谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5028] 日本人の心身の病気は、一体、なぜ治らないのか? 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/09/07(金)15:09
[5028-1] 日本人の心身の病気は、一体、なぜ治らないのか? 谷川うさ子 2018/09/07(金)15:09
    ポルソナーレの9月1回目のカウンセリング・ゼミは、「日本人の心身の病気とは、黙契と禁制が実体である」がレクチュアのテーマです。

◎母系制とは、女性(母親)が、女児、そして男児に「動詞だけの言葉をしゃべること」が定義です。

◎女児(女性)は、自分の「手、足、口、耳」の動きのためにだけ「動詞の言葉」を記憶します。「S・V・O・C」の「O」「C」の言葉は、全く記憶できません。だから、現実の中の「O」「C」に当る言葉は「無い」と認識しています。

◎男児(男性)は、GnRH(性欲のホルモン)で社会の中での「行動」は可能とします。しかし「社会」は共同体の世界です。そこで共同体をつくる言葉の学習を必要とします。しかし男性は、母親としゃべった言葉(動詞文)で行動するので、社会とは直接かかわりのない場所で「禁制」(解釈のデタラメ)をしゃべります。社会と関わりのある場面で分裂病をあらわします。

◎女性、男性とも、テクノロジー(ネット、ワープロソフト)は、ニセの共同体の世界で、葛藤のない分裂病を思う存分、のびのびと、何の制約もなくあからさまにあらわしているのが現代の日本人です。

■こういうことに関心のある方は、ポルソナーレ本部に声をかけてください。
●問い合わせ先はこちらへ
http://www.porsonale-seminar.com/


<前の1件]


スレッド[5028]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2018/11/13 07:52] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子