谷川うさ子トップページへ お問い合わせはこちら
ようこそ。私どもの全日本カウンセラー協会ポルソナーレのカウウセリング・ゼミへ
>> 最新のバックナンバーはこちらをクリック <<
NEW 忘れる脳が一気に解消!10倍働く脳になれる
「谷川うさ子王国物語」パート・6(シックス)とは

●脳の「名詞の言語野」を働かせるだけ!
この通信講座の特徴は、一日15分、イラストの絵を見ながら、三つの回答のどれかを選ぶだけ
脳の自律神経の働き方を変える免疫療法で病気の改善に
受講者の絶賛の声も続々!
NEW 50歳代主婦がゲーム依存の娘を治してみた
「認知症は防ぎようがない」の常識が180度ガラリと変わる予防と改善の方法
●要チェック!認知症早わかり、一気に解消テク総ざらい
●女性は、行動よりも言葉を先に憶えるので、例外なく母親の動詞の言葉をマスターしてしまいます。
●男性は、「ネット依存症」になってはいけません。言葉の能力がレベルダウンします。
●たったこれだけ!日本人なら誰も逃げられない認知症の効果抜群の予防策とは
NEW 親の認知症が心配な人必見!予防と改善がうまくいく4つの方法
認知症は高齢者だけのものという誤解も解消
●40代女性、50代男性でもOK!簡単に分かる認知症理解のコツとは
●安すぎる!たった月2万円の会費だけで病気知らずの人生をつくる3つの方法
●うそ!思わず目を疑った男性の病気づくり4つの生き方
●認知症の心配ごとが解決する「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」とは?
NEW 認知症をすぐに治す「予防・改善」3つの対策とは
「NHKスペシャル」の「認知症1300万人社会」を見て、「認知症は避けられない」「諦めて受け容れるしかないのか」と思っていた人に!
認知症は高齢者だけのものという誤解も解消する予防、改善の仕方をご紹介します。
「いやだあ」「辛いなあ」「逃げたいなあ」と心の中で思ったとき、それが脳に伝わります。「嫌だな」と思った瞬間に「ゆるみ」「たるみ」が起こるのです。
「人から言われなければやらない」と拡大し「おこなわない理由」を考えます。すると「ゆるみ」「たるみ」のもたらす安らぎ、リラックス感がはっきり意識されます。これが「認知症」です。
エミール・クレペリンは若い年齢から始まるのが「早発性痴呆」と名づけました。ここで起こるのが「行動の止まり」です。
NEW 長年の中学生の頃からの心の悩みが解決する「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」とは
認知症(痴呆症)はなぜ起こる? 認知症は名詞の言葉を言うことで改善できます!
ポルソナーレの「カウンセリング・ゼミ」の現会員の皆様にお役立ていただいている認知症(痴呆症)の改善の効果の声をご紹介します。
朝、会社に行きたくない、と思うことはありませんか。それが「ゆるみ」「たるみ」の症状です。「行かない」と心が折れてしまえば「痴呆症」です。
今の医学は、「身体」の「ゆるみ」「たるみ」のことしか分からないので、予防の仕方も、改善の仕方も分からないのです。
女性と男性の「ゆるみ」「たるみ」(弛緩)は大きく違うということを分かっておくと助かりますよ。
NEW 日本人の認知症のリスクとは
「話すということ」「人の話を聞く」ということは「言葉」を一つ一つ分かるということです。
ごく普通の日本人は、「人の話す言葉」をほとんどといっていいくらい、その瞬間も、会話の最中も、会話が終わってからも、「どんな言葉も記憶していない」。
脳の働き方(言葉の生成のしくみ)から見ると、「自分の欲(食欲と性欲)のことしか記憶できない」という働き方をします。
多くの日本人は、「仮の目的」「仮の対象の理解」だけで生きることを可能にしています。「仮」ですから正しい内容のとしての対象は分からないままです。
NEW 認知症は忘れることではない。憶えていないことが分からない。憶えていないことを喜びとする病気のこと。
女性は、行動とは、しゃべることだと思っている
口から言葉が発音の音とともにあふれ出ているうちは、「自分は正常で、知的だ」と思っている。
女性のモノ忘れは3つだ。過ぎたことを作り変える、新しいことをつくり変える、今の目の前のことをつくり変える。
NEW 認知症にならない4つの法則
●働いている女性が認知症(痴呆症)を超カンタンに予防できる4つのルールとは?
●女性の顔と目を見て、話せる男性は、なぜ、認知症のリスクは3つしか無いの?
●女性は、母親との関係を変えれば、「がん」「肺炎」「心臓病」になりにくいって、その理由は?
●女性は、婦人科系の疾患を治せば、寝たきり人生にはならない4つの条件って?
●認知症(痴呆症)になりたくない、認知症(痴呆症)の人を治してあげたい!!と思っている人には、驚くほど、みるみる強力な効果があらわれる!!
NEW すぐに効果を実感できて辛い症状が消える!
女性の顔を見ながら話せる男性。女性の話した名詞を言える男性。下書きのメールを入力する男性。を気分のいい毎日にする3つの法則

認知症のリスクの法則の1つ目は、「忘れていること」に気がついていないことです。「忘れていること」は、行動しません。「憶えていること」だけを行動できている。
「男性の脳の働き方は、視床下部の性の欲の中枢が行動をつくり出すので、どんなことでも、どんなに異常に見えることでも行動ができているうちは、行動の対象について異常でも正常でも思考することができます。
NEW じわじわ進んでいる脳と身体の症状がパッと治る!
働く女性。人の世話をしている女性。人から必要とされている女性。を楽々、元気にする三つの法則

