谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[5173-2] 谷川うさ子 2019/05/15(水)20:14 修正時間切れ
こういう心配をする人に、「ガスの元栓」から離れると心配になるので、いつまでも、「ガスの元栓」を目で見続けてその場から離れられない、ということをおこなう人もいます。

●この事例を見ても分かるように、目の感覚の知覚は見ている、しかし目の感覚の認知の機能は見ていない、という脳の働き方が起きていることがわかります。

目は、生理的に見る、心的に見る、のふたつで二重の働きで成立しています。

●生理的に見る、は、犬でも猫でも、魚でも、動物なら
どんな生き物でも行う身体の視覚の感覚の機能のことです。

●「心的に見る」は、「漢字・漢語の音読み」のレベルの「名詞」「抽象名詞」の言葉と、その意味の像(イメージ)のことです。

◎日本人だけが行う「心的に見る」とは、こうです。

「漢字・漢語」の名詞、抽象名詞の言葉を、「訓読み」で憶える、意味は「記号」にして憶える・・・すなわち、「クローズアップ」のイメージになるまで「勉強」と称して丸暗記する、憶えた、忘れていないようだ、その記号の対象に向き合い、関わりつづけることができる、これで仕事をしていることになる、収入にもなっているし・・・これ以外には憶えようがない。

◎「視線恐怖」とは、この丸暗記もできないという場合の「見る」のことです。

「丸暗記」は、声を出す、手で何度も書くなどの繰り返しの反復でクローズアップのイメージをつくります。対象と関わるために、自分の身体の知覚と触覚の触知の感覚にむすびつけるのが「丸暗記」です。

●これを可能にする人は、対象にたいして親和(メランコリー)をもっている人です。

●「メランコリー」とは・・・対象にたいして「好きならば暗記できる」「嫌いならば関わりを拒否する」という憶え方をしている人です。「好きでも嫌いでもない」というニュートラルな対象には丸暗記などできるはずもない、しかし拒否する理由もない、と困惑している人が「メランコリー」の人です。この人が、わたし「視線恐怖」です、と言うのです。

●「好きである」というのは、食べ物の摂取とおなじです。娯楽も、食べものと同じように自分の身体にドーパミンの脳内の麻薬で快楽に痺れるもの、です。快楽をともなって自分と同化できるもの、これは自分の快感のことだと思えるもの、が好きである、を構成します。

●このような快感ホルモンのドーパミンを消して、ドーパミンをノルアドレナリンの猛毒のホルモンに変化させるものは、嫌いである、そういうものは拒否する、というのが「嫌いなもの」です。

そういうものは心拍を低下させるのだ。心臓に心室細動をおこすだろう。とりわけ、大声で怒鳴って自分の思考を壊す人は、呼吸が止まりそうになるから自分の身体を震えさせる。

●「視線恐怖」とは、「嫌いではないが、好きでもないから、とうてい自分からは近づくということはしたくない、しかし、必要とか現実には価値があるのは実感できるから、向こうから歩み寄ってくる場合にかぎり、なんとか丸暗記はできないかと思う」・・・これが「視線恐怖」の実体です。

◎「同一性」とは、「視線恐怖」をモデルにした場合、こういうふうにとらえる、と理解しましょう。



[2019/05/26 08:45] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子