谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5168] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」の「5月1回目」の「研究会」(カンファレンス・研修会)の実施のお知らせです。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2019/05/10(金)10:04
[5168-1] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」の「5月1回目」の「研究会」(カンファレンス・研修会)の実施のお知らせです。 谷川うさ子 2019/05/10(金)10:03
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポルソナーレ自己カウンセリング研究会・ニューズレター

ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミ会員に特化した特別の個人指導通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の脳の働き方がつくる認知症の予防・改善のための実践実技をレクチュアします!

─────────────────────────────────
谷川うさ子からあなたへの真実の愛のメッセージ!!
発行責任・全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ指導本部=谷川うさ子
(第1期・99号)
(令和元年5月10日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。

◎ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」の「5月1回目」の「研究会」(カンファレンス・研修会)の実施のお知らせです。
●日時・・・5月11日(土曜日)、午後5事より。

●会場・・・ライオンズマンション小川恵比寿・401号室・パンダズルーム(401号室の会議室)

恵比寿駅から1分。サンマルクカフェのあるビルの4階です。右の道に入ると、右側の建物に石の階段があります。階段を上るとエレベーターがあります。4階でエレベーターを出ると、すぐ右の部屋が、「パンダズルーム」の会議室です。

◎5月24日(火曜日)の「研究会」の実施・・・場所は「ホテルエクセレント」のロビー喫茶・マーブルです。

●時刻・・・午後7時から開始します。

◎5月一回目、フォームは第4ヵ月めの「自己カウンセリング研究会」の「研究会」の学習と教育の狙い、主旨をお伝えします。

●「フォーム」の構成の形式をもちいて、自己カウンセリングを実践していただいたものを発表していただきます。今回は、フォームをどう完成させるか、が研究会の主旨です。

◎フォームをどう完成させるか、のモデルをお伝えします。モデルの事例は、通信でお送りいただいている「フォーム」の内容です。公表できる範囲で、「こんなふうに完成させましょう」の例を「コーチング」のアドバイスとしてお伝えします。

◎◎「T・主題」・・・「失名詞症」
●「もの」「こと」で名詞化する。

◎「失名詞症というもの」
◎「失名詞症ということ」
●かならず、「もの」「こと」の両方の名詞文を書きましょう。
●名詞の実在性を説明するのは「もの」です。だから「失名詞症というもの」の「もの」の実在性を説明します。

これは、フォームの形式で説明するのではなくて、ノートなりメモの紙の別紙に書いて、説明しましょう。

●「失名詞症ということ」の「こと」は、ジョン・ロックの「第一の性質」のなかの「静止」と「凝固」の経験で言い表しましょう。

◎「失名詞症というもの」の「もの」の実在性は、ゲシュタルト形態の「視覚の知覚」(吉本隆明によります)で説明しましょう。

◎「ゲシュタルト形態」とは・・・「同一性」「共通性」「類似性」の3つです。このうち「同一性」が基本の土台でせす。「同一性」とは「同じ」ということです。「遠山啓」のいう「一対一対応」をつくる基準が「同じ」・・・「同一性」であると理解しましょう。

●この「同じ」・・・「同一性」は、目で見る知覚の認知をつくります。無籐隆の「赤ん坊からみた世界・言語以前の光景」(講談社現代新書)では、0歳児が自分の母親の顔を認知する、母親の口の動きや手の動きを模倣する、と説明していますが、この模倣、自分の母親の顔と自分の母親以外の女性の顔とを区別する、というのが「同一性」の認知です。

●これは「脳の細胞」の通称「ミラー細胞」といわれている脳細胞が記憶して模倣します。この模倣は「同じ」(同一性)を知覚して、認知します。

[5168-2] 谷川うさ子 2019/05/10(金)10:04
   ●この「同一性」の認知を基準にして、「母親の顔と似ている」(母親の子どもの女児、乳幼児の姉の顔など)・・・「共通性」、「母親の友人の女性の顔」・・・「類似性」(母親と同じ女性である)、という視覚の認知が生まれます。これがゲシュタルト形態という目で見る認知、認識をつくる脳の働き方です。これらは「通称・ミラー細胞」の働きによる記憶にもとづきます。

ミラー細胞は、右脳、左脳とも「空間性の言語領域」にあります。

日本語(ヤマト言葉)の動詞文の言語領域には、ミラー細胞は存在しません。このミラー細胞の死滅が、そのまま「失名詞症」です。あるいは、日本語(ヤマト言葉)の動詞文しか使えない人は、ミラー細胞はまったく働いていないので、名詞の言葉を丸暗記としてしか記憶していない人は、「失名詞症」です。

◎ゲシュタルト形態による「もの」の名詞の実在性の説明の例・・・フォームへの書き方のモデル。

●「同一性」・・・「目は見ているが、しかし、目の前にる事物が見えない盲目状態」「目は見えているが、しかし、その事物の名称を言葉で言えない」

●「共通性」・・・「ミラー細胞が死滅していないのに、目に見えるはずの事物が見えていない擬似盲目状態」「ミラー細胞が死滅していないのに、目で見ているはずの事物の名前などの名称を言葉で言えない」

