谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5038] テクノロジー(パソコン、スマホ、デバイス端末)時代とは、テクノロジーが一般化している現実の中では、日本人の「痴呆症」は「治らない」ことを意味しています! 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/09/25(火)17:01
[5038-1] テクノロジー(パソコン、スマホ、デバイス端末)時代とは、テクノロジーが一般化している現実の中では、日本人の「痴呆症」は「治らない」ことを意味しています! 谷川うさ子 2018/09/25(火)17:00
   ポルソナーレのカウンセリング・ゼミがこの平成30年8月度のゼミで明らかにした真実は、日本人の病気とは「目が見えない」「耳が聞こえない」という脳の働き方がつくる痴呆症であるということです!


       ポルソナーレのカウンセリング・
       ゼミがこの数十年間をかけて
       明らかにした理論は、
       「脳の働き方」(言葉の
       生成のしくみ)だ。
       ここでは三つのことが
       明らかになった。
       一つは、「言語野」は、
       空間性と時間性の
       二つで構成されていることだ。
       もう一つは、脳は快感原則で
       働いていて、ノルアドレナリンと
       ドーパミンのセットで
       快感を志向する言動を
       生み出すということだ。
       これにより、人間は、
       病気も快感の対象に
       して、痴呆症を
       あらわしつづける。
       ここでは、どんな正常な
       知性も痴呆症に
       よって破壊される。
       もう一つは、日本語
       (和語)の特質だ。
       日本語は、動詞文で
       時間性(自然性)
       だけの言葉である。
       だから、空間性
       (視覚の対象)から
       疎外され、そして
       疎外している。これが日本人の
       病気(痴呆症)の
       実体である。


●テクノロジー時代になって日本人は全員が痴呆症に退化している

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、平成30年の年明けから、AI(人工知能)、IoT(物と物を情報通信でつなぐ情報通信システム)の考察にとりくみました。「ワープロソフト」(パソコン、スマホ、デバイス端末)を支える「ワープロ入力」「ワープロソフトの常時する画面の文字、文、画像」も、人間の脳の何をプログラム化しているのか?の考察です。
 
 テクノロジー(パソコン、デバイス端末、スマホ)は、AI(人工知能)の一般化以前にも広く、使用されていました。
 しかし、AI(人工知能)が、社会のインフラとして認知されたのは、この平成30年になってからです。
 誰もこのことを指摘しませんが、このことが、日本人にとって非常に重要なことです。

[5038-2] 谷川うさ子 2018/09/25(火)17:01
   ●ポルソナーレは脳の働き方を解明したので真実の日本人を説明できている

 なぜ、重要か?にかんする社会現象による説明はいくつもありますが、このことは、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミのゼミ生の皆様以外、誰も理解できないことなので、説明は省きます。
 誰にも分かることをいうと、もともと日本人の脳の働き方は、動詞文(時間性、副交感神経)だけの言葉なので、とくに漢字・漢語の「音読みの言葉とその意味」を不明とするというように働いています。
 テクノロジーの以前は、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、このことに気がついていて、「空間性の言葉」(概念としての名詞、抽象名詞)の学習と習得の必要を社会教育の観点からレクチュアしてきました。
 この社会教育の正当性は、吉本隆明、ハンナ・アーレント、ヘーゲルをはじめ伝統的な哲学の正当性が証明しています。

 テクノロジー(パソコン、スマホ、デバイス端末)が「ゲーム」を含めて、さまざまな交流サイトを開発して広く一般化するようになると、ポルソナーレのレクチュアする「社会教育」の「メソッド」は、あからさまな病気(痴呆化)の攻撃の対象にさらされるようになります。
 日本人の使う日本語(和語)は、敬語体系として「外扱い」「内扱い」という痴呆症の症状を現わします。
 「貴様」を「キサマ」とイバり、「御前」を「オマエ」「テメエ」とイバるの類です。
 これは、単に「言葉」だけの問題ではなくて「人の顔を見ない」「どこか別の方向を見ながら人の話を聞く」という行動の仕方、態度にも現われます。
 これが、一気に、社会性のある言葉をあからさまに拒絶したり、壊す、というふうに現象するようになりました。
 これをつくり出すのがテクノロジー(ワープロソフト、パソコン、スマホ、デバイス端末)です。
 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミは、このしくみやプログラムのメカニズムを解明しました。

●テクノロジーの一般化は、日本人の脳の働き方を痴呆症だけをつくる脳の働き方に変えている

 その結果明らかになったことは、テクノロジーの一般化の前は、まだ、社会教育の可能性がありましたが、この社会教育の余地がだんだん減少してきていたものが、この平成30年になるとそれが完全い消えたというふうに変化しています。
 日本人は、動詞文の言葉をつかうので、初めから空間性の言葉の「音読み」の「概念としての名詞、抽象名詞」を全くの不明としています。これが日本人の「痴呆症」(認知症)の根本の実体です。

 テクノロジーによって脳の働き方から「空間性」の認知や認識が消えたということは、日本人の圧倒的多くの人々は、ほとんど「痴呆症」(認知症)だけの脳の働き方に変わってしまったということです。

 これは、現ゼミ生の皆様を唯一の例外としてこのごく少数の日本人以外は、誰もが日々、毎日、「痴呆症」(視覚の対象のゲシュタルト形態が見えない、したがって、概念としての名詞、抽象名詞の言葉をしゃべっても聞こえない、そういうものは存在しないと思考する)の日々を生きているということです。

●ポルソナーレは、痴呆症と訣別して王道を歩いていく

 多くの日本人は、こういうげんみつな理論と論理によって証明するとか、命題を立てて実証するということは不能とするので、このような説明も、見聞きしても瞬間的に消えて何の記憶にも残りません。
 しかし、だからといって、現実とか社会が無いわけではないので、彼ら、彼女らはこの自分のかかわる範囲内の現実を壊しながら、痴呆症を悪化させる毎日を過していくでしょう。それは、身近な人間の病気を放置して自分も呑み込まれるとか、「がん」をつくって「手術」などでもっと生き延びるとか、施設に入って隔離されて生きるとか、あるいは極貧の中でスマホを見ながら体重を増加させつづける、などがあるでしょう。

 ポルソナーレは、このような日本人のリアルな実体を見極めたので、現ゼミ生の皆様のためだけの生き残り策を開発して、シフトしていく予定です。


<前の1件]


スレッド[5038]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2019/12/10 06:47] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子