谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[5059-1] ポルソナーレの「カウンセリング・ゼミ」が開発した日本人の「認知症」(痴呆症)を予防し、改善する「自己カウンセリング研究会方式」による脳の働き方の変え方の方法を教えます! 谷川うさ子 2018/11/03(土)16:51 修正時間切れ
       哲学の観点からいうと、
       「現実」は「空間性」と
       「時間性」で成り立っている。
       だから、人間の脳の
       言語野も「空間性」と
       「時間性」の
       領域がセットで働いている。
       そして、人間の脳を
       働かせる五感覚の
       「視覚」「聴覚」
       「触覚」も
       「空間性」と「時間性」の
       働き方で動いている。
       日本人の認知症
       (痴呆症)とは、脳の中の「空間性の
       認知や知覚」が
       全く働かなくなって
       いることをいう。
       この「空間性」の領域の
       脳細胞が血流
       不足、血流過剰で
       変性する。
       そして「時間性」の
       領域の言葉や
       行動が異常化を
       現す。
       日本人の痴呆のしくみを理解できるのは、
       ポルソナーレの
       現ゼミ生以外には
       ない。ポルソナーレの
       現ゼミ生以外は誰も
       理解できない。
       そこで、ポルソナーレは、
       現ゼミ生の皆様だけに
       特化した「自己カウンセリング
       研究会方式」の「自己
       カウンセリングの方法」をガイダンスしている。


●日本人の認知症(痴呆症)の正しい分かり方

 日本人の認知症(痴呆症)とは、哲学の言葉で説明すると、脳の言語野の「空間性の言語領域」が止まっていること、および、動物の脳といわれている大脳辺縁系の中枢神経が、動詞文の言葉のとおりに異常な言葉や異常な行動を表象する、のことです。
 日本はもちろん、世界のどんな企業も学者も、国も、医療従事者も脳科学者も、認知症(痴呆症)のこの原因と発生のしくみを理解していません。
 これは、人間の脳は「人間的意識」や「言葉、言語」を生成するので、「人間の意識とは何か?」「人間の言葉とは何か?」(共同幻想、ヘーゲルのいう思考の弁証法のしくみ)が理解できなければ、正しく理解できる問題ではないことが根拠になっています。
 人間の脳の働き方(言葉のつくられ方)に関する考察や解明をふまえて、認知症(痴呆症)を「治す」「予防する」「防ぐ」とは、どうすることをいうのか?というと、それは、次のとおりです。



[2018/11/21 16:52] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子