谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5042] 日本人の認知症(痴呆症)は、動詞文の言語野しか働かないから、名詞文の言語野に血流障害が発生して脳細胞が死滅する。これが痴呆になる。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/09/28(金)15:40
[5042-1] 日本人の認知症(痴呆症)は、動詞文の言語野しか働かないから、名詞文の言語野に血流障害が発生して脳細胞が死滅する。これが痴呆になる。 谷川うさ子 2018/09/28(金)15:38
          日本人の認知症
       (痴呆症)は、600
       万人から800万人と
       いう高水準で
       起こっている。
       多くの日本人は、
       痴呆症は高齢者の
       もので、若い自分には
       まだまだ関係は
       ないと思っている。
       それは、果して
       どうかな?と
       ポルソナーレは、日本人の
       認知症(痴呆症)の
       つくられ方を
       レクチュアする。


●日本人みんなの痴呆症(認知症)

 宮里好一(沖縄リハビリテーション病院長、当時)の説明する「痴呆」とは、大きく分けて二つのカテゴリーに分けられると説明しています。
 一つは、脳の細胞が変性して異常な言葉や行動をつくる、というものです。
 アルツハイマー型痴呆、レビー小体病による痴呆、パーキンソン病による痴呆などです。
 もう一つは、脳血管に障害が起こって痴呆がつくられる、というものです。脳細胞が死滅して、死滅した細胞部位の脳の働きが止まり、言葉か、行動に異常が起こるというものです。
 宮里好一は、『痴呆の基礎知識』(星和書店)で痴呆は、「初期」「中期」「末期」の三つの道のりをたどるといっています。
 「認知症状」と診断されてから8年から13年間くらいをかけて「初期」から「中期」までの日々を過すといいます。
 「初期」「中期」「末期」ごとに特有の言葉と行動の病理症状があらわれます。
 痴呆症は、おおむね治ることはないので、周りの人は発生した人の異常行動に合わせて付き合うよりしかたがないというのが宮里好一の臨床の所見です。
 「痴呆症」の「初期」の段階では、宮里好一はMRIの画像写真を示して「食生活を改善して、散歩などで脳の血流を改善してください」とコメントを書いています。
 このことは何を意味するのかというと、人間の痴呆症(認知症)は、「血流障害」がつくり出すということです。

●日本人の認知症(痴呆症)は脳の中の血流障害が原因

 では、とりわけ日本人の痴呆症(認知症)はどのように血流障害をつくり出すのか?というと、それを正しく説明するのが、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミです。

 日本人の使う日本語(ヤマトコトバ)は、動詞文です。
 脳の言語野でいうとブローカー言語野(時間性の領域)(副交感神経支配)(ブローカー・3分の1、およびウェルニッケ言語野)が働いています。この部位に血流は集まり、脳細胞も生きて働いています。

 自律神経は交感神経とセットになって働いていることは、現ゼミ生の皆様は、どなたもよくご存知のとおりです。
 日本語(ヤマトコトバ)が動詞文=副交感神経支配ならば、交感神経支配の名詞文、抽象名詞文の言語領域は、止まっています。
 デタラメをしゃべれば、交感神経は過度か、過少となるでしょう。血流が過剰になり、脳血管性の痴呆の原因になります。分からない、分かったフリをしてスルーすると、血流が不足するでしょう。アルツハイマー病と脳血管性の痴呆の原因になります。

[5042-2] 谷川うさ子 2018/09/28(金)15:40
   ●デタラメをしゃべる人はアルツハイマー病になる!人の顔を見ないで話す人は脳血管性の痴呆になる

 自律神経は、交感神経と副交感神経がセットで働くので、日本語の動詞文(副交感神経)だけが
働くというふうにはなっていません。交感神経の言語領域(名詞、抽象名詞文の領域)の、名詞、抽象名詞の言葉を話して言語野は「正常」です。
 多くの日本人は、動詞文の時間性の言語領域だけを働かせて「自分は正常だ」と思っていますが、この「自分は正常だ」と思うときの脳の働き方が、すでに異常です。
 交感神経(名詞、抽象名詞の空間性の領域)は、デタラメをしゃべると、血流過剰になってアルツハイマー病をつくります。
 「見えない」「存在しない」(人の顔を見ないなど)とスルーする働き方をすると血流は過少になって、脳血管性の痴呆をつくるのです。
 多くの日本人は、脳細胞を死滅させた異常のとおりにしゃべり、そして、異常な言葉のとおりに毎日行動して、やがて行動が止まると、「あなたは誰?」」「ここはトイレでしょ」と風呂場で排せつする異常をあらわすのです。


<前の1件]


スレッド[5042]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2018/12/13 14:08] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子