の中に立っているということでもあるのです。


<前の1件]


スレッド[5027]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2018/11/13 07:51] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子