1つめは、20歳、30歳代の女性で、「いつ、どこで、誰が」という話し方をしない人は、早い時期から認知症の症状を現します。一般的に、働いている女性には少ない話し方です。
認知症の病理症状が自覚されない人は、2つ目の法則の拒否とか、否定の言葉が考えるよりも口から先に出てくることはない女性です。
NEW 日本人は、行動の止まり(即、死ぬこと)を回避するために、食欲と性欲、異常なしゃべり、異常な行動、精神分裂病づくりにとりくんできた。
「心・精神の病気は治したくないよ」「身体の疾患を治す人は、嫌い。せっかくのお宝を取るな」
イバり、騙し、嘘偽をしゃべり、身近な人を支配する。
どんなに正しい社会性のある説明でも「拒絶すること」を目的とする。
NEW 日本人の認知症(痴呆症)は、精神疾患を治したがらない、身体の疾患を喜びます!
「訓読み」とは、「解釈」のことです。「自分はこう思う」、10人いれば10人分の「思い方」「思ったこと」「思い」「思うこと」が解釈です。
どんなにデタラメでも、どんなに怪しげな発言でも「どれも、立派で、高く評価されるものだ」と肯定されるのが解釈です。
「漢字・漢語」の「訓読み」とはこういう本質をもって作り出されました。作られたのは「明治」になってからです。
NEW 日本人の認知症(痴呆症)は、「700万人時代」から、「800万人時代」(2025年)に華々しく突入しています。
ポルソナーレは、社会教育の教育法として「一人練習」という考え方を早くからお伝えしています。
「家の中は、社会に出るにあたっての一人練習をおこなう場所である」という考え方です。
この「一人練習」の効果を認めることができるかどうかが、親の子どもへの責任があるかどうかの基準になります。
NEW 吉本隆明の『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)は、日本人の認知症(痴呆症)は、「死(他界)を抱えていること、 精神分裂病(一期、二期、三期)をつくり出していること、身体疾患の「死(他界)の四つの行程」を、「おいしい生活」とともに生存することを教えています!!
人間の真実はどこにあるのかというと、それはハンナ・アーレントの『人間の条件』に語られています。
人間は「共同性として生き、共同性として死ぬ」ことが基準です。
吉本隆明の「個体・家族・共同性としての人間」(『情況への発言)が裏付けています。
NEW 日本人の心・精神の病気の精神分裂病の病理症状は、 認知症(痴呆症)の行動の止まり(死ぬこと)を回避する生存の手段なので、誰も治したがらない、治す人に敵意を向ける
日本人の認知症(痴呆症)は、日本人の心・精神の病の精神分裂病をつくっていること、
同時に、身体の生体防御システム(セントラルドグマ)を破綻させて疾患をつくっている。
NEW 日本人にとって精神分裂病とは何か?
デタラメでも虚偽でも、とりあえず「行動」をあらわす表現だ。

日本語(和語)は、現実と水と油の関係。
日本人の精神病理の唯一無比の特徴は「イバること」。
「スマホ」は、現実の名詞、抽象名詞の学習機会をなくし、行動による現実理解の機会をなくして、精神分裂病の第一期、第二期の病理を深くしつづけています。
NEW 日本人の認知症(痴呆症)は、「タラレバ女子」「タラレバ男子」という精神分裂病をつくって、さしあたり、今日一日を生存させている!!
オーバー30の女子が、仕事のこと、恋愛や結婚のことをグチるというのが「東京タラレバ娘」だ。ドラマにもなって話題を呼んでいる。
「タラレバは、女子はいいけど、男子はタチが悪い」(山崎世美子・男女問題研究家)というが、本当のところは、女性の方が深刻なのだ。
人間社会の本質は、目的のない行動は停滞して、病理の行動の変わります。
母親は女児に、意味を思いつくままに解釈し「分裂病としての禁制の言葉」を語りつづけたのです。
NEW 日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくって生存を可能にしてきた!
パソコン、スマホ、ケータイでアプリとかネット情報を画面(ディスプレー)に表示させて、
「これはよく分かる。おもしろい。なんだ、世の中の人は、こういうことを思い、こういうことをやっているのか」と、
グラビア雑誌か、写真報道のニュース雑誌を無料で眺めるように見て、自分の知識や欲を充実させ、娯楽の時間消費で満ち足りています。
NEW パソコン、スマホに取り憑いて、20〜30代の人が東京では年間、300人くらいの人が「孤独死」。
吉本隆明の『共同幻想論』には、コンピューターのなかったころの日本人の心・精神の病気(精神分裂病)が説明されています。

