谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5259] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎きょうは、動詞のコトバだけしか話せない、動詞のコトバでしかものごとを考えられない、と依存症になる、ということをお話します。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2019/08/05(月)20:45
[5259-1] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎きょうは、動詞のコトバだけしか話せない、動詞のコトバでしかものごとを考えられない、と依存症になる、ということをお話します。 谷川うさ子 2019/08/05(月)20:45
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポルソナーレ自己カウンセリング研究会・ニューズレター

ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミ会員に特化した特別の個人指導通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の脳の働き方がつくる認知症の予防・改善のための実践実技をレクチュアします!

─────────────────────────────────
谷川うさ子からあなたへの真実の愛のメッセージ!!
発行責任・全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ指導本部=谷川うさ子
(第1期・186号)
(令和元年8月5日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。

◎きょうは、動詞のコトバだけしか話せない、動詞のコトバでしかものごとを考えられない、と依存症になる、ということをお話します。

◎「依存症」は、世界的には、スマホ、パソコン、デバィス端末の画面で、ある種のアプリを見ることがつくる、ということで問題になっていることはよくご存知でしょう。

ゲーム依存症とか、ネット依存症などです。寂しい気分をまぎらわせてくれるし、会社でのイジメられなど、スマホなどの「画面」をただ眺めるだけであっという間に時間が過ぎ去り、ひとまず、会社には行ける気分転換にはなるので、・・・見ずにはいられない、というのが「依存症」です。


●「依存」とはどういう意味かというと、「原因」と「結果」という行動の関係のことです。

これは、社会的な行動の「原因」と「結果」の行動のことではありません。

社会的な行動には、自分のかなりの自覚的な覚醒した意識を必要とするので、因果の関係とはいわず、関係意識、といいます。自覚をともなう、というのが社会的な行動です。

ノルアドレナリン(猛毒のホルモン)で行動するので、依存とはいわないのです。

●「依存症」の「依存」とは、ここにはなんの努力も必要としていない「行動」をつくる「原因」と「結果」のことです。

快感ホルモンの「ドーパミン」を分泌するというのが条件です。

これは、脳のなかの「大脳辺縁系」(動物の脳、といわれれいます)の中にある、中枢神経の「扁桃核」とか「中隔核」などから、A9神経という神経回路からドーパミン(脳内麻薬)を分泌する、という構造になっています。


このA9神経の出すドーパミン(脳内麻薬)が、脳の中でも最強の快感ホルモンです。

この快感ホルモンは、人間が生きる現実からこうむるストレスとか痛み、あるいは、死に際しての苦痛といったものを快感に変えて、安らかに人間の生きる辛さを解消する、という「身体防御システム」をつくっています。


「依存症」とは、生きること自体が、そもそも苦痛をともなうことなので、簡単に、ぱっと快感ホルモンを出して、「生きる辛さ」を無くしてしまう、という病理の症状として、つくられています。


●「僕らはそれに抵抗できない」(アダム・オルター。ダイヤモンド社)という本は、依存症について書いてある本です。

「依存症とは、・・・薬物、アルコール、などがある。これは、物、物質への依存である。だが、スマホ、デバぃス端末は、行動障害をともなう依存症をつくる」と説明しています。

●「インスタグラムへの依存症は、いいね、の体験によるところが大きい」

●「スティーブ・ジョブスは、自分の子供には、けっしてipadをつかわせなかった」

などの趣旨のことが書かれています。

しかし、これは、パソコン、スマホなどの依存症の本質を正しく理解しているというほどのものではありません。


◎8月3日の「日刊ゲンダイ」に、「ネットで出会うマッチングのアプリ」の調査結果が掲載されていました。

[5259-2] 谷川うさ子 2019/08/05(月)20:45
   ●「ネットで出会うマッチングアプリ」で、出会い、交際したり、結婚するカップルが増えている」(20歳代から30歳代の男女)

●実際に恋愛の対象になる人と出会えたかどうかでは、7割の人が「出会えた」と回答している。出会うだけは出会えるという利便性はある。


●出会えた人で交際に至った人は、男性は20・0%、女性は20・4%。2%が結婚している。


●だが、リスクも非常に大きい。

「とにかく嘘を言う人が多い。・・・友達が多い、という嘘、見た目が誰々に似ているという嘘、ステータスのある仕事をしているという嘘、結婚歴や離婚歴の嘘、収入の内容の嘘、不動産を買わせられた、マンションを買わせられた、など」

●「とにかくトラブルの例が非常に多い」
●「出会えるという成果はある。出会う相手への信頼度はちょぼちょぼ、というのが調査結果である」


◎脳とは、右脳、左脳、の2つです。

右脳には、目の視覚がつくる領域があります。「実像」と「虚像」の2つの領域です。

このうち「虚像」(ブローカー言語野)に思い浮かぶのが「人間的な意識がつくる像・・・イメージ」です。

「虚像」の領域は、「時間性の領域」と「空間性の領域」に分かれています。

日本人の日本語(ヤマトコトバ)の動詞文は、時間性の領域で、「欲の生み出すイメージ」を思い浮かべます。

この「時間性の領域」に思い浮かぶ欲のイメージは、快感だけのイメージを作り出します。

快感とは、なんどもなんども刺激を増やして快感に感じるか、繰り返し、繰り返しのイメージで快感に感じる、という2つのイメージのことです。

これが、依存症の1つ目です。

2つめは、食欲に起因するもので、破壊すれば快感に感じるイメージです。バッドイメージといいます。食べるとは、食物を壊し、自分の体内に入れることであるからです。人間がものごとを破滅させたがるのは、食欲に起因しています。


だから、外側核の交感神経で行動する人は、必ず、嘘を言い、人を騙し、デタラメをしゃべるのです。

ネットの「画面」を見るだけがつくる「依存症」とは、仮想空間でイメージをつくるので、ただ、依存のイメージしかつくれないのである、ということを理解しましょう。


<前の1件]


スレッド[5259]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2019/11/15 16:00] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子