谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5237] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎本日の7月16日(火曜日)は、ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」の「研究会」(カンファレンス・研修)を実施いたしました。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2019/07/17(水)21:09
[5237-1] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎本日の7月16日(火曜日)は、ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」の「研究会」(カンファレンス・研修)を実施いたしました。 谷川うさ子 2019/07/17(水)21:09
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポルソナーレ自己カウンセリング研究会・ニューズレター

ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミ会員に特化した特別の個人指導通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の脳の働き方がつくる認知症の予防・改善のための実践実技をレクチュアします!

─────────────────────────────────
谷川うさ子からあなたへの真実の愛のメッセージ!!
発行責任・全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ指導本部=谷川うさ子
(第1期・167号)
(令和元年7月17日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。


◎本日の7月16日(火曜日)は、ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」の「研究会」(カンファレンス・研修)を実施いたしました。


場所は、恵比寿・ホテル、エクセレントのロビー喫茶、マーブルです。午後7時より、9時まで、ご参加いただいたお一人の方と、コーチングを兼ねた学習をおこないました。

●遠路、遠くから御出席をいただき、「自己カウンセリング研究会」を支えていただきました。どうもありがとうございました。厚く御礼を申し上げます。


●今回の「自己カウンセリング」をフォーム(Form)を用いて実践したことの主旨は、次のとおりです。

ひとことでいえば、「フッサール」の哲学の法則に・・・「人間は、過去に経験した現実が、現在から未来にかけても存在することを前提にして行動する」・・・というものがあります。

この法則は、世界のすべての人間に適用される、と理解されます。

しかし、日本人の病理を脳の働き方から考察してみると、このフッサールの哲学の法則は、日本人(アジア人)には、かならずしもそのとおりであるとはいえない、という理論をご一緒に考えました。


理由は、目(視覚)の働き方にあります。


人間の目(視覚)は、身体の目(生理の目、感覚の知覚)と、脳の中の視覚の神経経路の到達点の視覚のイメージ(知覚の認知)と、2つで、二重に構成されています。

この脳の中の視覚のイメージ(知覚の認知)は、名詞の言葉が表象します。


日本語(ヤマトコトバ)は、動詞のコトバしかつくりません。

これは、視覚の「知覚の認知のイメージ」は、脳の中に表象されない、ことを意味しています。


それでも、日本人(アジア人)は、身体の生理の目はあるので、脳の中には、記号化した名詞、抽象名詞のコトバ(イメージ)が、時間性の言語領域に表象します。

ここでは、過去の経験のイメージとむすびついた疑似経験の像が表象します。

だから、日本にむけて反日の言動をくりかえす韓国人、中国人などの共通のイメージは、必ずしも「フッサール」の哲学のいう法則のとおりではないのです。

日本人は、過去の疑似経験を自分の行動の前提におくので、報道されている「10代、20代の若い人々の死亡の原因の第一位は、自殺である」のとおりに、過去の経験しか思い浮かべられないのです。

日本人は、普段は、誰にも共通する「過去の経験」として「対人関係のなかの視線恐怖症、あるいは、赤面恐怖症」などを脳の働き方としてつくりだすのです。


<前の1件]


スレッド[5237]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2020/07/07 02:45] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子