「全く興味のないアプリ、関心をもてないネット情報」と同じように
サッと遠ざける、ほんの一秒も見る(聞く)という意識が起きないという扱いをしているのが日本人の正しい現実です。
ものの考え方や行動の縮小は、日本人の未開、古代の時代からずっとつづいてきているものです。
NEW 【精神分裂病の第二期の病理症状】 日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくって、食事、トイレ、入浴を可能にしている!
現在、介護問題に関連していわれている説明は、そのほとんどがごく表面だけを見た理解の仕方です
精神分裂病の第二期の病理症状をくりかえしおこなってきた人が頭の中の空想の現実を行動の対象としたときにあらわれるのが異常行動です。
対策は、介護する人も介護される人も、「名詞」「抽象名詞」を正しく言うことです。「経験同一化の法則」が働いて、正常な発言、および行動が期待できます。
NEW 【日本人の精神分裂病の第一期の症状】 日本人の認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくって、生存を可能にしている!!
日本人の心・精神の病気は、中学生のころからはじまります。
性の機能や能力が完成する年齢で、自分ひとりの力で人間関係をつくり、その関係を社会的に意味のあるものにつくりあげています。
そして、これがほとんどの日本人にとって、生涯にわたる心・精神の病気の始まりになっています。
NEW 【日本人の心・精神の病気の特徴は、病理症状を抱えて生きている、ということです】
奇妙なことに、「困っています」という相談はおこなっても、話を聞くとその瞬間からアドバイスなりの言葉に、「でも」「いや」「それはできない」「そういうことは聞きたくない」と発言が起こります。
谷川うさ子王国物語5・第11ヵ月めの学習カリキュラムは、日本人の認知症(痴呆症)の完全理解と対策をお届けします!!
NEW 現代の日本人の認知症(痴呆症)の病理症状は、頭の中に作り出したイメージ(病理)のとおりに行動して、「現実」(リアル)を放置するというものだ。
日本人の認知症(痴呆症)の生成の心的現象は、吉本隆明の『共同幻想論』がよく説明している。
日本人の心・精神の病気の特徴は、「作為性」ということにある。
良心の呵責(かしゃく)の消滅が目立つと分裂病の第三のステージに突入していく。
NEW 日本人の認知症(痴呆症)とは、「人がこう言っていた」「自分はこう思う……みたいな感じ」を行動の目的にすることです。
「人の話す噂(うわさ)」を自分の行動のルールにすることが「禁制」(タブー)です。
現代の「噂」(うわさ)と禁制(きんせい)の言葉はインターネットの「ニュース」「情報」「アプリ」「ネットでつながる人間関係」です。
これらの日本人の認知症(痴呆症)の症状は、「現実というものが全く分からないこと」です。
NEW 日本人の認知症(痴呆症)の正しい理解。正しい防ぎ方と改善の仕方。完全対策を教えます。
「こだわりの行動のパターン」とは、あなたに奇妙な安心を感じさせる行動のくりかえしのことです。
ほんのちょっとの症状があるときに、これは、何かをできない苦痛を感じると思えば、その症状を理由に一切の行動を中断するでしょう。あれが嫌だ、これも嫌だと思えば、行動を止める理由になります。
あるべき行動の欠如や欠落が共通しています。
「自分の言葉の方が正しい」と強力に思い込んで一歩もゆずることがないと日々、主張するのが女性の「言葉」の実相です。
NEW 日本人の認知症(痴呆症)は、日本人にとって当り前!と説明するのが、吉本隆明の『共同幻想論』の「憑人論」「巫覡(ふげき)論」「巫女論」です!!
『共同幻想論』は、古代の日本人の日本語(和語)で行動し、話すということがつくり出す病理が語られている。
「巫女論」では、「女性」のつくる言葉は異常な行動をつくると説明されている。
現代の日本人の認知症(痴呆症)の異常行動の生成の機序を説明している。
母親は子どもの女児に、自分の強迫観念や強迫神経症の言葉を、「狐」や「巫女」の話す言葉のとおりに今も、なお話しています。
NEW 吉本隆明の『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)の「禁制論」が教える日本人の認知症(痴呆症)の真実
同じ行動をくりかえすと、そのくりかえしの行動が型(秩序)をつくる、ということが「黙契」です。
日本人は、仕事でも、日常生活でも人間関係でも、「同じ行動」をくりかえして「自分だけの秩序」をつくり、この「自分だけの秩序」で仕事にとりくんでいます。
「禁制」とは、「人がこう言ったらしい」とか母親の主観による「……をしてはいけない」「……をしなければならない」という言葉を行動の型(秩序)とすることです。
しかし・・・
NEW 平成28年の一年間のポルソナーレの「カウンセリング・ゼミ」の総括をお伝えします!!
日本人の認知症(痴呆症)の予防、改善の仕方、および「要介護」の防ぎ方、治し方をお伝えいたします!
「調べること」をめんどうだ、やりたくない、つづけられない、つまらない、…と思うことが認知症(痴呆症)の実体です。
そして、その理由を言うときの言葉と行動の仕方がその人の認知症の病理症状です。
NEW 学習のカリキュラムは、日本人の認知症(痴呆症)の発生の機序と、症状の起こり方を「完全解明」して、予防と改善の仕方をお伝えしています!!
重要なことは、認知症(痴呆症)は、高齢者だけのものだと誰もが考えていますが、実は、中学生の年齢の思春期からすでに始まっている、ということです。
ここから説明することを「分かりたい」と思うか、それとも「めんどくさい。なにやら頭の中がボーッとしてきた」と思うか、このどちらかが、あなた、もしくはこの説明を目にしたり耳にする人の「認知症」(痴呆症)を決定的に左右します。
●さしあたり、とりくめる対策とは?
NEW 完全解明日本人の認知症(痴呆症)と要介護状態は、男性よりも女性の方が圧倒的に多いのはなぜか?を教えます!!
・女性は、まず「言葉」を先に憶えます。男性は、まず「行動」を憶えます。そして次に「言葉」を憶えます。この違いが、「認知症」(痴呆症)の症状の発症の仕方の違いになります。
・人間関係をつくれる女性、社会に適応しているように行動しているようにみえる女性も、母親の教えた言葉(日本語・和語)によって病的な行動をあらわしている人が多いのです
・人間関係とうまく適応できない女性は、家の中で、家族の人にしか分からない奇妙かつ異様な行動をくる日もくる日もくりかえします。
・男性は、言葉を記号として憶えて行動して、認知症(痴呆症)を隠しています。
NEW 完全解明。日本人の認知症(痴呆症)の原因と発症の仕方を教えます!!
●多くの人は「今の私は認知症(痴呆症)ではない」と思っています
●多くの日本人は、日々、家族の「要介護状態」に無関心なのはなぜ?
●「分からない」「できない」「何もしたくない」と思っているあなたへの真実の愛のメッセージ
NEW 完全解明。女性が認知症(痴呆症)から要介護状態になる人が、男性よりも多いのは、なぜか?
・「行動」よりも言葉を先に母親から学習するからです。
・発音(音韻)を言葉にするという脳の働きをもつのが「女性」です。女性が言葉と人間関係をつくり出します。
・男性は、女性から言葉と人間関係を学習します(母親と子どもの関係のことです)。
・日本語(和語)が、人間の心理や思考、人間関係の媒介の言葉をもっていないので、その人の本質を説明する言葉は全く分からないのです。
NEW 学習障害 その12 日本人の社会不適応は「人の欠点をあげつらう」の言語障害がつくります。
・心・精神の病気は、自分の破滅を心配する自覚による辛さのことだ。「言語障害」は、辛を快感に変えている。あらわす行動は破滅だけになっている。
・中2の少女を誘拐して2年間にわたって監禁した「寺内樺風・かぶ、24歳」は、第2回公判で「表面化しなければ何をしてもいい」と証言した。
・欲の脳の視床下部は、性の欲と食の欲をつくる。食の欲で行動を起こし、性の欲で対象との関係をつくる。ところが欲は、人のこと、他者のことは考えない。
・日本語の動詞がつくる人間関係の言葉は、「甘える」が土台になっている。
・日本人の病理は、ごく初期の症状の段階から「イバる」 「エラぶる」 「人をバカにする」 「人を見下す」ことを特色とする。
・日本人の「社会不適応」は、「失敗」や「能力不足」がつくり出すのではない。「自分はこう思う」の「思う」のイバリ(尊大)がつくり出すのである。
NEW 日本人の内因性の病気、心因性の病気のほとんどは、誰もが抱える言語障害が原因です。
お伝えしている対策にとりくみ、早発性の痴呆、認知症(痴呆症)…要介護状態の予防と改善をおこなってください。

