谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5098] こんにちは。ポルソナーレの谷川うさ子です。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレは、「自己カウンセリング研究会」の「研究会」(第1期、第1回目)を次のとおりに実施しました。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2019/02/14(木)14:11
[5098-1] こんにちは。ポルソナーレの谷川うさ子です。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレは、「自己カウンセリング研究会」の「研究会」(第1期、第1回目)を次のとおりに実施しました。 谷川うさ子 2019/02/14(木)14:11
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポルソナーレ自己カウンセリング研究会・ニューズレター

ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミ会員に特化した特別の個人指導通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の脳の働き方がつくる認知症の予防・改善のための実践実技をレクチュアします!

─────────────────────────────────
谷川うさ子からあなたへの真実の愛のメッセージ!!
発行責任・全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ指導本部=谷川うさ子
(第1期・第14号)
(平成31年2月14日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。ポルソナーレの谷川うさ子です。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレは、「自己カウンセリング研究会」の「研究会」(第1期、第1回目)を次のとおりに実施しました。

●「自己カウンセリング研究会」(研修会)・第1期、第1回目
◎実施日…平成31年2月12日(火曜日)・午後7時00分より
◎研究会の場所…ポルソナーレ本部・ゼミ室
◎ご参加者…二名の方にご参加いただきました。
■今回の研究会の主要なテーマ

今回の自己カウンセリング研究会は、「自己カウンセリングのフォーム(form)」に「手で書く」ときの「書き方」が中心の研修テーマとなりました。

ポルソナーレが約20年間、日本人の病理のつくられ方を考察してきてぶつかった問題は、日本人が学校教育の国語の授業で教わっている「名詞」は、じつは「動詞である」ということです。たとえば「花」でも「家」でも「風呂」でも「掃除」でもいいのですが、これらは「対象言語」としてみると、「名詞」でもいいのです。

しかし、「メタ言語」からみると、「名詞」は、「実在性」「存在性」を説明するというのがその本質です。
この「実在性」という視覚の知覚を理解できなければ、誰も認知症(痴呆症)を免れることはできません。「花」でいうと「花」(はな、訓読み)から「花」(カ、音読み)に至る知覚の意識をつくり出すのが「もの」「こと」(いずれも名詞です)のうち「もの」です。この「もの」の「実在性」を易しく噛み砕くのが、ロックの「第一の性質」です。この段階でも、認知症(痴呆症)は大きく改善されます。

●「自己カウンセリング研究会」(研修会)・第1期、第1回目
◎実施日…平成31年2月12日(火曜日)・午後7時00分より
◎研究会の場所…ポルソナーレ本部・ゼミ室
◎ご参加者…二名の方にご参加いただきました。
■今回の研究会の主要なテーマ

今回の自己カウンセリング研究会は、「自己カウンセリングのフォーム(form)」に「手で書く」ときの「書き方」が中心の研修テーマとなりました。

ポルソナーレが約20年間、日本人の病理のつくられ方を考察してきてぶつかった問題は、日本人が学校教育の国語の授業で教わっている「名詞」は、じつは「動詞である」ということです。たとえば「花」でも「家」でも「風呂」でも「掃除」でもいいのですが、これらは「対象言語」としてみると、「名詞」でもいいのです。

しかし、「メタ言語」からみると、「名詞」は、「実在性」「存在性」を説明するというのがその本質です。
この「実在性」という視覚の知覚を理解できなければ、誰も認知症(痴呆症)を免れることはできません。「花」でいうと「花」(はな、訓読み)から「花」(カ、音読み)に至る知覚の意識をつくり出すのが「もの」「こと」(いずれも名詞です)のうち「もの」です。この「もの」の「実在性」を易しく噛み砕くのが、ロックの「第一の性質」です。この段階でも、認知症(痴呆症)は大きく改善されます。


<前の1件]


スレッド[5098]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2019/12/08 11:42] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子