谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5267] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」は、「コーチング」(コンサルタントも)の「個人別の指導の制度」を設けています。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2019/08/12(月)19:29
[5267-1] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」は、「コーチング」(コンサルタントも)の「個人別の指導の制度」を設けています。 谷川うさ子 2019/08/12(月)19:29
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポルソナーレ自己カウンセリング研究会・ニューズレター

ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミ会員に特化した特別の個人指導通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の脳の働き方がつくる認知症の予防・改善のための実践実技をレクチュアします!

─────────────────────────────────
谷川うさ子からあなたへの真実の愛のメッセージ!!
発行責任・全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ指導本部=谷川うさ子
(第1期・193号)
(令和元年8月12日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。


◎ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」は、「コーチング」(コンサルタントも)の「個人別の指導の制度」を設けています。

これは、「自己カウンセリング」の実技にとりくむにあたり、なかなか名詞文を書く、ということができにくい人がいるのではないか、と予測されたので、「自己カウンセリング研究会」に移行するにあたり、別途、特別の個人指導の講座を用意した通信講座です。


例えば、「テニス」のプロの選手にも、選手が個人で契約したコーチがいます。


人間は、自分のことは自分では分からない、というのが本質です。


どんなに能力に優れた才能があっても、なぜか、人間は精神面で不調になってどんどん成績が下がる、とか、試合に出ても、いままで勝てていた人であるはずなのにあっという間に負ける、という事態が起きます。


自己カウンセリングの実践でも、「カンファレンス」の位置に立つ人間の言葉がないと、なかなか問題の解決には至らない「自己カウンセリング」の内容が出てくるであろう、と予測して、「コーチング」(コンサルタント)の講座をを開発しております。


「ポルソナーレの自己カウンセリング研究会」がスタートして半年が経過しました。


この間の「研究会」にご参加いただいている「名詞文を手で書く」という実技をを拝見いたしますと、参加しておられる方々は、どなたも、ハンナ・アーレントが「人間の条件」(ちくま学芸文庫)でいう「多数性」「複数性」という人間が生きられる「条件」を習得しておられることがよく理解できます。

個別に「コーチング」をおこなっていますので、どんどん目に見えて目覚ましい勢いで進化しておられるのがよくわかります。


●最近、愛知県で「表現の不自由展」が開催されましたが、日本の天皇の写真をを燃やす写真とか、韓国の反日運動の象徴の像、慰安婦の少女の像、などを展示して、これに抗議した電話などが多く寄せられたために「中止した」という問題が起きました。


「表現の自由」について議論してもらうための判断の材料を提示するというのがこのイベントの趣旨であったようです。

「表現の自由」とはなにか、といえば、ハンナ・アーレントの哲学によれば、「共同性、共同体」という多数性への参加の能力をもつことが「権力」というもので、これを単独で実現できた人を「卓越した人」というギリシャの「ポリス」の形成のエピソードが判断の基準になります。

推移律の3者関係を成立させる「同じ」という基準が、「卓越」「権力」という概念です。

[5267-2] 谷川うさ子 2019/08/12(月)19:29
   「表現の不自由展」では、日本の共同性を成立させた「天皇制」(イコール・・・漢字、漢語の音読みのつくる共同の規範と同義です)についての認識がなく、ただ、反対者が多いからあえて展示してみせた、という政治概念で実行していました。

これは、漢字・漢語の音読みを、「訓読み」で読ませて、意味は解釈する、という日本語の動詞文のつくる社会現象
です。こういう解釈がどんどん拡大して、モラルまで破綻しているというのが、現在の日本人の状況です。


こういう名詞文からはるか遠くに遠去ける病理にまきこまれないうちに、ポルソナーレのコーチングをお役に立ててください。


<前の1件]


スレッド[5267]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2020/03/30 19:32] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子