谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5074] ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会方式=自己カウンセリングの実行の仕方」をガイダンスします! 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2019/01/01(火)15:29
[5074-1] ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会方式=自己カウンセリングの実行の仕方」をガイダンスします! 谷川うさ子 2019/01/01(火)15:28
          ポルソナーレ「自己カウンセリング」は、
       フォーム(form)を
       用いて行う。
       このフォーム(form)は、
       ギリシャ哲学の
       定義にもとづく形式である。
       プラトン、アリストテレスが
       フォーム(form)の
       本質を定義した。
       ものごとの要素(材料、
       資料)を
       構成すると、
       当のそのものの実体が
       姿を現すというものだ。
       「自己カウンセリング」に
       とっての実体とは、
       「正常な脳の働き方」の
       ことである。


●自己カウンセリングのフォーム(form)の目的と効果

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、9月、10月、11月の三ヵ月をかけて「自己カウンセリングのフォーム(form)」を研究開発しました。
 そしてこの平成30年12月の一回目のゼミでは完成したフォーム(form)をご提示して、その使い方、役立て方、効果をガイダンスしました。
 このフォーム(form)のとおりに「主題」を書き、「経験」の文、文章を書くと、誰でも、ポルソナーレの本部が行っているカウンセリングの実行の能力が身につく、という知的能力を展開することができます。
 フォーム(form)の構成に内包している本質(アリストテレスによる)とは何か?というと、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが約10年間かけて明らかにした「脳の働き方」(言葉の生成のしくみ)です。
 まず、自律神経の交感神経が働いて視覚による空間性とものごとの動きの秩序の像を生成する、次に、副交感神経がセットで働いて「聴覚」の発声、発音による「記号性」「説明性」「伝達性」の三つのしくみのうち、「説明性」が、「目で見た」という「感覚の知覚」の内容の「ゲシュタルト形態」の像を「説明する」(名詞化する、抽象名詞化する)というのが、「脳の働き方」(言葉の生成のしくみ)の基本の本質です。

●日本人のうつ病、分裂病=認知症(痴呆症)は日本語=動詞文がつくり出しています

 すでにどなたもよくお分りのとおり、日本人の精神病理、心身の病気(自己免疫疾患、強迫神経症など)は、日本語の「動詞文」がつくり出します。
 この日本人の誰もが抱えている認知症(痴呆症)に至る病気は、脳の働き方(言葉の生成のしくみ)が明らかにする考察の仕方にもとづくと、日本語(動詞文)が原因と理由になっています。
 吉本隆明の『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)と『母型論』(贈与論、現代思潮社)は、このことの証明です。
 黙契(もっけい)は、動詞文の動詞の言葉の反復とクローズアップのことです。禁制(きんせい)は、「クローズアップした像に解釈した擬制の名詞」のことです。
 (『共同幻想論』によります)
 「性」についての解釈と行動の仕方を説明するのが「母系制」です。(『母型論』によります)
 「性」は、「生殖の性」と、「一対一の男と女の関係性を完成させる性(対幻想)」の二つのしくみをもちます。
 「母系制」は、「生殖の性」のみを肯定して主張します。

[5074-2] 谷川うさ子 2019/01/01(火)15:29
    「一対一の男と女の関係性」を否定して「近づかない行動の仕方」(外扱い)、「近づけば、相手の言葉を破壊する」(内扱い)(言葉のあらわし方)というように「動詞文」の「行動の仕方」(外扱い)と「言葉のあらわし方」を説明するのが「母系制」です。
 吉本隆明が『共同幻想論』と『母型論』(母系制)で説明する日本人の病理の異常は、精神病理学でいうと「精神分裂病」です。

●現在の日本人の認知症(痴呆症)は、ステージ3の段階の症状です

 日本人の使う日本語(動詞文)のつくる日本人型の「精神分裂病」は、認知症(痴呆症)に置き換えると「よくしゃべり、よく行動する」(ステージ1)、「自分の現実を行動の面か、言葉の面かのどちらかを壊す」(ステージ2)、「言葉とともに行動も止まる」(ステージ3)という病理症状をあらわします。 
 テクノロジー状況(AI、IoT、ワープロソフトによる)では、認知症(痴呆症)の「ステージ3」の段階に、大半の日本人は存在しています。

●「フォーム」(form)の有効性と必要性とはこういうものです

 ではなぜこういう認知症(痴呆症)(精神分裂病)がつくり出されるのか?というと、「名詞」「抽象名詞」を記憶できない脳の働き方によります。
 「名詞」「抽象名詞」が「全く見えない」(視覚の感覚の知覚)、「名詞」「抽象名詞」は「丸暗記して行動するが、意味は説明できない」、聴覚の知覚の認知の「記号性」と「説明性」、「性欲を否定して食欲だけを自己の欲として、これを社会的にも行動の目的にする」(メタファーとしての食欲=ゲーム、娯楽)というのが日本人の認知症(痴呆症=精神分裂病)の実体です。
 日本人の認知症(もしくは精神分裂病)の生成の機序をこのように解明してみると、その対策の改善や予防、もしくは病的な家族の「病理の抑制」は、「名詞」「抽象名詞」をつくり出す脳の働き方の回復であることが分かるでしょう。
 そこで、開発されたのがポルソナーレの「自己カウンセリングのフォーム(form)」です。
 ぜひ、今から使い方をマスターして、よりよいカウンセリング成果を上げてください。


<前の1件]


スレッド[5074]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2019/01/16 23:18] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子