谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[5173-1] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎「自己カウンセリング研究会」の「研究会」(カンファレンス・研修)は、「自分で、自分あるいは自分の家族とか身の回りの人の心身の問題を解消するために指示性のカウンセリングを習得する個人指導の講座」です。 谷川うさ子 2019/05/15(水)20:14 修正時間切れ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポルソナーレ自己カウンセリング研究会・ニューズレター

ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミ会員に特化した特別の個人指導通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の脳の働き方がつくる認知症の予防・改善のための実践実技をレクチュアします!

─────────────────────────────────
谷川うさ子からあなたへの真実の愛のメッセージ!!
発行責任・全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ指導本部=谷川うさ子
(第1期・104号)
(令和元年5月15日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。

◎「自己カウンセリング研究会」の「研究会」(カンファレンス・研修)は、「自分で、自分あるいは自分の家族とか身の回りの人の心身の問題を解消するために指示性のカウンセリングを習得する個人指導の講座」です。

◎「自己カウンセリング」の実践の仕方は、「フォーム」の形式と構成のとおりに名詞文を書く、という取り組み方です。

●「フォーム」は、ギリシャ哲学のアリストテレス、プラトンが定義しています。ものごとの実体を表す設計図、というのが「フォーム」です。

●ポルソナーレが開発した「フォーム」は、人間の脳の働き方の設計図です。

●ポルソナーレの言う脳の働き方とは、自律神経の交感神経が働く言語領域のことです。「空間性の領域」です。

●ポルソナーレのカウンセリング・ゼミで長い間ゼミ生の皆さまとご一緒に考えてきたことのひとつは、「空間性とはなにか」「時間性とはなにか」です。

◎この「空間性」「時間性」という概念が理解できない多くの日本人は、先日まで説明してきている「視線恐怖」の「同一性」の本質の説明が理解できず、だから、今もなお「視線恐怖」とは「人の目がこわいということだ」と錯誤しています。

●ちなみに「時間性」とは、吉本隆明によれば「感情」とか「欲」などのイメージのことです。形ははっきりしていない、だから感情や欲の対象はなんでもいい、という人間的な意識の表象のことです。

「なにか飲みたい、コーヒーを飲みたい。あっ、紅茶でもいいです」・・・これが「時間性の意識」です。

こういう言い方をすれば、人に対して失礼に当たる、とはマナーの教えるところです。

「対象を特定することができない」というのが「時間性の意識」です。

だから、日本人は、家族がどんなにおかしな行動をしていても、「この人は自分の家族である」という、対象を特定するための、関係性の認識の仕方をもちあわせていないので、知的に介助するとか、介護するなどはできず、ただ不快な存在が目に入る、同じ空間の空気が目に染みる、としか思考できません。

日本人の母親、父親が、幼い子どもを虐待するのを止められない理由はこういう時間性のつくる思考に根ざしています。

日本語(ヤマトコトバ)は、発音の音だけで話コトバをつくっています。

「時間性」とは、ハンナ・アーレントは、「すぐに消えてなくなり、形を消滅させるもののことだ」と説明します。

日本語(ヤマトコトバ)は、あ、い、う、え、お、などの声の音を目に見える対象にむすびつけてコトバにしているので、コトバはもちろん、目に見えている対象が脳の言語領域に思い浮んでいるはずなのに、確かに見た対象のイメージがぱっと消えてしまうので、「時間性だけの言葉」であるのです。

●これが、「視線恐怖」を説明する「同一性」の実体です。

「わかりにくいなあ」という人は、こういう事例を考えてみましょう。

◎「カウンセリング」の現場では、よく「ガスの元栓を閉めたかどうかが心配になる」ということを聞くことがあります。

ガスの元栓をたしかに閉めたはずなのに、閉めたかな、と心配になるという相談です。

似たような心配に、「冬。ガスストーブの火を消したかどうかが、外出先で、心配になる」などを聞きます。「玄関の鍵を閉めたかどうかも心配になる」などです。



修正投稿
名 前
アイコン
 色 
内 容
削除する 管理者用パスワード


[2019/09/22 16:40] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子