谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5202] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎本日(6月11日・火曜日)は、ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」の「研究会」の6月1回目を実施いたいました。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2019/06/12(水)20:39
[5202-1] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎本日(6月11日・火曜日)は、ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」の「研究会」の6月1回目を実施いたいました。 谷川うさ子 2019/06/12(水)20:39
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポルソナーレ自己カウンセリング研究会・ニューズレター

ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミ会員に特化した特別の個人指導通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の脳の働き方がつくる認知症の予防・改善のための実践実技をレクチュアします!

─────────────────────────────────
谷川うさ子からあなたへの真実の愛のメッセージ!!
発行責任・全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ指導本部=谷川うさ子
(第1期・132号)
(令和元年6月12日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。

◎本日(6月11日・火曜日)は、ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」の「研究会」の6月1回目を実施いたいました。

●「研究会」の場所は、恵比寿・ホテル、エクセレントのロビー喫茶・マーブルです。

●午後7時から、9時まで行いました。
●ご参加いただいた方はご1名です。

遠く、遠路をおいでいただいて「研究会」を支えていただいていることに心から厚く御礼をもうしあげます。どうもありがとうございました。


◎今回の「研究会」では、フォーム(Form)の構成の形式を完成して持参していただきました。

●「T・主題」のテーマは、「視線恐怖というもの」です。


簡単に、総括をかねて、個人指導の「コーチング」の観点からレクチュアーをおこない、皆さまのご参考にしていただきます。


◎「同一性」・・・好きなものでないと、丸暗記できない。目で見る「視覚」の感覚の知覚(交感神経)は働いている。だが、視覚の「感覚の認知」(交感神経)は働いていない。


●この名詞文の「名詞」の実在性の説明はたいへんよいものです。

●「視線恐怖」の「恐怖」の言葉の内容が対象になっています。

●ここでいわれているのは、視線恐怖の「恐怖」とはなにか、が説明されています。

●視線とは、目で見ること、のことです。

人間は、仕事でも、勉強の言葉でも、見る、見た、というときには、対象になるものを目で見てとらえます。

しかし、日本人は、目で見ているかのようにかかわりますが、じつは、目では見てはいない、ことが指摘されています。

日本人の遣うコトバは、日本語(ヤマトコトバ)が動詞文です。

現実のものごとを目で見るという時には、肉眼では確かに見てはいます。

現実の事実の、光と影、色彩の輪郭、形などは見えていても、当のその事実の内容と名詞で言い表すことは、目は見ていない、という脳の働き方をとらえています。


●脳の中の言語野で、名詞、抽象名詞の言葉を記憶するのは、「ブローカー言語野・空間性の領域」です。

●日本語(ヤマトコトバ)の言語領域では、動詞のコトバしか記憶できないので、名詞、抽象名詞の言葉は、記憶しない、目で見ても見えていない、という根本的な問題が誰にも起こっているのです。


しかし、多くの日本人はこういう真実を理解しません。「自分は目に見えている」と誤解しています。

[5202-2] 谷川うさ子 2019/06/12(水)20:39
   ●目に見えてはいない、ということの証拠は、こんなふうです。

「人の顔も目も見ないで、下か、別の方向を見ながら話す」

「人の説明は、自分のノートへの聞き書きに目を向けているから、話されていることの道筋だけをなんとか記憶して、論点、内容のポイント、主旨などはぼやけてなんとなくわかったような気にはなる」

「しかし、30分も経過すると、たちまち忘れる」(とくに名詞、抽象名詞の言葉を記憶できない)

●(今、何を話したでしょうか、と問うと、「わかりません」、と答える)

◎なんとか概略だけを答えても、的外れのことが多い、というのが、目で見る、視覚の知覚の「認知」(吉本隆明の説明によります)の見る、は脳の働きのことなので、これが「見えていない」というのが、理論の説明する内容です。


●多くの日本人の目、耳とは、こういう働き方をしている、ということを、「Form」(フォーム)の「同一性」で、実在性としてとらえられています。

◎そこで、多くの日本人は、ここで、「丸暗記」を行うのである、と指摘されています。

●身体の生理的な「目」だけは見えているので、ここで、じっと見て、目に見えたものを丸暗記するのである、ということです。

●漢字・漢語の言葉(音読みの言葉)を読む、読める、というのが、丸暗記の時の見え方(対象)です。「意味」を不問にすれば、肉眼は見ることは見るので、丸暗記が可能になるのです。

●こういう丸暗記を行う人とはどういう人なのかといえば、落語家、歌歌い(歌手)、タクシードライバー、学校の教師、受験勉強の人、資格の勉強の人、職人、パソコンなどの技術者、などです。

身体の触覚を使って憶えています。

クローズ・アップのイメージが思い浮かべば、丸暗記です。

丸暗記とは、もともとは、肉体運動、身体で覚える、という共同作業にルーツがあるのです。

農作業、魚を捕る仕事、林業、建築の時の大勢で関わる作業、ピラミッドをつくる労働に携わった奴隷らの強制労働、などです。

単純な労働の場合には、丸暗記は役にたちます。

しかし、物ではなく、ただ言葉だけを丸暗記しようとすれば、限界があります。

覚える言葉が、憶えれば、後は身体をうごかすだけ、という場合には、丸暗記も芸を憶えるように、磨きがかかるでしょう。

憶える言葉を、意味とともに憶える必要がある、というのが限界点です。ここで、丸暗記は必ず、破綻します。

日本人にとっての限界点とは、定年退職した次の日からが限界点です。現実が見えないから、この日から認知症(痴呆症)が現れます。

在職中でも、身体に病気の疾患ができれば、丸暗記を行う身体の知覚に異常がおきて、繰り返し、繰り返し、反復してクローズ・アップのイメージを思い浮かべる作業が痛みとか疲労で、憶える繰り返しの手作業が不能になるのです。

神経症の場合は、もっと丸暗記など出来ないという深刻な心身の状態になるでしょう。

あるいは、回りの人間から嫌がらせをされたり、イジメられると、その相手の言動がイメージされて、丸暗記のイメージをつくることなど、それどころではない、と思えて、丸暗記が破綻します。

◎言葉(名詞、抽象名詞の言葉のことです)を丸暗記するのは、誰にも、初めから限界と臨界を背負っている、つねに社会(職場、家庭、組織のことです)から追い出される、ということをハンナ・アーレントは、「人間の条件」(ちくま学芸文庫)で説明しています。

◎「視線恐怖」へのコーチングの説明はさらに続きます。


<前の1件]


スレッド[5202]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2019/06/24 19:47] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子