心身の不調を抱えている人は、ごくふつうの対策の言葉を否定したり、拒否しています。さらには、対立的に反発もしています。
「外側核」は、「できない」「分からない」「憶えられない」という行動の止まりの言葉と行動を生成します。
「腹内側核」は、「意味不明の言葉」「デタラメの言葉」「ちんぷんかんぷん語」「虚偽の言葉」と行動をつくり出します。
NEW 日本人の貧困、若年性の痴呆(MCI)、行動の止まりという強迫と神経症は、日本語の使い方の誤りの「言語障害」が原因です!
音読みで読めるようにする、音読みの意味を調べて言葉で言い表せることが仕事の実力になって輝きます。
相手の人が話した「名詞」(抽象名詞)は無視しないで、肯定的に復唱すると、親愛な人間関係がつくれます。
一方的に、相手の顔、目を見ながら「ひとりごと」のように「名詞」を話すことが心・精神の病の人の改善の対策です。
NEW 貧困、虐待、DV、自殺、精神崩壊を防いで、 誰よりも幸せになる脳の働き方を教えます!!
見ないフリというのは、日本人のひとりひとりのものの考え方の反映です
●日本人は普通と思っている「貧困」「虐待」「DV」「自殺」
親から子への連鎖。本人にはいいも悪いもなく、倫理も社会常識もないので、自分を破壊するまで身近な人間を破壊しつづける
規範を視床下部の「腹内側核」で「自分はこう思う」の「思う」で好き勝手に作り変え、欲をしゃべっている人だった
NEW 間違いだらけの認知症(痴呆症)予備軍の理解と防ぎ方
50歳からの認知症予備軍(軽度認知障害・MCI)は、今、400万人
人間は、ゲームとか音楽とか、マンガを読むとかの楽しいことがあれば、困っていることは何も無いように思えます。
●認知症は、日本語(ひらがなの言葉)の使い方が原因で起こる
日本人の誰にもあてはまるこの脳の働き方を人間らしい知的な働き方に変えるのがポルソナーレのカウンセリング・ゼミです。
NEW 日本人の「貧困の連鎖」は、学習障害がつくる「言語障害」を改善すると好転します
長時間労働で鬱病になり、自殺したというニュースが大きくとりあげられた。
長時間働くとなぜ鬱病になるのか?そしてなぜ自殺に追いやられるのか?この根本の問題は語られていない。
鬱病になるのは、必ずしも「長時間労働」が原因ではない
●「超格差社会」は、二○○○年代からずっとつづいている。格差はどんどん広がっている
●貧困を防ぐ!! 心身の健康を守る!! 生活を豊かにする対策
NEW 日本人の心身の病気の「ゆるみ」「たるみ」(弛緩・しかん)は、学習障害がつくる「言語障害」を治すと解消します。
●ゲスなテーマのレディースコミックを愛読する女性たち
●全体の半分が女の不幸、女の悲惨(貧困、虐待、高学歴女子の貧困連鎖の結果うつ病になって壊れてしまったなど)の話題
●日本人の心・精神の病気は、現実を壊す行動に変わっている
●レディースコミック誌もスマホもパソコン、デバイスも同じ病気の生成の役割を果している
NEW 日本人の心身の病気は「言語障害」がつくります。「言語障害」とは、学習障害がつくり出す病理のことです!!対策と改善の仕方をお伝えします!
●日本人の心身の病気は、いっそうひどくなっている
●日本の女性が好む「レディースコミック」のテーマは「不幸話」「悲惨話」
●「いずれ、近いうちに自分もこのとおりのことを行う」という「強迫」と「強迫神経症」の材料(ネタ)
●快感のドーパミンを分泌するので、その快感を志向する材料として「レディースコミック」や「スマホのアプリ」の中の悲惨なニュースを愛好
NEW 日本人の認知症(痴呆症)をつくる原因は、「学習障害」=「言語障害」です。予防に勝る対策はありません。
●言語障害が日本の心身の病気の原因です
●日本人が対人恐怖や引きこもり、異常行動をあらわすしくみについて教えます
●日本人が、心の病になると「暴力的」になり、近くの人間を「攻撃する」しくみを教えます
NEW 日本人の「学習障害」の例。
「発言」「進言」「過言」「格言」「金言」「箴言」は「読めればいい」、「意味は分からなくてもいい」と、ふつうに誰もが考えていること、です。

日本人は、口に出して言葉を言うことを「話す」「喋(しゃべ)る」「言う」ことだと考えている。
これは、「自分はこう思う」の話し方のことだ。「相手」に対して話すときは、「発言」とか「進言」という。
この違いが分からないことが「学習障害」だ。「発言」の音読みの意味が分からなければ人間関係は崩壊する
NEW 日本人の「学習障害」の例。
「見る」「観る」「視る」の「漢字・漢語」は「読めればいい」「意味は自然に分かってくる」と考えていることです。

「見る」「観る」「視る」はどれも「ミル」と読む。どれも「訓読み」だ。
訓読みとは解釈のことだ。この解釈の「ミル」が「意味だ」と思っている人は多い。
だから、「会話」のときに「相手の顔、目を見ない」。これが日本人の「学習障害」の病理症状だ。
NEW 日本人の「学習障害」の例。
「機械」「器械」は「読めればいい」、「意味は分からなくてもいい」とふつうに思っていて、気にならないこと、です。

「自分は漢字は知っている。仕事にも生活にも何の支障もない」と考えている。
「言葉の意味」が正しく分からないということは、間違った行動による仕事をおこなうということです。
「機械」と「器械」の意味が分からない場合の病気のつくられ方を教えます。
NEW 【学習障害 その10】
日本人の「学習障害」の診断の仕方は、「自分の病理をどのように正当化しているか?」で測定します。
NEW 日本人の「学習障害」の例。
「聞く」「聴く」「訊く」は、「読めればいい」、「意味は分からなくてもいい」、と考えていることです。

●「聴く」の意味が分からない人は、「右脳の視覚野、聴覚野」が働いて、人間の言葉が分からなくなる
●「聴く」の漢字の意味が分からない人は「相手の顔、目を見ない」という病気をあらわす
●「仕事が出来ない」「収入が激減する」のは「聴く」の意味が分からないのが原因
NEW 日本人の「学習障害」の例。
「開ける」「空ける」「明ける」を、「読めればいい」「意味は分からなくてもいい」と考えていることです。

話し言葉で「あける」と言えば意味は通じると思っている人が多い。
しかし、「開」「空」「明」の意味が正しく分からなければ、ここから「人の話が分からない」という病理が起こる。
NEW 日本人の「学習障害」の例。
「決済」と「決裁」の「漢字・漢語」を「読めればいい」、「意味は分からなくてもいい」と考えていることです。

