谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5071] 「ポルソナーレ・自己カウンセリング研究会方式」の「自己カウンセリング」の実行のしかたと効果をご案内します 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2018/12/04(火)14:59
[5071-1] 「ポルソナーレ・自己カウンセリング研究会方式」の「自己カウンセリング」の実行のしかたと効果をご案内します 谷川うさ子 2018/12/04(火)14:58
          ポルソナーレの「自己
       カウンセリング」は、自分ひとりで
       カウンセリングを
       行なうという知的活動の
       ことだ。
       効果や成果の
       実績はどうか?と
       いうと、直近の
       例は、「末期の
       肺がん、余命数ヵ月の
       男性」の
       「がん」が完全に
       治ったというものだ。
       免疫の
       理論にもとづく
       「井穴刺絡」と
       「ハーバード流
       交渉術」が
       望ましい解決を
       得た。


●「自己カウンセリング」の期待できる効果

 ポルソナーレの「指示性のカウンセリング」は、演繹の理論によって「なぜならば」で説明する「問題の解決」にたどりつく。
 この「カウンセリング手法」が20年間、現ゼミ生の皆様に支持されて誰にとっても望ましい成果を上げてきた。
 この平成30年度の一年間で誰もが驚くカウンセリング効果は「末期の肺がん、ステージW、余命数ヵ月の宣告の男性」の「肺がん」がみるみる消滅した、というものだ。
 もちろん、ポルソナーレの本部の特別の個人指導だけの治療効果ではなく、病院側の「抗がん剤」の薬の効果と相乗しての結果ではある。
 だが、「オプジーボ」の免疫療法の説明にもあるように、「がん」を抑制したり消滅させるのは、当の本人の「T細胞」(ナチュラルキラー細胞)である。この免疫細胞を常時、活性化させつづけて、首尾よく「がん細胞」を抑制すれば「がん細胞」の転移を防ぎ、日々、派生している「がん細胞」を消滅させて、うまく「がん細胞」と接触させることができれば、「がん細胞」も死滅させられる。
 「肺がん」を治す目的の「自己カウンセリングの実践例」はもう一件ある。やはり「末期、ステージW、余命一年半の宣告」のケースだ。
 「井穴刺絡」の免疫療法と、心身の生活管理の効果を得て「肺がん」は縮小し、「余命は分かりません」(医師の話)という経過をたどっている。

[5071-2] 谷川うさ子 2018/12/04(火)14:59
   ●ポルソナーレのカウンセリングは「コーチング=コンサルティング」で成果を上げている

 平成30年度のポルソナーレのカウンセリング・ゼミ(「カウンセラー養成ゼミ」「ゼミ・イメージ切り替え法」)は、「母系制のつくる動詞文の内扱い、外扱い」や「テクノロジーの人間の脳の働き方に及ぼす異常の説明」に特化してきたので、どういう「自己カウンセリング」の効果があがっているのか?は公表していない。
 何人かの「特別の個人指導」(コーチング、および、コンサルタント)の中で、それぞれの人が効果と成果を語っている。
 いわく、「30年近く、家から一歩も出れない外出不安が解消して、自由に、日々の買い物にも行けるようになった」、「夫の職場での幻聴がひどく、数ヵ月の休職ののち、退職したが、今は、転職して新しい職場に出勤している。幻聴はすっかり消えて、起こることはない」などだ。
 「肺がんの消滅(簡易酸素吸入器を常時持ち歩いて、呼吸をしていたものが、全く不用になった」というケースほど、華々しくはないが、「自己カウンセリング」の実技と能力は、こういういくつもの効果と成果にすでに裏付けられている。

●「自己カウンセリング」の目的と狙い

 「自己カウンセリング」とは、家族(親の認知症など)、他者の心身の病気や疾患を治すこと、および、自分自身の「母系制による日本語(ヤマトコトバ)の動詞文のつくる脳の働き方の不調を改善すること」、そして、現在のAI,IoT、パソコン、スマホ、デバイス端末のワープロソフトによる「聴覚のしくみのプログラム化」のもたらす「視覚の障害」「聴覚の障害」を予防したり改善する、さらにこのテクノロジー状況の中での仕事や人間関係の新たな知的能力を習得しつづけること、が目的である。
 独力で行い、クリスティア・フリーランドのいう『超格差の時代』(『グローバル・スーパーリッチ』早川書房)の「中間層の解体と最貧困化」と闘う知的能力をつくる、ことが日々の目的と狙いである。

●自己カウンセリングの能力とは「形式」の習得のことである

 この「自己カウンセリング」の能力のためには、「思考」および「言葉」の「形式」の習得が不可欠である。
 日本人の認知症(痴呆症)は、日本語の動詞文の自己意識によって「自分はこう思う」と「思う」ことでものごとを語る。
 これは、「言葉」とか「思考」の「形式」を無いものとする「外扱い」か「内扱い」のものの考え方のことである。
 こういう脳の働き方が日本人の間では一般的になっている。
 ごく普通のことで、一体、このことの何が問題なのか?という無意識の習慣になっている。
 そこで、ポルソナーレの「自己カウンセリング」の実技は、高校の国語の能力のレベルの「形式」を習得して、この上で、「自分の経験を書く」ことから始める。
 「形式」の基本型は「主題」(テーマ。問いかけて解決を求めるもの、こと)を「分かる」、「捉える」「話す」「聞く」「書く」である。
 脳の言語野の働きでいうと「空間意識」(自律神経の交感神経の働き、視覚の働き)のことだ。

●「自己カウンセリング研究会方式」のシステムの役割とは

 ポルソナーレのカウンセリング・ゼミが「自己カウンセリング研究会方式」に移行する前も、移行してからも、この「形式」を習得して、日本人に特有の動詞文の脳の働き方を変身させることを、一人一人に特別の個人指導として通信指導しつづける。
 すると、誰でも「肺がん」の「末期」を治せる「自己カウンセリングの知的能力」がみるみる身につくことはうけあいである。それが「自己カウンセリング研究会方式」のシステムの果す役割だ。


<前の1件]


スレッド[5071]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2019/05/26 08:18] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子