谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[5068-1] ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」の「自己カウンセリングの仕方」、その実践実技 谷川うさ子 2018/11/30(金)17:07 修正時間切れ
       ポルソナーレの「カウンセリング・
       ゼミ」は、約20年間の
       「ゼミ=講義」を
       終了し、「自己
       カウンセリングの実技」を
       習得して
       いただく「自己
       カウンセリング研究会
       方式」に移行する。
       では、「自己
       カウンセリングの仕方」
       (実践実技)とは
       どういうものか?
       その基本の
       フォームを
       説明する。


●「自己カウンセリングの仕方」の特徴

 文章を書く場合、昔からよくいわれているのは「神は細部に宿る」というものだ。言葉の一つ一つを曖昧にしない、どんなささいな言い方を表す言葉でも徹底して明確に説明する、よく意味を分かった上で書く(話す、聞く)という主旨だ。
 このような言葉への理解を踏まえて、「自己カウンセリングの仕方」を開発し、そして完成させた。
 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミでガイダンスとしてレクチュアした「自己カウンセリングの仕方」のフォームとは次のとおりである。

●「自己カウンセリング研究会方式」「自己カウンセリング」のフォーム

◎「ポルソナーレの自己カウンセリング研究会方式」の「自己カウンセリングの仕方」

一、「主題」=「経験」を書く(読む、話す、聞く、の経験も同じ)。

二、「主題」(経験)を「もの」か「こと」かで定義する。
注・「もの」の場合、「こと」の場合の定義をおこなう。

三、別途、「もの」「こと」で定義した「5W1H」を、「主題=経験」にフィルターとしてかぶせる。
 これによって「主題」(=経験)は「レポート」か?「論文」か?を定義する。
注・「レポート」、「論文」の定義をあらかじめ理解する。

四、「レポート」である場合、「主題」(経験)を命題として「なぜならば」で「帰納」を判断する。
注・ここでの「判断」は、「帰納」によって書かれている「事実」が、正しく「事実」であるのか?それとも、「禁制」であるのか?を証明する。

五、「主題」が「レポート」であっても、「論文」であっても、「主題」とは「問いかけて、解決を求める言葉」である。
 「主題」の対象が、「自分自身の病理」、「家族などの身近な人の病気(認知症など)」であるときは「帰納」では「解決」に至らない。

 そこで、再度、「主題」を「命題」に立てて、演繹によって「なぜならば」を証明する。

注・この「演繹」による「証明」は、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミのDVD、ニューズレター(レジュメ版)の病理学の理論、母系制をつくる動詞文の「外扱い」「内扱い」がつくる病理の志向の説明などが、保証する。



[2019/06/26 15:16] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子