「漢字・漢語」は、明治になって、ヨーロッパの文物や法、社会制度、人間関係の決まりごとを翻訳して輸入するのに用いられた。
現代の日本人が使っている「民族」「幾何」「人権」「動物園」などは明治に作られた言葉だ。
だが、今、多くの日本人は、「漢字・漢語の言葉は読めればいい」「意味は分からなくてもいい」と考えている。
NEW 日本人の「学習障害」と対策についてお伝えします!!
「学習障害」とは、人の話を聞いてもよく分からない、本を読んでもよく分からない、仕事に行っても仕事の言葉がよく分からない、といったことをさします。
ポルソナーレは、いくつもの疑問を抱えてその原因と理由の解明にとりくんできました。その解明が脳の働き方(言葉の生成のしくみ)です。
この「脳の働き方」(言葉の生成のしくみ)が、日本人は「学習障害」を誰もがもっていることの証拠と証明になります。
NEW 日本人の学習障害とその意味 日本人の心身の病気の原因は、日本語(和語・ヤマトコトバ)の使い方が間違っている「学習障害」です!!
日本人の社会、仕事の言葉、社会の中の言葉は、全て「漢字」と「漢語」でできています。
日本人の「学習障害」の最も深刻なことは、「漢字」「漢語」で書かれている文や文章を目で見ても、
そして、目だけで読むと、「意味」は分かっている」と勝手に思い込んでいることです。
こういう「話の仕方」で正常な関係が成立するはずもありません。
NEW 日本人の「学習障害」の事例・3 人としゃべれません。話題がないからです。つい、スマホを出して画面を眺めます。
日本人の「学習障害」とは、社会的な人間関係をイバりで壊すことです
漢字は読めればいい、意味はどうでもいい!!が日本人の学習障害です
「自分はこう思う」と、偽(ぎ)の行動の目的をつくって異常な行動をくりかえします
親、きょうだい、身近な人の心身の病理は、こうやって治しましょう
NEW 日本人の「学習障害」の事例・2 仕事の中で上司の言葉がよく分りません
「内扱い」とは仕事の言葉を学習しないことです
「内扱い」は「自分はこう思う」と仕事の言葉を不問にしてイバリます
日本人は「強迫」のイメージを「行動の目的」にします
日本語の動詞文は「瓜子姫」(旧神話)の「食糧の独占」を起源にしています
日本語の動詞文は「依存症」をつくります。これが日本人の心身の病気の実体です
NEW 日本人の「学習障害」の事例・1
日本語の「動詞文」とは「自分はこう思った」のこと
日本語の「和語」の動詞文は「食糧の独占」(女、子ども、老人を飢餓に追いやる)が根拠
「自分はこう思う」(動詞文)は、「内扱い」のことだから、社会の中の秩序はどんどん壊す
日本の男性、女性が「内扱い」で結婚するとどうなるか?
NEW 日本人の認知症(痴呆症)に至るうつ病、分裂病、本人もよく分かっている異常行動・発言の強迫神経症は、「学習障害」が原因です。
日本人の心身の病気は「知らないこと」ではなくて、その経験の局面で「名詞を無視する」「抽象名詞をウソっぽく作り変えて、いびつに歪めてしまう」ということに根ざしています。
「動詞文」からの離脱、病気の状態からの脱出を全く望まないのが重度の依存症です。
NEW 日本人の「学習障害」とは?をお伝えします。
重要なことは、日本語(和語・ヤマトコトバ)が病気をつくったり、事件を起こすのではありません。
人間が、日本語(和語・ヤマトコトバ)の使い方を誤って、その結果、多くの人々が心身の病気に陥っています。
NEW! 谷川うさ子王国物語・パートX(ファイブ)の第2ヵ月めは、
まるまる「対人恐怖症」に焦点をあてて、改善の仕方と治し方、予防の仕方
(乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方のことです)を、全面的に展開します。
NEW 日本語の内扱いとは、こういうものです
NEW 第18期の教育の狙いと目的をお伝えします。
日本人の已然と未然の動詞中心の言葉は、ルール、きまり、約束にかんする言葉は「聞かない」「話さない」
(省略する、無視する、忘れるということです)ということを本質にしています。

NEW 第18期のカウンセリング・ゼミをご案内いたします!!


第17期の成果と、第18期の教育の方針と狙いをお伝えいたします。
NEW!新・通信講座のご案内 『谷川うさ子王国物語・パート・X』
NEW ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが明らかにした
日本人の要介護と認知症(痴呆症)の予防、改善 のためのマニュアルをお伝えします。

>> 最新のバックナンバーはこちらをクリック <<
ポルソナーレのゼミの様子をYouTubeに公開しました。
谷川うさ子
「今日の一言」掲示板はこちら


メールマガジン
登録・解除はこちら
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
読むだけで幸せになる手紙
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
バックナンバー
はこちら


月2回連載中!
吉本隆明
『初期ノート』
解説
依田圭一郎(ゼミ生)

初期ノート



男性に嫌われない女性の話し方。
女性に嫌われない男性のしゃべり方。
特設ゼミ・哲学入門
ハンナ・アーレントの
『人間の条件』
バックナンバー
哲学入門 サンプル
29回 社会的なるものと
私的なるもの

脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

一部公開しました。
NEW!新・通信講座のご案内 『谷川うさ子王国物語・パート・X』

トップページ  年間カリキュラム 学習の感想と学習成果 
「日本人の思考」と「谷川うさ子王国物語」と「グローバル化の恐怖」
学習内容(サンプル) 「言葉」 日本語の影響。その仕組みと感情、距離感、人間関係について
「脳を発達させる日本語トレーニング・ペーパー」の役立て方の資料『分裂病の自己診断表と自己診断』

パートIV、第9ヵ月め学習テーマ 認知症(痴呆症)の改善の仕方への真実の愛のメッセージ
日本人の最大の問題である「要介護状態」「認知症」(痴呆症)の予防、防止、改善
日本人の認知症(痴呆症)は、日本人の多くの人がおこなっている学校の勉強や仕事の憶え方の「丸暗記」が直接の原因である
日本人の「要介護状態」をつくり出す「認知症」(痴呆症)の発生のしくみと対策
認知症(痴呆症)を予防して資産を守ろう!
日本人の最大の暗黒問題は、要介護状態になること!!です。予防と改善の仕方の真実の愛のメッセージをお伝えします

NEW!スマホやパソコンの(画面)に表示させているものに逃避して 無感覚、無思考におちいらせているのが 認知症(痴呆症)という「行動の止まり方」
NEW! パート・X(ファイブ)の第2ヵ月めは、まるまる「対人恐怖症」に焦点をあてて、改善の仕方と治し方、予防の仕方
(乳・幼児をもっている母親の、子どもへの接し方のことです)を、全面的に展開します。

