谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5199] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎6月8日(土曜日)は、6月1回目の「ポルソナーレの自己カウンセリング研究会」の「研究会」を実施しました。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2019/06/09(日)10:38
[5199-1] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎6月8日(土曜日)は、6月1回目の「ポルソナーレの自己カウンセリング研究会」の「研究会」を実施しました。 谷川うさ子 2019/06/09(日)10:38
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポルソナーレ自己カウンセリング研究会・ニューズレター

ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミ会員に特化した特別の個人指導通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の脳の働き方がつくる認知症の予防・改善のための実践実技をレクチュアします!

─────────────────────────────────
谷川うさ子からあなたへの真実の愛のメッセージ!!
発行責任・全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ指導本部=谷川うさ子
(第1期・129号)
(令和元年6月9日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。

◎6月8日(土曜日)は、6月1回目の「ポルソナーレの自己カウンセリング研究会」の「研究会」を実施しました。

なお、6月11日(火曜日)は、6月1回目の「自己カウンセリング研究会」の「研究会」をホテル・エクセレントのロビー喫茶「マーブル」で実施する予定です。

●開始の時刻は、午後7時からの予定です。


◎6月8日(土曜日)の「自己カウンセリング研究会」の「研究会」にご参加いただいた方は、4名の方です。

「T・主題」のテーマは次のとおりです。

●「失名詞症というもの」。
●「5W1H」の内容の定義と確認。
●「調べる、の調べというもの」。
●未提出のテーマで前回の続き・・・「許し、の、許すというもの」。

◎今回の「研究会」は、「失名詞症というもの」をフォーム(Form)の展開で説明していただくなかで、「失名詞症というもの」の「もの」の名詞の実在性の定義の説明にあたり、この「失名詞」とは、かならずしも脳梗塞などで脳細胞が死滅するばかりのことではない、という事実を、問題として提起していただきました。

●主旨は、「失名詞症」とは、今、社会問題になっている「中高年の男性、女性らの引きこもり」の根本にある原因のことでもある、という理解です。

●これは、たいへん重要な問題提起ですので、「失名詞症」をつくる脳の中の「目の働き」は、二重である、この「目で見る・・・視覚の二重性とはどういうものであるのか」を、ご参加しただいた方の全員でもういちど確認をしました。

●目で見る・・・視覚の機能は、二重性である・・・(1)動物の持つ目の機能。生理的身体の生物学的な意味の目・・・視覚。

(2)人間だけがもつ目・・・視覚。(アーレントのいう多数性、複数性、あるいは吉本隆明のいう共同幻想、対幻想などの観念の世界をつくる・・・恒常的に表象する)。

●まず、この(1)と(2)のふたつが二重性である。

◎もうひとつの二重性がある。
(3)ブローカー言語野の「交感神経の支配する視覚の言語野」(名詞、抽象名詞がつくる視覚のイメージ・右脳の像、あるいは左脳の形象)。・・・空間性の言語領域。

(4)ブローカー言語野の「副交感神経の支配する視覚の言語野」(動詞がつくる視覚のイメージ・右脳の像、あるいは左脳の形象)。・・・時間性の言語領域。

◎これは、ポルソナーレのカウンセリング・ゼミで長い間レクチュアーしてきた基本の脳の働き方の解明です。

毎回のゼミの掲示資料で描いてきた脳の図です。ピンクの図が(3)です。ブルーの図が(4)です。

およそ10年以上もこの脳の図は毎回、描いてきてそのつど言葉で説明してきています。

●もし、この脳の仕組みの図が記憶にない、ということであれば、それが、日本語(ヤマトコトバ)の動詞文のもつ記憶からたちまち消える(短期記憶だから)という脳の働き方の影響です。

[5199-2] 谷川うさ子 2019/06/09(日)10:38
   ◎今回の「研究会」では、「丸暗記とはなにか」が提起されました。

鈴木孝夫がこの問題をよくとりあげていたことを思いだしましょう。「漢字、漢語」の言葉(音読みの名詞、抽象名詞の言葉)は・・・日本人は「読めればいい」「言葉の意味など、あとからついてくる」「言葉の意味はおおよそのだいたいの意味を見当づけてわかっていれば、それでいい」・・・と文部省ですらも認めてきている・・・これが「丸暗記」です。


「丸暗記」とは、仕事でも勉強でも、対象となる事実の「名称」とか「名前」を記号として憶えるしかたのことです。

その事物と記号として憶えたコトバとが一致しているうちは、仕事ができているかのような錯覚を抱きます。

●しかし、小売商とか法律などのように、どんどん商品が作り出されて、目まぐるしく変わっている現代社会では、こういう丸暗記の仕方では記憶に限界が出てきます。

これが、現代の鬱病とか分裂病を発生させます。

この丸暗記は、仕事の能力と誤解されているので、憶えている、いない、をめぐり、イジメとか差別の支配の温床にもなっていることは、ブラック企業とかの指摘で浮上しているところです。

これはたんなる「幻聴」の始まりであるにすぎません。

ここで起こるイジメなどは、そのイジメが「幻覚」です。認知症(痴呆症)が神経症をともなって発生しているのである、とポルソナーレの指示性のカウンセリングはなんども説明してきているとおりです。

●見方をかえれば、これが現在の日本人の「引きこもり」の直接の原因です。

◎今回の「研究会」は、こういう問題を提起していただいてたいへん有意義でした。

◎ご参加いただいた皆さまには、厚く御礼を申し上げます。


<前の1件]


スレッド[5199]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2019/09/22 17:46] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子