●「類似性」・・・「仕事などのなかの名詞、抽象名詞の言葉を丸暗記している」「パソコン、スマホなどの画面にでてくる名詞、抽象名詞の言葉は選択できるが、現実のリアルの中の事物、人の話す名詞、抽象名詞の言葉は耳に聞こえない、紙に書かれた名詞は読めない。読んでも意味は説明できない」

◎ジョン・ロックの「第一の性質」で、自分の経験の対象としての「失名詞症というもの」の「もの」を説明する。

このジョン・ロックの第一の性質で「失名詞症というもの」の「もの」を言い現す理由は、日本人はどんな名詞の言葉、その事物でも、たちまち「品詞の転位」で「動詞の言葉」に変えてしまうからである。この「品詞の転位」は、国語学者の大野晋が説明している。

◎ジョン・ロックの「第一の性質」・・・「形状」「延長」「運動」「静止」「凝固」の5つ。

●「形状」・・・「脳梗塞の後遺症で、目は見えているはずだが目の前の事物が見えていない」「目に見えているはずの事物について説明しても見えていない、しかし動きのあるもの・・・人物は知覚できてこれについては悪意と思える非難の発言をする」

●「延長」・・・「脳梗塞は右脳の頭頂葉、右脳の側頭葉に起きた。ミラー細胞は脳梗塞が原因で死滅はしていない。しかし、脳梗塞の以前は、他者への悪意の発言が多く、それゆえに名詞の言語領域のミラー細胞は廃用萎縮により、目は見えてはいても、見えない、聞こえていない」

●「運動」・・・「脳梗塞の後遺症で、関わるという関係ができていない、側頭葉の細胞の死滅で目で見た事物の記憶ができていない、これも失名詞症を派生させている」

●「静止」・・・「右脳の頭頂葉、側頭葉脳梗塞の後遺症で、視覚の細胞には影響はないはずであるが、ミラー細胞が廃用萎縮により事物が見えない、事物の言葉は聞こえないこと」

●「凝固」・・・「目は見えている。だが自分の力で行動することと行動しないことが分けられている。食べること、排泄のことの対象には向かう。これ以外は、動詞の言葉が社会のなかの名詞の言葉を内扱いで壊すのと同じしくみで、悪意の言葉に満ち満ちて、罵詈雑言で否定して拒否するという失名詞症ということ」

◎「失名詞症ということ」の「こと」はどういう事実関係のことなのか、この事実を、「5W1H」で言い表す。

◎「5W1H」・・・「いつ・時間」「どこで・場所」「だれが・主体」「なにを・対象」「なぜ・原因、理由、目的」「どのように・手段、方法」

●「いつ」・・・2024年・5月の脳梗塞を発症してから現在までのこと。

●「どこで」・・・対象者の自宅でのことである。

●「だれが」・・・対象者は現在、83歳。男性。同居のパートナーが日常の世話をしているが、介助、後見人から見た失名詞症の言動のこと。

●「なにを」・・・ミラー脳細胞は脳梗塞で死滅していないにもかかわらず、目は見えているのに見えていない、目に見えてる事物についての言葉が聞こえていない、という失名詞症のこと。

●「なぜ」・・・「完全な失名詞症であるならば、自分の力で好きな食べ物のヒレカツ、アイスクリームなどを食べるという行動はないはず、排泄のために日がな一日寝ている状態から起きる、ということもないのではないか、という問題意識があること」

◎帰納(レポート・経験のこと)

対象者は、脳梗塞の以降、自宅でほぼ寝て過ごしている。観察者の自分が入浴、運動のために介助しているが、起こすこと、行動の目的の説明を、目、耳の知覚に認知、および認識させることに苦労している。

[5168-3] 谷川うさ子 2019/05/10(金)10:04
   ◎演繹(論文ふうの考察および意見)

現象としては失名詞症である。だが、名詞、抽象名詞の言葉を認知するのは右脳、左脳とも、空間性の言語野であるはずだ。対象者の脳梗塞は右脳の、頭頂葉、側頭葉である。名詞の事物、言葉を記憶する通称のミラー脳細胞には影響はない。

すると、頭頂葉の関係意識、側頭葉の記憶の細胞が死滅しているので、認知と認識をつくる関係意識が破綻している。だから、見ていても見えない、聞いていても聞こえていない、という失名詞症が発生していると考えられる。

これは、今の日本人のパソコン、スマホの画面だけを見るので、仮想空間のワープロソフトの記憶する言葉だけしか見えない、聞こえないという心的現象とまったく変わらないということと共通しているのではないか。

◎以上のとおりにモデルをお伝えいたします。フォームはこんなふうに完成して、フォームの形式の中に書き入れる、あるいはノートを執る、ということの参考にしてください。


<前の1件]


スレッド[5168]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2019/08/26 08:24] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子