NEW! 緊急のメッセージ 平成28年5月7日
自分のこと、将来のことで心配なことはある。
しかし、スマホやパソコンの画面を見るから、すぐに安心するので、悩むことは何もなくなる。おもしろ、おかしく、楽しくやっている。
しちめんどくさいことはうんざりなんだ、と思っている方にも、特別にお届けする緊急警報とご案内

NEW!パート・X第3ヵ月めの学習テーマ 「強迫が相手の顔、目を見ない病気をつくる」
NEW!パート・X第4ヵ月めの学習テーマ 「相手の顔、目を見る、見ない」が「強迫」をつくる」
NEW!パート・X第5ヵ月めの学習テーマ 「認知症(痴呆症)の予防と改善は「学習障害」を治せ
NEW!パート・X第11ヵ月めの学習テーマ 【日本人の心・精神の病気の特徴は、病理症状を抱えて生きている、ということです】 日本人の認知症(痴呆症)の完全理解と対策をお届けします!!
NEW! 忘れる脳が一気に解消!10倍働く脳になれる「谷川うさ子王国物語」パート・6(シックス)とは

全日本カウンセラー協会・ポルソナーレは、要介護状態にならない、今から予防する、認知症(痴呆症)の改善の方法を教えています!
全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ本部 代表 田原克拓
要介護状態とは、自分がおこなっていた日々の行動を他者の世話になること、です。「行動の止まり」が起こることです。
認知症(痴呆症)とは、「行動の止まり」をつくるものの考え方(脳の働き方)のことです。
認知症(痴呆症)は、「行動の完全な止まり」(中核症状)と「行動の部分、限定の止まり」(周辺症状)のことです。

◎「行動の部分的、限定的な止まり」(周辺症状)の例
■自律神経の症状……「白内障」「突発性難聴」「リウマチ」「肩コリ」「婦人科系の疾患
■対人不安……「グループでの付き合いがニガテ」「二人で話すと顔がこわばり赤くなる」「相手の目を見るのが辛い」「緊張すると身が震える」「あがりやすく、足が震え、息が苦しくなる
■自分の能力の不安……「長続きしない」「集中できない」「何をするにも自信がない」「自分は何かおかしなことをしてしまうのではないか?と心配」「まわりから変な人間だと、見張られている

◎周辺症状(認知症・痴呆症)の原因
原因1……「会話のときに相手の顔、目を見ない」(下を見る。目をそらす。相手の顔とは別の方向を見る)
原因2……「会話のときに、ひとり言のように、自分の行動や気持ちだけを話す」(笑い声を出しながら話す。ネットで見たことを話す。言葉の意味を適当に作って話す

■周辺症状(認知症・痴呆症)の治し方……「要介護状態の予防」「要介護状態の改善」にも有効です
対策……日本語の已然、未然の「自分自身にとって」(自分の行動と自分の気持ちにとって)は「内扱い」の「自分で自分を尊敬する」(イバる)が、成立させます。
 ここでは、「5W1H」など名詞、抽象名詞、形容詞という「行動の目的」が否定されます。これが「行動の止まり」です。
 そこで「A is B」の形式にのっとって「○○は○○である」「○○を○○する」というように「名詞」を助詞で動詞にむすびつける言い方、もしくは、「文を書く」と改善されます。

NHK・TV『認知症革命』(平成27年11月15日)
『今、日本の介護現場はどうなっているか・無届け介護ハウス』(平成27年12月6日)
『クローズアップ現代・日本の女性の自殺が急増』(平成27年11月24日)
に見る、日本人の「行動の止まり」「認知症の中核症状」の原因と対策

日本人はなぜ、足腰が弱り、動けなくなるのか?
原因……日本語の丸暗記です。
対策……社会的に意味のある行動を止めないこと、です。

日本人は、なぜ、トイレに行けない、風呂に入れない、ベッドから起きられなくなるのか?
原因……「丸暗記イコール行動」だからです。「行動を止める」と記憶障害がおこり、身体の機能も、電車が止まるように止まります。
対策……「習い事」を止めないこと!!です。会話のとき、相手の顔、目を見ておしまいまで聞く!!です。

日本人は、なぜ、徘徊(はいかい)するのか?なぜ、作り話を話し、妄想をしゃべるのか?
原因……「丸暗記」もできないからです。母親の放置(顔、目を見ない)が原因です!
対策……会話のとき、相手の話した言葉を復唱してこれを必ず行動にあらわすことです!

日本人は、なぜ、自殺するのか?
原因……言葉を壊しててきとうに作り変えるから!!です。言葉と行動が一致しなくて強迫神経症が起こります。
対策……笑い声を出しながら話さない、一方的にひとり言のように話さない!!です。

日本人の要介護、認知症は、周辺症状として誰もがつくっていることの到達点です。

日本人の男性と女性の「脳の働き」を最大限に発達させるカウンセリング・ゼミです

左脳 右脳 キャラクター トカゲの脳 パーソナリティ
クリックで拡大↑

脳と人格の関係図

▼脳の働きは三つの人格をつくっています

パーソナリティ・人格(左脳・聴覚野)
パーソナリティ・1…資格、学歴学校の勉強で形成されます。
パーソナリティ・2…知性・論理力でつくられます。

キャラクター…人間関係でつくられます

トカゲの脳…脳内最大の快感をつくり出す人格です。

プロ「教育者」向け
カウンセリング・ゼミ

カウンセラー養成ゼミ

こんな人にピッタリのゼミです
人に教える立場の人
リーダーシップをとっている人
サービスを提供する人
父親になる人
組織に責任のある人
定年退職をする人
介護をする人
一人で独立して生活している人

脳と心の解説

脳と行動の診断

よくある質問
女性向けカウンセリング・ゼミ
男性の「女性」対応・ゼミ

ゼミ・イメージ切り替え法

こんな人にピッタリのゼミです
未成年女性
成人女性
母親
幼児教育をしている人
恋愛したい男性
結婚したい男性
部下に女性がいる男性
子供に女の子がいる男性(父親)
女性と仲良くして幸せになりたい男性
脳と心の解説

脳と行動の診断

よくある質問

他者の心身のトラブルを解消できれば、
自然に自分の心身のトラブルも解消します

今すぐ、あなたが他者の心身のトラブルを
スピードで解消できるカウンセリング技法と、心身のトラブルの例

すぐにマスターできるカウンセリング技術
イメージ療法

すぐに解消できる心身のトラブルの例
● 眠れない……人から悪く言われている。仲間ハズレになっている。
● 無気力……ヤル気が出ない。忘れやすい。仕事が長つづきしない。
● 人と話せない……声が小さい。うつむく。
カウンセラー養成ゼミ
教育方針
「仕事・人生・組織に活かすカウンセリング」
「ハーバード流交渉術」


ニューズレター サンプル

佐世保・同級生カッター殺人「11歳の学校砂漠」
柳田邦男「14年目にやってきた男の出番」
ドキュメント・主婦のうつ病」再び、カウンセリングの時代
「パニック障害」「予期不安」「不眠症」の脳の働き方
初期・脳のシステムデザインの世界・1
初期・脳のシステムデザインの世界・2
人間の脳は「行動」をどう生成するのか
人間の脳の「自立した行動」のつくり方
人間の脳の働きの行動の生成1.「記憶と行動」のメカニズム
人間の脳の働きの行動の生成2.「知的記憶と行動」の生成
人間の脳の働きの行動の生成3. 『フロイト先生のウソ』
人間の脳の働きのメカニズム・言葉と行動
人間の脳の働きのメカニズム・病気の言葉の生成の構造
脳の働きのソフトウェアのメカニズム・人はなぜ、「脳のエセ科学」に騙されるのか
脳の働き方の言葉の生成のメカニズム・「気持ち」と共同指示の「認知」「認識」の構造は
脳の働き方「言葉の生成のメカニズム」・「言葉の意味」の生成の構造・2
脳の働き方「言葉の生成のメカニズム」・言葉の『意味』の生成のしくみ
病気の言葉の『意味』の生成・「東京・秋葉原無差別殺人事件」
脳の働き方・病気の言葉の『意味』と行動 『鬱の力』
病気の言葉と行動の生成・「名古屋バスジャック事件」「埼玉県川口・父親刺殺事件」
病気の言葉と性格の形成・「誰でもよかった通り魔事件」
「言葉の生成のメカニズム」 話し言葉の生成・T
話し言葉の生成・II 『幼児の算数』
話し言葉の生成・III 『幼児の算数』
話し言葉の生成・IV 『幼児の算数』
書き言葉の生成 『人はなぜエセ科学に騙されるのか』
書き言葉の生成・II 『脳のしくみとはたらき』
書き言葉の生成・III 『赤ん坊から見た世界・言語以前の光景』
書き言葉の生成・IV
書き言葉の生成・V 『共同幻想論』 「ラジオ型言語とテレビ型言語」
『ラジオ型言語とテレビ型言語・U』 「赤ん坊から見た世界・言語以前の光景」
日本語という書き言葉の文法の構造「日本語練習帳」
日本語という書き言葉の生成の構造 「メタファー思考」
日本語という書き言葉の言葉の解体 「0歳児がことばを獲得するとき」
書き言葉の生成X 日本語の解体学 「メタファー思考」
書き言葉の生成XI 日本語の解体学・II 「日本語の起源」
書き言葉の生成XII 日本語の解体学・III 「日本語練習帳」
書き言葉の生成XIII 日本語の解体学・IV メタファーの生成と行動停止の起源
書き言葉の生成XIV 日本語の解体学・V 「障害児教育を考える」
書き言葉の生成XV 日本語の解体学・VI 「障害児教育を考える」II
分裂病の解体学・I 共同幻想論(巫女論)
分裂病の解体学・II 共同幻想論(巫女論)II
分裂病の解体学・III 『共同幻想論・他界論』・III
分裂病の解体学・IV 「病名と告知・統合失調症」
分裂病の解体学・V 「日本語はいかにして成立したか」
分裂病の解体学・VI 「日本語」(金田一春彦)
分裂病の解体学・VII 日本語の主観・客観・中立表現の構造
分裂病の解体学・VIII 客観表現のモデル「ハーバード流交渉術」
日本型の分裂病の構造 「ハーバード流交渉術」と日本語
日本型の分裂病の構造・II 最強の文章表現のための「文法」理解の仕方
日本語の文法の解体学・I 最強の知性のための「文法」と表現術
日本語の文法の解体学・II 『言語にとって美とはなにか』
日本語の文法の解体学・III 『言語にとって美とはなにか』2
日本語の文法の解体学・IV 『言語にとって美とはなにか』3 「負けない行動」の表現力(桜井章一)

ゼミ・バックナンバー7期まで
ゼミ・バックナンバー8期から

ゼミ・イメージ切り替法

教育方針
「教える・導く・育てるカウンセリング」
「性格プロファイリング」


ニューズレター サンプル

佐世保・同級生カッター殺人「11歳の学校砂漠」
柳田邦男「14年目にやってきた男の出番」
キュメント・主婦のうつ病「うつ病の原因、うつ病の治し方」
高村智恵子と倉橋由美子の恋愛と結婚
インターネットに露出する「全般性不安障害」の脳の働き方
「全般性不安障害」の脳の働きのつくられ方
「全般性不安障害」の脳の働きのメカニズム
世界は女性を中心に回りはじめた!!
脳の働きのメカニズム・女性と男性の性の能力
女性と男性の性欲不全時代
脳の働き方のメカニズム・行動停止がつくる破滅
脳の働き方のメカニズム・死に至らしめる病「うつ病」
脳の働き方のメカニズム・病気の「言葉」と「行動」のつくられ方
脳の働き方のメカニズム・病気の脳の働きの起源
脳の働き方のメカニズム・病気の脳の働きの起源2
脳の働き方のメカニズム・病気の脳の働きの起源3
「東京・秋葉原、無差別大量殺人」の病気の脳の働き方
日本人の鬱病の脳の働きの起源 「鬱の力」
日本人の病気の脳の働きの起源・父親を殺す中学生の脳の働き方
日本人の「性格」のつくられ方・「実践実技講座 言葉の「意味」の表現力とは」
子どもの崩壊の起源「母の叱り方・父の叱り方」
子どもの脳の発達のさせ方 『幼児の算数』 「早期教育が子どもの脳を破壊する」
子どもの脳の発達のさせ方 『幼児の算数』・II
子どもの脳の発達のさせ方 『幼児の算数』・III
女性の魅力の最強の知性のつくり方 『幼児の算数』・IV
「家族崩壊」/エクササイズ・投資に値する女性の知性のための新・性格教育法
「幼児の算数」「脳の働かせ方」のための学習モデルと実践実技
エクササイズ:ポスト「世界同時不況」の、史上最強の知性のつくり方を教えます
「共同幻想論」(吉本隆明) エクササイズ:ポスト世界同時不況の知性の学習モデル
「共同幻想論・母制論」「未来に希望を描けない若者危機」
「共同幻想論・禁制論」「フィンランドの教育力・なぜPISAで学力世界一になったのか」
「共同幻想論・規範論」 「英語のできる子どもを育てる」
「ハーバード流交渉術」 「超・心理バイブル」
「ハーバード流交渉術」・II 「超・心理バイブル」
「ハーバード流交渉術」・III 「無気力の心理学」
「ハーバード流交渉術」・IV 「対人恐怖の人間学」
「和歌山毒カレー大量殺傷事件」に見る日本人の対人意識 「強迫観念」との交渉戦術
「障害児教育を考える」 「アスペルガー症候群」との交渉戦術
「大失業・減給危機」 「アスペルガー症候群」との交渉戦術
「日本人はなぜ英語ができないか」 「日本型の分裂病の対策とアドバイス」
「日本語の教室」「日本型の分裂病の対策とアドバイス2」
日本型の分裂病の対策とアドバイス・III 「共同幻想論・他界論」「ことばと文化」
日本型の分裂病の対策とアドバイス・IV 子どもの危機・この国で産み育てるリスク
「裁判員裁判」制度 日本型の分裂病の対策とアドバイス・V
分裂病と無縁の日本語の表現術 「後藤式文章の技術」
再生と変革のための日本語の能力 「数学入門」(上)
客観表現のための日本語の能力とはどういうものか「ハーバード流交渉術」
日本語の主観表現のメカニズムと対策 「ハーバード流交渉術」・II
日本語の主観表現のメカニズムと対策 「ハーバード流交渉術」・III
日本語の文法理解と教育法 「ハーバード流交渉術」・IV
「年金激震!」・1 「言語にとって美とはなにか」
「年金激震!」・2 「言語にとって美とはなにか」2
『日本語の年輪』(大野晋) 『負けない技術』(桜井章一)

ゼミ・バックナンバー7期まで
ゼミ・バックナンバー8期から
募集要項・入会案内
無料のビデオ(DVD)試聴・バックナンバーの申し込み
超格安・お試しカウンセリング
お困りの問題をスピード解消〈即効で治る〉を実感してください。治ることで、ご自身の「脳の働き方」が感動とともに分かります。
お試しカウンセリング・トップ お困りの問題をスピード解消〈即効で治る〉を実感してください。
治ることで、ご自身の「脳の働き方」が感動とともに分かります。
悩みを治す 「辛い」「悲しい」「痛い」「苦しい」「焦っている」などでお困りで楽にな りたい、安らぎを得たい方はこちらをごらんください。
不安を治す 「分からない」「言葉が出てこない」「行動が止まりそう」「生活が乱れている」で困っていて「安心したい」「正常になりたい」方はこちらをごらんください。
恐怖症を解消する 「動けない」「行動が止まっている」「危機に陥っている」などで困っていて 「安心して動けるようになりたい」方はこちらをごらんください。
うつ病を治す 「うつの正しい治療」「うつ病の職場復帰」「うつ病離婚」「自律神経失調症うつ病」でお困りの方はこちらをごらんください。
相談したい 「人間関係の相談」「子どもの相談」「恋愛相談」「結婚相談」のご 相談は、こちらをごらんください。
カウンセラーになりたい 「カウンセラーになりたい人の資質とは?」「カウンセリングとは何を することか?」に興味がおありの方はこちらをごらんください。
脳の働き 「脳」は、上行システムと下向システムの二つの働きでおこなっていま す。この上行システムと下向システムのバランスが壊れる時に、さまざまな病気が発 生します。正しい脳の働き方を知りたい方は、こちらをごらんください。
男女の脳の違い・自己診断 男性と女性は、脳の働き方にもとづいた「言葉」と「人間関係」の能力のための学習が必要です!
男性と女性の「脳の働き方」の違いを分かって、それぞれの「脳」を正しく発達させる!!
それがポルソナーレの指示性のカウンセリングです!
お申込・お支払い方法 特別料金・一回二千円(会員料金5千円)。
「お試しカウンセリング」のカウンセリングのお申し込みは、規定の必要項目を書いて、メールでお寄せください。カウンセリングは、お手紙、お電話、直接面談のいずれかでおこないます。
脳を発達させる日本語トレーニングペーパー

谷川うさ子王国物語

谷川うさ子の「今日の一言」掲示板

真実の「心の平和」を毎日、皆さまとご一緒に手に入れたいと願っています。携帯電話・パソコンからご投稿いただけます。心の支えのためにも「今日の一言」の掲示板を、ぜひ、毎日ごらんください。

長期連載
今の日本の脳の働き方と病気のリポート
「個人べつの病気と症状の傾向」
新・脳の働きと心の世界
「個人べつの症例とカウンセリング」


事例No.1〜No.9 事例No.10〜
ポルソナーレ式イメージ療法

リチャード・バンドラーが研究・開発した
『あなたを変える神経言語プログラミング』を、
ポルソナーレが独自のプログラムとして構成したものです。
「ポルソナーレ式イメージ療法シミュレーションをやってみましょう」
谷川うさ子クラス バックナンバー

1.「絵本(物語)の読み・語り・覚え・書きクラス」 
2.「ゼミ生相互カンファレンス・クラス」
3.「井穴刺絡・免疫療法クラス」
ポルソナーレ 用語説明 引きこもりを解消する
「特別の個人指導」システム
ポルソナーレ代表
田原克拓 ごあいさつ


著作一覧
/ 略歴
時代の病理 デウスドクター 初期ノート ハンナ・アーレントの哲学入門 『人間の条件』 谷川うさ子  
と申します。
谷川うさ子 です。
私がご案内  
いたします。
まずは自己紹介

ポルソナーレと全日本カウンセラー協会のご案内

twitter @porsonale

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-14-3 サンライズビル3F 地図・アクセス
TEL 03-3496-6645 FAX 03-3464-5905 mail info@porsonale.co.jp

このサイトは、全日本カウンセラー協会ポルソナーレに著作権があり、無断での使用はお断りいたします。
Copyright c 2007 All Japan counselor association, PORSONALE. All rights reserved.